読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Negiccoと行く札幌(仮)」が発表

Negiccoが「札幌旅行」の企画を発表した。詳細はJTB関東が告知している。

結成12年目を迎えたNegiccoが目標に向かって頑張る姿を
ファンの皆様と一緒にJTB関東も応援をさせていただきます。

ご旅行期間:2015年1月31日(土)~2月1日(日)1泊2日
発 着 地: 羽田空港発着
ご旅行代金:大人お一人様74,800円!!
☆ ☆ 限定35名の募集となります!☆ ☆

なんと・・・
参加者に限定のNegiccoオリジナルグッズプレゼント!!
また、出発から解散までNegiccoと一緒に同行!
宿泊先ホテルでの懇親会でNegiccoと一緒に楽しいレクリエーションゲーム、
もちろんLIVEもあります。
◆他にもうれしいお知らせがいっぱい!!◆
JTB関東 法人営業新潟支店 店舗ニュース

宿泊先ホテルでの懇親会とかプレミアム感のある企画のように思える。

去年の大晦日の船上ライヴ、今年の新潟でのファンミーティングなど、Negiccoのアットホームなイベントは楽しさしかないので、これも期待が持てる。

7万円超という金額を見ても、土日をフルに費やすというスケジュールを見ても、冬の北海道という行先を見ても、どれもコアなファン向けのものであって、新規のファンやライト層を増やすことを狙っているものではない。

しかし、「限定35名の募集」という制約は、コアなファンのニーズを受け止めきれるのだろうか。かねてより、先着順の争奪戦の傾向もなきにしもあらずなので、今回、この「限定」がコアなファンの分断を招くことがないといいなと思う。

この「限定」は、バスや航空機などの乗り物のキャパに起因するという説もある。そうかもしれない。一方で、旅行会社が飢餓感を煽るための「定員」であって、実際には増員も可能だったりするのかもしれない。

こんな風に書くのはJTBのビジネス上は興醒めなのかもしれないけど、「マーケティング3.0」的な「ファンとの一体感」を強みにしているNegicco陣営にとっては、行きたい人がみんな行ける方がいいに決まっているのだから、あえて声を上げておこうと思う。