読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TIF2016二日目(FESTIVAL→DREAM→SMILE→SKY)

TIF2016二日目。

真夏の日差しの下、朝早くからお台場へ。

9:30 FESTIVAL STAGE

f:id:SHARP:20160806220150j:plain

つりビット

「Chuしたい」の黄×白衣装が夏の朝の光にまぶしい。

「スタートダッシュ!」「Go! Go!! Fishing」「はじめのキモチ」と、朝の爽やかな雰囲気にふさわしいフレッシュなセトリ。
まだ大半のステージが開幕する前ということもあってか、大勢の観客が集まっていた。


(セットリスト)

1 スタートダッシュ!
2 Go! Go!! Fishing
自己紹介
3 はじめのキモチ

10:00 DREAM STAGE

マジカル・パンチライン

軽い気持ちで「マジパンでも見るか」と思っていたDREAM STAGE。
優先エリアには入場待ちの長い列。階段スペースにも満杯の人。

マジパンのステージには、テーマパークのショーのようなきらびやかな楽しさがある。
夢の国に来たみたいな。これはハマる人が多いのも分かる…

(セットリスト)

1 Magiかよ!? BiliBili☆パンチライン
2 小悪魔Lesson1・2・3♪
3 Never Ending Punchline

ハコイリ♡ムスメ

純白の夏仕様の衣装で登場。

小松もか卒業後の新体制で、8人のメンバー全員が揃うのはこれが初めて。
新メンバーでどよめきが起きるのは昨日のSKYと同様。

MCで、カバーしているアーティストがフジテレビと縁があり、この場所で歌えるのは感激だと言っていた。

ゆったりと始まって、最後に「海へ行こう」でテンションが上がる流れ、最高だった。


(セットリスト)

1 レモネード・キッス
2 アンバランスなサマー
3 海へ行こう

11:25 SMILE GARDEN
欅坂46

生の欅坂46は初見。

デビュー曲「サイレント・マジョリティー」で始まり、「渋谷川」(ゆいちゃんず)、「手を繫いで帰ろうか」。
最後に、フルコーラスの披露は今日が初めてとなる「世界には愛しかない」。

「世界には愛しかない」のセリフパート(ポエトリー・リーディング)は生でエモーショナルだったが、歌のボーカルは被せ多め。

ライブアーティストとしてはまだ初々しさが前面に出るが、ステージに並んだ絵は壮観でいかにもTV向き。

TIFのオフィシャルアイドル的存在だったアイドリング!!!がいない今、欅坂46がメディア向けの新たな看板になったことを確信させられた。

客席は学生も多く、推しジャン、サークル、リフトが目に付いたが、目に余る厄介はBONDSが毅然と退場させていた。

(セットリスト)

1 サイレント・マジョリティ
自己紹介
2 渋谷川 (ゆいちゃんず)
3 手を繋いで帰ろうか
4 世界には愛しかない (フルコーラス初披露)

15:55 SKY STAGE

そして、昨日と同様、午後にはSKYへ。

f:id:SHARP:20160806223538j:plain

寺嶋由芙

二日連続のSKYでのゆっふぃー。

MCでオタクいじりをしつつ、今日は水鉄砲じゃなくて水風船投げで、オタクの熱気を冷やしてくれた。

(セットリスト)

1 ゆーふらいと
2 初恋のシルエット
3 わたしになる
4 まだまだ

ばってん少女隊

スタダ福岡のユニット。

自己紹介やMCはいかにもスタダという感じ。

楽曲はスカ成分多めのロックバンドで、なかなか硬派な感じだった。

9nine

9nine初となるSKY STAGE。

EDMも王道アイドルソングも楽しく聴かせるが、特にMCでは抜群の安定感があった。

4人体制になってもダンスのフォーメーションの美しさは変わらず。歌っている時の表情が楽しそうで、ヘッドセットだからそれがよく見えるのがいいね。

ミライスカート

青空をバックに白い衣装が映えた。agehaspringsによる都会的なアレンジは、お台場のビルを背景にした風景によく合っていた。

(セットリスト)

0 OPSE
1 ナモナイオト
2 スペシャルメドレー
3 Beautiful Days

クロスコラボ(ミライスカート × sora tob sakana

4人組ユニット2組の入れ替えの際にメンバーを半分ずつ替えてそれぞれの持ち曲を披露。

僕の意見だけど、クロスコラボは、次に登場するアーティストのインパクトや神秘性を奪うので、アーティストは厳選すべきだと思う。

(セットリスト)

1 魔法の言葉 (ミラスカまりちゃん・れいにゃん、オサカナふぅちゃ・れいちゃん)
2 未来ノート(ミラスカなっちゃん・じゅなな、オサカナなっちゃん・まなちゃん)

sora tob sakana

夕暮れ時のオサカナのステージはエモいとしかいいようがないものだった。
メンバーはベストを尽くしたが、PAが繊細なボーカル割りについていっていなかったのは残念。

(セットリスト)

0 海に纏わる言葉
sora tob sakana始めます」(れい)
1 夜空を全部
2 広告の街
3 クラウチングスタート

つりビット

朝とは衣装を替えてきた。

白のトップス×メンバーカラーのパニエスカート。

日没直後の「マジックアワー」特有の幻想的な色に染まった空を背景に、空に関する曲ばかりを繫げたセトリ。

ラスト、夜空に包まれながらの「真夏の天体観測」は、楽曲の世界に入り込んだように心に沁みた。

(セットリスト)

1 ウロコ雲とオリオン座
2 バニラな空
3 真夏の天体観測

今日のベストアクト

つりビットは今日二つのステージを見せてくれて、朝の爽やかなFESTIVALと夜の荘厳なSKY STAGEが甲乙つけがたい。

二つセットでべストアクトに選びたいところだけれども、あえてどちらかを取るのなら、星空の下での「真夏の天体観測」は、今日一番ドラマティックなステージ。

ということで、つりビット@SKY STAGEをベストアクトにしたい。

「つりビットに始まり、つりビットに終わる」TIF2016の二日目だった。