自動車

W176に乗り始めて7ヶ月

W176に乗り始めて7ヶ月、5500km。車検まで後半年というところで、先月推奨オイルに交換(フィルターは今回はパス)。今回は、ワイパーに軽いビビり音が出てきたため、梅雨時に入る前にワイパーブレードを交換。前回交換から1年半くらいだから、寿命はきてい…

W176に乗り始めて6ヶ月

W176に乗り始めて6ヶ月。4500km。オーナーになって初めてオイル交換のためにオートバックスへ。メルセデス指定の全合成油「モービル スーパーシンセティックEuro」を4L缶一つと、1L缶二つ購入。工賃500円加えて約11000円。今のところ他には不具合なども出て…

やってしまった

3ヶ月乗ったW176。慣れとは恐ろしいもので、車庫から出すときに警告音を軽視してボディを柱に擦ってしまった。軽微といえば軽微。でも、テンションだだ下がり。板金の見積もりを2件ほど取ったけれども、10万円コース。車両保険を使うと、免責5万円に加えて…

W176に乗り始めて3ヶ月

早いものでW176に乗り始めて3ヶ月。3000kmだから、毎月1000km。群馬に往復すると200〜300kmくらいなので、月に3回、4回くらい群馬に行ってるから、まあこれが今のペースかと思う。燃費は高速中心でおよそリッター14km弱という感じ。もはやW176での高速移動…

W176に乗り始めて2ヶ月

W176に乗り始めて2ヶ月。2500km。追加でのトラブルもなく順調だが、気になる点を挙げておく。まずブレーキのダストでホイールが汚れる。これは欧州車あるあるだが、購入した時の輝きを覚えているだけに、わずか1、2ヶ月でここまで汚れるのかという感じ。洗…

W176に乗り始めて1ヶ月

W176に乗り始めて1ヶ月、1200km。1ヶ月で1200kmはなかなかのハイペースで、前のE91時代は月100kmくらいだったから、およそ10倍。販売店保証が「1ヶ月、1000km」と短めだったこともあり、その間にどんどん乗って不具合が出たら直してもらうと思ったのだけれど…

ウォッシャー液不良の修理完了

先週見つかった「ウォッシャー液が出ない」というW176のトラブル。自己点検では、タンクに液は入っている、スイッチを押すとポンプが動く音はする、吹き出し口付近の詰まりはなさそう、リアからは一応出てくる(ちょっと弱い)という感じ。これは買ったショ…

W176に乗り始めて2週間

W176に乗り始めてから2週間がたった。納車時に法定点検を実施し、オイル交換、オイルフィルター交換、ブレーキパッド(フロント)交換をしているが、いきなり軽微な不具合発生。ワイパーのウォッシャー液が出てこない。ウォッシャータンクには水が入っていて…

シガーソケットUSBを装着

W176は前席のセンターコンソール内にUSB端子があって、iPhoneの充電ではここが使える。一方、後部座席の方にはUSB端子はない。エアコンの吹き出し口のポケットに12Vのシガーソケットが隠されているので、ここをUSB化することにした。Amazonで検索して、AINOP…

ユピテルQ-30Rを取り付け

買った時からフルオプションだったW176だが、唯一付いていなかったのがドラレコ。販売店の担当によると「例年11月くらいになると大型量販店で安売りをするので、そこで買って持ってきてくれれば付けますよ」とのこと。でも、厳罰化によって煽り運転は減少し…

レーダーセーフティーパッケージの恩恵は大きい

8年落ちのW176でも、安全装備に関しては現在の期待水準に劣らない。これは「先進性」と言っていいだろう。今回、高速道路を走ってみて、ディストロニックプラスの素晴らしさを実感した。これはレーダーと赤外線カメラで前方を捉え、車間距離を一定に保ちなが…

新しい日々へ

6年のブランクを経て自家用車を購入した。当時の売却代金と同額の予算で絞り込んで買ったのは2013年10月登録のメルセデスA180スポーツ。走行距離60,000km、ワンオーナー、事故歴なし、禁煙車、整備簿完備。W176の前期モデルながら、スポーツということで、標…

失われた夏を求めて

夏を失った。去年の方がまだマシだった。閉塞感を打ち破りたくて、7年ぶりに車を買うことにした。あのとき手離した対価は100万円。あそこからまた始めるのだから、予算は100万円。そう決めた。エコの時代、やはりハイブリッドか。アクア、フィット。そ…

また自動車を買うかもしれない

自動車を手放したのは6年前だった。sharp.hatenablog.com基本は公共交通機関で、必要な時にカーシェア。これは身軽でよかったし、お財布にも優しかったが、去年から環境が大きく変わった。新型コロナウィルス。まず何よりも公共の交通機関に乗ることがリスク…

断捨離(6)―車を売る

ここまでのエントリーで、車を手放すとか、カーシェアリングの会員になるという話を書いてきた。でも、車を売るところはまだ書いていなかったと思うどんな資産でも同じだけれども、いくらでもいいということなら売るのは簡単。だけど、少しでも高く売りたい…

断捨離(4)―カーシェアリングを使う

断捨離ということで、7年近く乗った車を先週売却した。そして、いまは車を持たない生活をしている。不自由なんじゃないか?と言われれば、そうでもない。スーパーは徒歩1分。そして徒歩5分以内に駅が3つ。医者・歯医者も徒歩5分圏では選び放題。タクシーに乗…

断捨離(1)―車を手放す

「断捨離」してますか?物への執着心なんてないと思ってるけど、車を手放すのには覚悟がいる。「車はステイタス」なんて、バブル期の価値観を引きずっているわけじゃない。むしろ、そういう尺度で測ろうとする風潮には反感さえ抱いてきた。ただ、長年ずっと…

バッテリー上がりを機にカーシェアリングを想う

ほとんどクルマに乗らないのだが、たまに乗ろうとすると肝心なときに使えなかったりする。 今回はバッテリーが上がってしまっていて、ドアロックの電子解除もままならない状態。 JAFには入っていないが、自動車保険のトラブル対応でカバー。 電話してから3…

5年・9,200km

2回目の車検。<費用>強制賠責保険…27,840円 自動車重量税…32,800円 車検代行手数料…14,700円(前回13,000円) 印紙代金…1,100円法定2年点検…31,185円(前回29,700円) 推奨点検…4,620円(前回4,400円) 下回りスチーム洗浄…11,550円(前回11,000円) 測定…

BMW 3erにGTモデル

BMWの新しい3シリーズ(F30)はどうにもフロントフェイス、特にライト周辺が気に入らなかったが、追加されたGTラインの巧な面構成には惹かれるものがある。長いホイールベースは、俊敏性よりもスペースユーティリティを優先させるという点でBMWの伝統からは外…

リコール対応完了

自動車の電源供給システムにリコールがあり、ディーラーによる一泊二日での対応が完了。不具合箇所はバッテリー・プラス・ケーブル。パワー・ディストリビューション・ボックスとバッテリーを接続する部品で、接続部分のコネクターのメッキ用金属及び構造が…

4年・8000km

この一年は忙しすぎてあまり乗れなかった。過小走行ゆえにバッテリーの充電が少なくなっていたようで、点検開始時の容量は66%。昨年同様に充電で済ますこともできたが、今後安心して乗ることを最優先し、万全を期して交換した。以下、備忘録。<費用> ・法…

シトロエンBX30周年

BS朝日の『カーグラフィックTV』で特集されていたが、今年はシトロエンBX30周年。公式サイト:BS朝日 - カーグラフィックTVそれまでのシトロエンとは一線を画す直線基調のボディは、マルチェロ・ガンディーニの手によるもの。それでいながら中身は、ハイドロ…

3年・6,666km

初めての車検。相変わらず過小走行だが、経年変化もあり、相応にパーツを交換。以下、備忘録。<費用> 法定2年点検…29,700円 推奨点検…4,400円 下回りスチーム洗浄…11,000円 測定検査料…19,800円 ブレーキクリーナー…1,400円 発炎筒…400円 バッテリー補充電…

BMW3シリーズがフルモデルチェンジ

BMW3シリーズがフルモデルチェンジ。内容はまだよくわからないが、外観ということでは、小顔になってスタイルが良く見える。攻撃的で派手にはなったが、その分、品の良さという点で前モデルより後退した感じもする。このクラスは、メルセデスCクラス、AUDIA4…

2年・5,300km

自動車の初年度登録から2年。走行距離は5,300km。この1年で約2,000kmだからあまり乗っていない。備忘録的に今回の明細を。・費用合計30,345円(税込)…法定点検22,000円、推奨点検4,400円、ブレーキクリーナー1,400円。・前後パッド残 F:13.5mm、R:11.0mm …

GMのCEOが「プリウスはオタクの車」と発言

GM:アカーソンCEO 「プリウスはオタクの車」と発言 電気自動車「シボレー・ボルト」の発売を直前に控えた米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)のアカーソン最高経営責任者(CEO)は10日、ライバルのトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス…

1年・3,400km

自動車の初年度登録から1年経った。走行距離は3,400km。前半6ヶ月に比べるとやはりペースが落ちてきた。もっと乗らないと。備忘録的に今回の明細を。・費用合計29,715円(税込)…法定点検22,000円、推奨点検4,400円、パーツクリーナー800円。 ・前後パッド、…

プリウスがリコール

ついにトヨタがプリウスのリコールを届け出た。米国における保護主義の影響力も大きかったろう。ハイブリッド車としてはホンダのインサイトが快調であった中、市場投入を急いだ面もあったろう。そして、先進国の自動車市場が縮小する中で、「トヨタ」や「プ…

マイ・フェアレディ

日産グローバル本社で新しいフェアレディZを撮影。外観はなかなか美しい面構成。 (Camera:Panasonic DMC-TZ5、Photo:シャープ)