読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コメディエンヌ橋本愛―『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』

蒔田光治のNHKでの初仕事となるBSプレミアムドラマ『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』が始まった。主人公である東都大学数学科の女子大生・難波くるみを演じるのは、連ドラ初主演の橋本愛。そして、相方となる若手刑事・伴田竜彦に高良健吾。公式…

このエンディングは納得できない―映画『モテキ』

どうも、サブカル糞野郎です。ということで、いままでずっと避けてきた映画『モテキ』を覚悟を決めて観た。公開前のキャンペーンでは、長澤まさみの大胆演技がどうのと言われていたが、実際に視聴すると見せ場はそこにはなかった。では、この映画で僕は何を…

『マン・オブ・スティール』―アメリカの国威発揚映画

『マン・オブ・スティール』はクリストファー・ノーランやザック・スナイダーらしいダークで重厚な映画である。ヒーローは苦悩するし、バトルの運動エネルギーは目に留まらぬ迫力であるし、音響は重低音が凄まじい。ヘンリー・カヴィルの扮するカル・エル(…

JJ監督の手腕が炸裂―『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

3カ月前、旧作の『スター・トレック』の劇場版シリーズを一気視聴したとき、僕はこう書いた。 そんな「クールな敵役」を、現在の基準で選ぶとなれば、これはもう『シャーロック』のベネディクト・カンバーバッチ以外には考えられないということになるのだろ…

『ALL you need is kill』がトム・クルーズ主演で来年公開予定

元祖ループ系の『ALL you need is kill』がトム・クルーズ主演で来年公開予定。 タイトルは『Edge of Tomorrow』に変更になったみたいだけど。 ニュアンスとしては、「最後に残った道しるべ」とか「境界面上のシュタインズゲート」的な感じだろうか。しかし…

なぜこれが日本で作れないのか―『終戦のエンペラー』

フェラーズは、昭和天皇に君主としての責任があることは明らかだが、開戦の主導者ではなく、また昭和天皇は国民の信望を得ており、昭和天皇の「聖断」によって米国の被害を減らすことができたのに、戦犯として裁判にかけるならば日本国民が占領軍に反抗し、…

『風立ちぬ』―持てる男の自己正当化の物語

才能に恵まれ、食べるに困らず、人に愛される―宮崎駿の『風立ちぬ』は、そんな男の物語だった。そして、この「持てる」男・二郎が追い求めるのは、「絶対」だ。神の領域というべきか、天才のみがたどり着ける境地というべきか。上司も同僚も二郎の才能を理解…

オタクにはこの夏の最高傑作―『パシフィック・リム』

庵野秀明は『ウルトラマン』を観て、『エヴァンゲリオン』を作った。ギレルモ・デル・トロは、『エヴァンゲリオン』を観て、『パシフィック・リム』を作った、と言ってもあながち外れではないだろう。ということで、ギレルモ・デル・トロ監督の新作『パシフ…

ゼロの物語ー『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』

『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』を観た。2011年公開作品だが、ゼロ年代に大流行した「ゼロ」もの。つまり、シリーズの最初の物語の前日譚。『猿の惑星』の場合には、この惑星がどうして猿に支配されるようになったのかを描くことになる。この点において、「…

盛者必衰―『華麗なるギャツビー』

盛者必衰の理。それは何も日本文学の専売特許ではない。アメリカには『華麗なるギャツビー』がある。F・スコット・フィッツジェラルドがそこで描いたのは滅びの美学だ。そう思う。ということで、バズ・ラーマン版の『華麗なるギャツビー』を観た。『ロミオ+…

人気俳優も有名原作もいらない―『お父さんは二度死ぬ』最終回

秦建日子脚本の家族ミステリ『お父さんは二度死ぬ』が最終回を迎えた。公式サイト:お父さんは二度死ぬ | NHKプレミアムよるドラマ各話30分・4話完結だが、最後の最後まで真相が読めず。NHKとは思えないスリリングな展開。で、蓋を開けてみれば、ある種の叙…

『あまちゃん』北三陸編終了

『あまちゃん』の北三陸編が終了した。東京から来て海女になることを目指していたアキが、今度はアイドルになることを目指して東京へ行く。この反転をどう納得感をもって描くかがポイントであった。周囲の無理解に苦しみ、孤独に地元を去った母の轍を踏めば…

良作ではあるが―『スター・トレック  ネメシス/S.T.X』

劇場版『スター・トレック』マラソンも10作目。エイブラムスのリメイク前としてはこれで最終。 惑星ロミュラスのロミュラン帝国でシンゾンによるクーデターが発生したころ、地球では惑星連邦宇宙艦エンタープライズの副長だったライカーと、カウンセラーのト…

これはひどい―『スター・トレック IX 叛乱』

新スター・トレックシリーズ3作目の映画。我慢強く観ていたが、どうにも盛り上がらない。劇場に足を運んでいたら「金返せ」というヤジが聞こえてきてもおかしくない、そんなレベルの作品。 エンタープライズEの艦長ピカードは、クルーのアンドロイドのデー…

映画『霧島、部活やめるってよ』

『ゴドーを待ちながら』のような作品だった。映画の『霧島、部活やめるってよ』では、皆が霧島のことを口にして、彼の姿を求めるが、結局のところ、最後まで姿を見せることはない。一瞬「あれ?」と思わせる場面はあるが、それも確信が得られるものではない…

傑作ではあるが―『スター・トレックVIII ファーストコンタクト』

『スター・トレックVIII ファーストコンタクト』を観た。1996年公開作品ということで、SFX/CGのレベルはぐっと上がっている。また、「最強の敵」とされるボーグの強さが前面に出ていて、最後まで手に汗握る展開が続く。船長のピカードも、終始毅然としたリー…

無用な新旧交代劇―『スター・トレック ジェネレーションズ』

『スター・トレック ジェネレーションズ』は、7作目の劇場版『スター・トレック』作品。ただし、カーク船長のスタートレック(TOS)は、前作『スター・トレックVI 未知の世界』(感想は有終の美―『スタートレックVI 未知の世界』 - SHARPのアンシャープ日記…

南沢奈央が『お父さんは二度死ぬ』に出演

南沢奈央がBSプレミアムの『お父さんは二度死ぬ』に出演している。 公式サイト:お父さんは二度死ぬ | NHKプレミアムよるドラマ相変わらずショートカットが似合う。そして、喪服姿が清楚だ。 一見、どこにでもいそうな感じもありながら、純粋で清潔な雰囲気…

打ちのめされる喪失感―新海誠『ほしのこえ』

クラクラきた。新海誠のショートフィルム『ほしのこえ』を観た。僕と彼女の距離はどんどん離れていく。メールが届くのに8年もかかるほどに。もうこの事実だけでクラクラする。名状しがたい恐怖に襲われる。彼女は15歳。巨大ロボットに乗って、太陽系の外に…

潮騒のメモリーズ@『あまちゃん』

4月初にエントリーした通り(『あまちゃん』始まった - SHARPのアンシャープ日記)、『あまちゃん』を欠かさず見ている。今週は、種市先輩(福士蒼汰)をめぐってギクシャクしていたアキ(能年玲奈)とユイ(橋本愛)の二人。ここまでアキをリードしてきたユ…

有終の美―『スタートレックVI 未知の世界』

1986年 ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原発4号機が試験中に爆発 1987年 ソ連のゴルバチョフ書記長がアメリカのレーガン大統領とレイキャビークで直接会談 1989年 ベルリンの壁が崩壊 1990年 東西ドイツ統一 1991年 ワルシャワ条約機構廃止、ソ連崩壊…

玉石混交の「石」―『スター・トレックV 新たなる未知へ』

映画『スター・トレック』III,IVは、スポックを演じるレナード・ニモイが監督を務めた。それをカークが見過ごせないのがスタートレックらしいところ。ということで、カークを演じるウィリアム・シャトナーがメガフォンを取ったのがこの『スター・トレックV …

20世紀のアメリカへ―『スター・トレックIV 故郷への長い道』

スポックを演じたレナード・ニモイの監督作品。前作『スター・トレックIII ミスター・スポックを探せ!』に続いての監督作品だが、語り口はぐっと軽妙になり、それどころか、だいぶユーモラスな雰囲気を獲得している。それが「スター・トレック」という作品…

スポックのスポックによる―『スター・トレックIII ミスター・スポックを探せ!』

スポックのスポックによるスポックファンのための映画。それが『スター・トレックIII ミスター・スポックを探せ!』である。前作『スター・トレックII カーンの逆襲』の最後でスポックがあんなことになってしまった。それを受けて、スポックを演じているレナ…

敵役登場―『スター・トレックII カーンの逆襲』

Iで世界観と主要人物を紹介し、IIで悪役を登場させて戦わせる―J・J・エイブラムスは『スター・トレック』シリーズの熱心なファンではなかったそうだが、劇場版第1作を映画館で鑑賞していた。であれば、二作目の『スタートレックII カーンの逆襲』でクールな…

映画版第1作―『スター・トレック』(1979年)

J・J・エイブラムス版スタートレックの続編『スター・トレック イントゥ・ダークネス』が8月に公開予定。ということで、ここは温故知新。『スター・トレック』旧作マラソンを開始。公開までに完走できるかどうかは分からないけれど。 巨大な雲状の「何か」が…

娯楽路線の呪縛の始まり―『007ダイヤモンドは永遠に』

007シリーズ映画第6作『女王陛下の007』シリーズは興行的には失敗に終わった。これは、新ボンド役としてデビューを飾ったジョージ・レーゼンビーに冷水をかける出来事となった。また、別の観点から見れば、共同プロデューサーであったハリー・サルツマンとア…

興行的には失敗作だが―『女王陛下の007』

007映画の6作目では、ボンド役がショーン・コネリーからジョージ・レーゼンビーに交代。さて、その成果はいかに。 007/ドクター・ノオ 全世界興行収入5960万ドル(うち全米1606万ドル) 007/ロシアより愛をこめて 7890万ドル(2479万ドル) 007/ゴールド…

何度でも爆笑できる―『007は二度死ぬ』

明らかに異質で遠く隔たったものは、どうしたわけか、かえってよりなじみ深い地位を獲得するものなのだ。人は事物を、まったく新奇なものとまったく既知なものとの二種類に分かつ場合には、判断を停止する傾向がある。 (E・サイード『オリエンタリズム』) …

すでにマンネリの感―『007 サンダーボール作戦』

007シリーズ4作目に当たる『007 サンダーボール作戦』を観た。米ソ冷戦の世界情勢に乗じて、スペクターがNATOの核爆撃機を強奪し、イギリス政府から大金をせしめようとする。この危機に、007は事態の解決を図るため、バハマのナッソーに向かうのであった…。…

たぶん最高傑作―『007 ゴールドフィンガー』

007映画の第3作『007 ゴールドフィンガー』を鑑賞。第二次世界大戦後、USドルは金との兌換を行っており、世界経済の秩序の根拠は、米国の金の貯蔵だった。このシステムの脆弱性に目を付けた、富豪のオーリック・ゴールドフィンガーは、自らが金を蓄えるとと…

古き良きスパイ映画―『007 ロシアより愛をこめて』

「シリーズ最高傑作」との呼び声も高い007シリーズ2作目の『007 ロシアより愛をこめて』を鑑賞。以前も観たことがあるがストーリーはすっかり忘れていて、「列車」「アタッシェケース」「純真なボンドガール」「機械のような敵」という印象だけが残っていた…

原点―『007 ドクター・ノオ』

ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドについて考察していたのだが、よくよく考えるとそこに至るまでの作品をじっくりと観ているわけではないことに思い至った。ということで、一作目の『007 ドクター・ノオ』を鑑賞。 時は1962年、冷戦の真っ只中。 アメ…

東西から南北へ―『007 慰めの報酬』

冷戦が終わって以降、スパイ映画の「仮想敵」はソ連・ロシアからテロリストに変わった。もはや「東西」の対立の構図はリアリティを持たなくなっているのだ。それに伴い、ジェームズ・ボンドの人物像も変わっているように見える。かつては「機械のように正確…

ヤング・ジェームズ・ボンド―『007 カジノ・ロワイヤル』

90年代、007はどうにも時代遅れになっていた。なぜか。 1991年 ソ連消滅 1995年 「007 ゴールデンアイ」(主演:ピアース・ブロスナン) 1996年 「ミッション・インポッシブル」(主演:トム・クルーズ) 1997年 「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」(主演:ピ…

007シリーズ?―『スカイフォール』

サム・メンデス監督が好きだ。浮かれていた90年代に『アメリカン・ビューティ』でアメリカの偽善の皮を剥がしたのだから。だが、この『スカイフォール』はどうか。英国の闇を暴露するようでいて、結局のところは、そこには辿り着かない。そこに行くには007は…

プレミアムドラマ『小暮写眞館』いよいよ佳境

日本で一番成海璃子のことを書いているブログ(*)ですこんばんは。(*Blogramによる)さて、彼女の出演している『小暮写眞館』(BSプレミアム)が面白い。 父・秀夫(石黒賢)の酔狂で、写真館だった古い家に引っ越して来た花菱一家。ある日、長男である英一…

『あまちゃん』始まった

NHKの朝ドラマなんてずっと見ていなかった。でも『あまちゃん』は見るしかない。能年玲奈がヒロインだし、クドカンが脚本だし、三陸が舞台だ。公式サイト:NHK連続テレビ小説「あまちゃん」能年玲奈はどこから見ても高校生にしか見えない初々しさ。クドカン…

森アーツで「ハリー・ポッター展」

一体どれくらいの展示になるかわからないが、ともかく、東京でハリー・ポッターの世界観が再現されるようだ。 森アーツセンターは、映画『ハリー・ポッター』シリーズの世界観を再現した「ハリー・ポッター展」を開催する。会期は6月22日~9月16日(会期中無…

世界の中の自分の居場所―『泣くな、はらちゃん』

自分のいるべき場所はどこなのか―麻生久美子演じる「越前さん」の悩みは、『新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジと同じだ。「こちら側」の世界に居場所があるのか、それとも「向こう側」の世界に行くべきか。前話で現実世界から姿を消してマンガの中に入り込…

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のBDクルー!

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.」のBDが4月24日に発売されると発表された。ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]出版社/メーカー:…

成海璃子が『小暮写眞館』に出演予定

成海璃子がNHK・BSプレミアムの連続ドラマ『小暮写眞館』に出演する予定。原作は宮部みゆきのミステリー。(参考)宮部みゆき×神木隆之介 プレミアムドラマ『小暮写眞館』制作開始! | プレミアムドラマ | ドラマトピックスブログ:NHKブログ放送は3月31日か…

忠実な映画化―『レ・ミゼラブル』

ミュージカルが好きだが、ミュージカル作品の映画化は喜ばしい。劇場には劇場のライブ感があるが、映画には映画の魅力がある。その両方を楽しめるのは幸せなことだ。スクリーンに大写しになる役者の表情や、舞台装置では表現しきれないロケーション。それこ…

安藤サクラがブルーリボン賞を受賞

安藤サクラが第55回のブルーリボン賞を受賞した。 サンケイスポーツなど在京スポーツ7紙の映画記者が選ぶ「第55回ブルーリボン賞」が29日、決定した。在日朝鮮人家族の絆を描いた「かぞくのくに」が3冠を獲得。主演女優賞の安藤サクラ(26)は、第…

『モールス(Let Me In)』

クロエ・グレース・モレッツが主演女優の『モールス』を見た。ネタバレのない公式ストーリー紹介は以下の通り。 「私のこと好き?たとえ、普通の女の子じゃなくても?」 孤独な12歳の少年オーウェン。謎の少女アビー。 全ての秘密が明らかになったとき、衝撃の…

『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』

『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』を観た。高校部活モノ。このジャンルでは『ウォーターボーイズ』や『スイングガールズ』というもはや古典となりつつある名作があるが、本作もそのノリに近い。気持ちもバラバラで、全体としてレベルも低かった部員達が…

老人力を体現した作品―『スペース・カウボーイ』

2年くらい前、個人的にクリント・イーストウッド監督作品がブームになった。きっかけは『チェンジリング』を見て、その本格的な味わいにノックアウトされたからだったと思う。そして、久しぶりにイーストウッド監督作品を視聴。『スペース・カウボーイ』。…

巻き込まれ系ビルボ―『ホビット 思いがけない冒険』

『ホビット 思いがけない冒険』を観た。作品的には『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の前日譚3部作の最初という位置付けなので、『スターウォーズ』で言えばEpisode1に相当するところ。時系列を遡った世界観をきちんと説明しつつ導入し、観客の知っている…

『積木くずし 最終章』

『積木くずし 最終章』の第一夜を観た。 主演の父親役を中村雅俊、非行に走る娘役を、清純派イメージの成海璃子が演じることになった。 成海璃子、イメージ崩す!「積木くずし 最終章」で不良少女役:芸能:スポーツ報知 清純派イメージだが、パンクな精神の…

先輩は○○かった。

『あの夏で待ってる』の貴月イチカ先輩。水着フィギュアが先行していたが、待望の制服フィギュアが来年に相次いでリリース予定。あの夏で待ってる 貴月イチカ (1/7スケールPVC塗装済み完成品)出版社/メーカー: グリフォンエンタープライズ発売日: 2013/03/30…