読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本格音楽女子祭 -年末スペシャル-@新木場STUDIO COAST

新木場STUDIO COASTで行われた本格音楽女子祭に行ってきた。

f:id:SHARP:20161211231416j:plain

今回、メインステージ、テントステージ、野外ステージの3つのステージで11時から21時30分までという長丁場。

場内には、ケバブ、焼きそば、ラーメンなどの屋台も出ているが、一時退出・再入場も可、しかも再入場時にドリンク代がかからないというレギュレーション。推せる。

今日は、メインステージで、AISとsora tob sakanaを観覧。

AIS-All Idol Songs-(11:00-11:25)

AISはメインステージの栄えあるトップバッター。宮本茉凜が欠席の7人で登場。

デビューシングルの「ドキッ!こういうのが恋なの?」、続いてクリスマスソングの「ジングルガール上位時代」を披露。

MCでは、今日が結成・お披露目からちょうど6か月になるというMC。

そして、来年1月からもAKIBAカルチャーズ劇場での定期公演を行うとの発表。初回は1月15日(日)。


〜AIS結成半年の思いと定期公演継続の発表〜【12.11@新木場 MCダイジェスト】AIS(アイス)

MC明けは、クールでセクシーな「ALL THE THINGS SHE SAID」と「Superstar」そして終盤は「Over The Future」「それだけなんだけど」。

AISの定番としてお馴染みになった曲で最初と最後を締め、中間に新し目の「攻め曲」を入れた緩急あるセトリ。

かわいいだけでなく、ク―ルな表現でも魅せることのできることを示すステージで、半年の成長を感じさせた。

このスピードでこれからさらに成長していくAISに期待したい。

(セットリスト)

1 ドキッ!こういうのが恋なの?
2 ジングルガール上位時代
MC
3 ALL THE THINGS SHE SAID
4 Superstar
5 Over The Future
6 それだけなんだけど

sora tob sakana(13:20-13:45)

オサカナのパフォーマンスは、広いステージで見るほど映える。

新木場STUDIO COASTのメインステージは120cmくらいの高さがあって、とても見応えがある。

音響もクリアで、照明も曲想に合っていて、パフォーマンスを引き立てるだけのおぜん立てもできているという感じ。

オサカナは現在定期公演で恵比寿CreAtoを使っていて、楽曲とシンクロしたVDの演出を重視しているのだというのは分かるが、できれば大き目のハコに移って、さらに多くの人に見栄えのするパフォーマンスを見せてほしいと願う。

今日は、寺口夏花の声があまり出ておらず、その他のメンバー3人でカバーしていたのが印象的。

なっちゃんの声、僕は大好きなので、どうか良くなってほしいと思う。

(セットリスト)

0 海に纏わる言葉
1 クラウチングスタート
2 夜間飛行
3 広告の街
MC(自己紹介、告知)
4 まぶしい
5 夜空を全部

物販・特典会

特典会はAISのみ。

結成6か月当日ということで、コアなAISファンが作ったメッセージを掲げてお祝い。

これは練習の風景。僕がどこにいるかは…まあナイショで(笑)


今日は、アイドルネッサンスが大阪でワンマンということもあって、兼任の宮本茉凜が不在で、アイドルネッサンスファンの多くは新木場には来ないというのが率直な状況だった。

だが、その分、コアなAISファンに加えて、他のアイドルを見に来た人たちが、物販・特典会に寄っていたような気がする。

AKIBAカルチャーズ劇場での定期公演や、アイドルフェスでのステージを重ねていって、さらに成長し、ファンが増えていくことを願う。

特典会終了後のこのtweetはうれしかったな。