読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「メチャフェス♡スペシャル」@赤坂BLITZ

音楽

新宿RUIDO K4でAISの出るフェス「TOKYOGIRLS MIX」を満喫した午後、TwitterのTLにこんなtweetが流れてきた。

「べ、別に来てくれなくても寂しくなんかないし・・・」

れにゃあ、ツンデレしてる!

ということで、18時10分に赤坂BLITZへ。

f:id:SHARP:20170205230511j:plain

れにゃあ、助けに来たぞ。

AIS

AISにとって初めての赤坂BLITZ

高いステージ、綺麗な照明、迫力のある音響。

ライブの舞台としては最高級のハコ。

まずは「Over The Future」わー、でスタート。

メンバーソロのパートの後に順番にコールが入っていく。

7人で自己紹介。

島崎友莉亜が「AISは、赤坂BLITZは初めてです。こんな素敵なところに呼んでいただきありがとうございます」とMC。

続く「スイミング」は、昨日の定期公演で初めて披露されたイントロの橋本麗愛によるポエトリーリーディングが炸裂するわ、関澤朋花のパートの「世田谷の空に…」のところを「赤坂の空に…」に変えるわ、スペシャル感満載。ライブってこういうところが楽しいよね。


後半は、「ドキッ!こういうのが恋なの?」「愛のナースカーニバル」「こいしょ!!!」。

こういう曲で畳みかけるように盛り上げられるのが今のAIS。


赤坂BLITZという立派なハコにAISのパフォーマンスは全然負けていなかった。

また最前で見られたので楽しさMAXだったけど、願わくはもう少しオタクが多いとさらに盛り上がったと思うマル!

(セットリスト)

1 Over The Future
自己紹介
2 スイミング
(関澤朋花パートで「世田谷の空に」を「赤坂の空に」に歌詞変更)
3 ドキッ!こういうのが恋なの?
4 愛のナースカーニバル
5 こいしょ!!!

ピンク・ベイビーズ

最前のポジションで鑑賞。

大森莉緒ちゃんのキメ顔、櫻井優衣ちゃんの爆レス、始関琉央ちゃんのダイナミックなダンスを満喫。

バラードの「OH!」が凄く雰囲気があって、ピンク・ベイビーズの表現力を見直した。


(セットリスト)

1 モンスター
2 サウスポー
3 OH!
4 ジパング

特典会

ピンク・ベイビーズの鑑賞後、AISのお見送り会に参加。

この二日間を振り返りながら感想を伝えた。

AISのフライヤーをオタクが配ったりもしていたが、メンバーの橋本麗愛ちゃんもお見送り会の合間を見て、通路を通るオタクに積極的に配っていた。

ということで、赤坂BLITZのステージに初めて立ったAISの姿は格別だったし、実は徳久陽日ちゃんの13歳最後のライブでもあったんだよね。

メモリアルな場面に立ち会うことができて良かった。