adieu Tour 2022 -coucou- @ LINE CUBE SHIBUYA

行定勲監督『ナラタージュ』でadieuの歌声を初めて聴いたのが2017年10月。

ということで、上白石萌歌の名前ではなく、adieuの名義での活動も5年に及ぶことになる。

彼女の持つ透き通った歌声、そして、後に藤井風のアレンジも手がけるYaffleのミニマルなアレンジ。

この組み合わせが生み出す世界観は、ポップミュージックとは異なり、まるで短編小説を女優が語るかのような独特の空気を纏っている。

2019年にファーストミニアルバムを出し、2021年にセカンドアルバム、そして2022年9月にサードアルバムをリリースしたadieu。

充実した楽曲を提げてのTour 2022 -coucou-の初日、LINE CUBE SHIBUYAの公演に足を運んできた。

ステージは、今年発表された「穴空きの空」で幕を開ける。

夜の空に吸い込まれるような、深い蒼い海に包まれて行くような、そんな幻想的な空間。

幽玄ともいえるバンドの音の中から、adieuの歌声がとても優しく浮かび上がって、そして聴く者の心の奥に沁みてくる。

音源で聴く彼女の声は、いつも少しだけ儚さのようなものを纏っている。

けれども、生で目の前で発せられるその歌声は、スマホのイヤホンを通じて聴くものの、何十倍、何百倍も力強く、そして温かい。

灯台より」に続いて、betcover!!のヤナセジロウの手掛けたアップテンポな「旅立ち」へ。

ここでadieuは客席に向かって「立ちましょう」と誘いかける。

ギターのカッティングが印象的で思わず身体が動きそうになるナンバーで、これはじっと座って鑑賞しているだけではもったいない。

「強がり」「天気」と、まるで映画の中の世界のようなadieuの世界が続くと、今度は自らも椅子に座り、観客も座らせて、じっくりと聞かせるアコースティックのパートへ。

アコースティックギター一本の演奏に乗せて、カネコアヤノ提供の「天使」、澤部渡提供の「景色/欄干」、そして「ダリヤ」。

「汚れのない」と形容したくなる真っ直ぐな歌声が、心地よいリズムの揺らぎとともにホールに響き渡る。

あらゆるものを浄化していくような天使の歌声と言っても言い過ぎではないだろう。

このままずっとアコースティックのシンプルな世界に浸っていてもいいという気持ちになったところで、公演は後半に入り再びバンドメンバーを迎える。

古舘佑太郎の提供した「愛って」では繊細さの極みを聴かせ、「蒼」では逆境の中に希望を見せてくれ、君島大空による「春の羅針」では孤独に寄り添うような包容力を感じさせてくれた。

デビュー曲「ナラタージュ」、代表曲「よるのあと」に続いて、ミニアルバムの中でもひときわ大人っぽい味わいの「ワイン」。

小袋成彬によるこの楽曲は都会的で刹那的な味わいがあり、どちらかというと素朴さのようなものを個性としてきたadieuにとっては挑戦ともいえる楽曲になったと思われる。

だが、ライブでも背伸びした雰囲気を感じさせることなく、ごく自然に楽曲の求める色香を発していて、彼女自身がデビュー以来5年間の月日を経て、着実に熟成を続け、芳醇な表現力を身につけていると感じずにはいられなかった。

ここまでのセトリで、ミニマルで幻想的な世界をadieuだが、ここからは豪華なゲストを迎えたラストスパート。

なんと、相対性理論の永井聖一、そして元ねごとのマスダミズキを加えたトリプルギター。

NHKの番組でカバーした松任谷由実「Hello, my friend」を皮切りに、ギターの歪んだ音の洪水に埋もれそうになる迫力ある「シンクロナイズ」、クライマックスはトリプルギターの音が深い残響の中で混ざり合っていく圧巻の「ひかりのはなし」。

メンバーが退場しても音が響き続けるという演出で、想像していた以上のとんでもないものを聴いたという感じ。

アンコールは、NHKの朝ドラで歌子として披露した三線弾き語りの「娘ジントヨー」をしっとりと。

そして、最後の最後は柴田聡子の「夏の限り」。

切なさや喪失感を想起させる夏の終わりから秋への移り変わりを見事に表現したナンバーで、adieuの歌声がまるで夢の中の想い出に誘うようで、1時間半を超える公演の最後の最後に忘れられない余韻を残した。

adieuの紡ぐ世界は他に並ぶもののない個性を持っていて、僕はきっとまたこの世界に浸りたくなる日が来るだろうと思わずにはいられなかった。

ミシュラン・パイロットスポーツのウェットグリップ性能

W176(A180 Blue Efficiency Sports、前期)にほとんど不満はないんだけれど、数少ない不満の中で一番気になるのは低速域でバタつく足回り。

整備された高速道路を高速域で走る時には全く不安がないので、ドイツのアウトバーンに合わせて足回りがチューニングされて最適化されているんだろうとは思う。

でも、それにしても低速で段差を乗り上げた時のゴツゴツした挙動は、「もう少しなんとかならないの」と思わないでもない。

これはW176のデビュー時からの評判の中でも、アクセルの鈍さ、室内の異音とともに、3大ネガの一つとして言われているところで、購入する前から覚悟はしていた。

スペアタイヤを積まないモデルであり、メルセデス認証タイヤはランフラットなので、特性上ある程度ゴツゴツするのは仕方ない。

新車時には純正のContinental ContiSportContact 5が装着されていたようで、これはウェットグリップに強みのあるモデル。

前オーナーはどうしてたんだろうと思い、定期点検簿を遡って見てみると、3年車検・27,000km走行の時に、このContiSportContact 5を外して、スタッドレスに付け替えている(モデル名は不明)。

そして7年車検・55,000km走行のおそらく直前に、スタッドレスからミシュランパイロットスポーツ3に付け替えている。

僕が買ったのが丸8年・60,500km走行で、そのパイロットスポーツ3を履いている状態。減りも少なく、ひび割れの気配もない。

でも、とりあえずランフラットをやめたいとか、ブリヂストンのレグノみたいなコンフォートタイプにしたらもっとソフトで静かになるかもとか、色々と考えていた。

そんな中、先日、豪雨の関越道を走るという経験をしたんだけれども、W176は水溜まりがうねるような荒れたウェットな轍でも、ブレーキングに全く不安がないようなグリップをしてくれることが分かった。

これはもちろんW176自体の基本性能の高さっていうのもあるんだろうけれども、シビアな環境の中でステアリングを握っていて「あ、このタイヤなら命を預けられな」と思える瞬間が何度もあった。

パイロットスポーツ3は、もうすでにディスコンになっているけれども、ウェットとドライの強力なグリップを売りにしているモデル。

確かに、水溜りが凸凹しながらずっと続くような関越道を磐石の安定感で走れたのは、パイロットスポーツの排水性能とグリップ力あってこそ。

ということで、もうその日を境にすっかりミシュラン信者になった。

車に何を求めるかによってタイヤ選びも変わってくると思うけれども、W176で高速移動することがメインの僕に取っては、とんがったスポーツタイヤのような高性能を求めるわけでもなく、ソフトで静かな乗り心地に全振りしたようなコンフォートモデルでもなく、まして燃費向上やタイヤ自体の長寿を求めるわけでもない。

結局、ミシュランパイロットスポーツのような、強めのグリップ力とある程度の快適性を高い次元でバランスさせたモデルが一番ニーズに合っているように思う。

そして、そういうタイヤこそが、このW176という車のスポーティな性格にも合ってるのだろう。

どんな天候であっても安心して高速移動するには、ウェットグリップ性能が一番大事。

特に、最近の日本では集中豪雨もよく起きるので、そのリスクに備えるという意味でも。

そんなわけで、タイヤの交換時期は早くでも1年先になると思うけれども、その時はやはりミシュランパイロットスポーツにしようと決めた。

W176に乗り始めて1年

去年の9月にW176を手に入れて一年が経った。

ある程度のトラブルも覚悟していたが、購入後すぐに発生したウオッシャーホース繋ぎ目の外れ以外は何もなし。

保証期間内なので無償で修理してもらったので、突発の費用も発生せず。

拍子抜けするくらいの安定感。

購入から毎回ヤナセで定期点検してきたワンオーナー車は伊達じゃない。

ドレスアップにはお金を使わないけれども、一つだけ社外品のオプションを手に入れた。

バネつきでいろんな形の容器にフィットするドリンクホルダーのパーティション

購入時から純正のパーティションがなかったのだが、段差の上下振動や加減速の慣性で飲み物が倒れることがあり、購入することを決めた。

取り付けも簡単でいい感じ。

距離はそろそろ7万km。

一年で9000km、1ヶ月あたり750kmペース。

自分の車歴の中でここまでのペースで乗ったのはシトロエンBX以来。最終的には故障が多くて手放した車だけれども、ハイドロサスペンションのフラットな乗り心地は高速走行それ自体が快感になるくらいだった。

このW176は街乗り向きみたいな見られ方をされがちだけど、アダプティブクルーズコントロールをはじめとする安全装備が充実していて、高速で長距離を移動するのに疲れにくく、グランドツアラーとしてとても優秀だと思う。

燃費は、今月はほぼ高速中心で満タン法で16km/lになった。これくらいが上限な気がする。

そして、来月はいよいよ満9年車検。