読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ザ・ウォーク』ー格好のデートムービー?

映画に3D技術が持ち込まれて以来、奥行き方向や、上下方向などさまざまな手法が試されてきた。

NYの摩天楼というある意味「絵になる」ロケーションも、『アメイジングスパイダーマン』で徹底的に使われてしまった。

だが、ロバート・ゼメキスはこの『ザ・ウォーク』で徹底的に試みるのは、「高いところから落ちるかもしれない」という高所恐怖症を刺激するような使い方である。

この作品は、1974年にNYのツインタワーの間で綱渡りをしたフランスの大道芸人のフィリップ・パティという実在の人物をモデルにしている。

なので、観ている我々は「絶対に落ちない」という結末を知っているのだが、それでも映画のクライマックスの場面では手に汗を握りっぱなし、膝はガクガク、という感じになる。たとえ高所恐怖症でないにしても。

主人公のフィリップを演じるのは、ジョセフ・ゴードン=レヴィット

引き締まったしなやかな体躯をもち、どんな状況においても流されず、妙に浮世離れしていて、それでいて美しい。

実在の人物がどのような人だったかは知らないけれども、まさにこんな感じでだったのではないかという説得力があった。

この手の作品は、緊張感が欠けて「どうせ合成なんだろ」と思われたらだめだし、過剰な演出で嘘臭さが漂っても興ざめなんだけど、この『ザ・ウォーク』には、妙に淡々とした雰囲気があって、それがなんとも言えないリアリティをもたらしている。

個人的にちょっとテイストが合わないと思ったのは、ドキュメンタリー風のタッチを出すために、シークエンスとシークエンスの間に、主人公が回顧するようなカットを入れていて、これがドラマの流れを寸断しているように感じた。ここはゼメキスと僕の感性の違うだろうけど。

ということで、「落ちるかも」というハラハラドキドキを味わいながら気軽に楽しむには良い映画。

よく「ドキドキする体験を一緒に過ごした男女は固い絆で結ばれる」とかいうけど、そういう体験を擬似的に共有してお互いへの気持ちを高めるという効能を得るという点では、デートムービーとして最適かもしれない。テーマパークに行くよりも安上がりだしね。

ということで、僕の点数は<65点>。いや、一人で見たてなんの効能もなかったからって辛口に付けたわけじゃないけど。。。