失われた夏を求めて

夏を失った。

去年の方がまだマシだった。

閉塞感を打ち破りたくて、7年ぶりに車を買うことにした。

あのとき手離した対価は100万円。

あそこからまた始めるのだから、予算は100万円。

そう決めた。

エコの時代、やはりハイブリッドか。

アクア、フィット。その辺なら手が届く。

いやでも、そのクラスならわざわざ買うまでもなく、カーシェアでいいんじゃないか。

却下。

じゃあ、流行遅れの国産セダンはどうだろう。

安い。

SUV全盛期の今、中古車価格も暴落して、ある意味バリュー銘柄だ。

スカイラインレガシィB4、マークX

ディーラー保証も付いてる。

しかし、おっさん臭い。

自分もおっさんだが、これに乗る姿はどうしようもなくおっさんだ。

却下。

じゃあ、SUVか。

残念ながら、高さ制限のある駐車場に入らない。

却下。

となると、ワクワクする車は結局アレしかない。

輸入車

今まで、シトロエンオペルフォルクスワーゲンBMWと乗り継いで来た。

結局また輸入車へ。

カーセンサーで「100万円上限」で検索すると出るわ出るわ。

でも、シトロエンの故障地獄を思い出すと、イタリア、フランスは外さざるを得ない。

ということで、信頼性で残るドイツ。

BMWフォルクスワーゲンアウディメルセデスを候補にして検索。

「東京23区」「事故歴なし」「禁煙」「ワンオーナー」「整備簿あり」

そこで残ったAクラス。2013年、6万キロ。

実車を見にいくと、とてもきれい。

世田谷のヤナセのワンオーナーもの。

「これは買い」と心の声がする。

その場で決めた。

比較検討なし。

これでいいのか?

これでいいのだ!

中古車は一期一会なのだから。

納車は9月25日。

どこに行こう。

失ったものを取り戻す旅に出よう。

眩しい光の方へ。

誰もが老いてやがて死ぬが〜『オールド』(2021年、アメリカ、M・ナイト・シャマラン監督)

シャマラン監督の最新作『オールド』。

f:id:SHARP:20210912212514j:plain

カリブ海のリゾートに旅行に行った家族が、宿泊先のホテルの支配人から”特別に”案内された秘境のビーチで奇怪な現象に巻き込まれる。

逃げられず電波も繋がらない場所で、「オールド=加齢」が加速し次々に悲劇が襲っていく。

ミステリアスな導入部、パニックを経て脱出を試みる中盤、そして決死の終盤・・・

緊張感を保ちながら説得力のある映像で「世にも奇妙な物語」を見せてくれる。

閉鎖空間で時間だけが早まっている異常な状況の中で、絶望に落ち込んだり、人間関係を見つめ直したりと、ヒューマンドラマも展開されていく。

社会との接点を持てない中で青春期が浪費されていく焦りは、コロナ禍での若者が自粛を余儀なくされる理不尽さを重なるように思えた。

普段は「人は誰もが老いてやがて死ぬ」という事実はあまり意識しないものだが、子供や若者のように特に時間の流れが早い人たちにとっては、不安や焦燥感や怒りは大人のそれとは比べ物にならないのだと考えさせられた。

映像的には、小さな子供だった登場人物が大人になっていく凝った描写も見所。シャマラン監督のカメオ出演も。

いわゆる傑作ではないし、賛否両論だと思うが、こういう奇妙な味わいを残す作品が好きな人にはハマるだろう。

ゲーム世界への行きて帰りし物語〜『魔笛』(東京二期会)@東京文化センター 大ホール

先月末の『ルル』に続いて、東京二期会のオペラ鑑賞へ。

sharp.hatenablog.com

今日はモーツァルトの『魔笛』。

f:id:SHARP:20210909193609j:plain

あの宮本亞門が演出を手がけたということもあってか、土日のチケットは完売。

ということで、初日公園へ。

モーツァルトらしくキャッチーな曲もあるが、彼のオペラの中では、物語としては抽象的・観念的とされている。


今回は、そんな原作の抽象的な物語や謎めいた登場人物は、ゲーム世界の中で動くキャラクターとなり、主人公はミッションをクリアする役回りとなった。

序曲では、現代に生きる家族持ちの疲れたビジネスマンの姿が描かれ、そんな彼がひょんなきっかけでゲーム世界の中に入り込むという導入になっていて、とてもわかりやすいエンターテイメントになっている。

「愛と理性の対立と超克」みたいな宗教じみたテーマも、女性性・身体性を強調した一派と、猿を手下として使う脳の肥大した一派の掛け合いで戯画的に描かれる。

ステージが奥もよく見えるように傾斜しているあたりもミュージカルっぽかったり、プロジェクションマッピングを活用した演出も21世紀的な新しさを感じた。

有名な古典を現代の「往きて帰りし物語」としてアレンジし、エンタメにぐっと寄せた宮本亞門の演出も冴えていたが、聴き慣れたオーソドックな楽曲をいきいきとエモーショナルに奏でるギエドレ・シュレキーテの指揮もこの作品に新しい命を吹き込んだ。

演者もそれぞれキャラクターに馴染んだ歌唱が良かったが、個人的には“夜の女王”を演じた安井陽子が圧巻だった。


これでモーツァルトの有名オペラは『コジ・ファン・トゥッテ』『フィガロの結婚』『ドン・ジョヴァンニ』『魔笛』を観たことになる。

なかなか海外でオペラを観られないこのご時世に、世界で通用するこのような舞台を提供していくれる二期会には感謝しかない。