読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒカリ掴むためにーAIS(アイス)新人公演千秋楽@AKIBAカルチャーズ劇場

行こう もっと Faraway Faraway
ヒカリ掴むために
僕らいま走り出すんだ
もっと Faraway Faraway
虹のアーチを抜け
輝く青の彼方
(PARADICE GO! GO!「Farway」)

AISの新人公演の千秋楽。

今日はアイドルネッサンスのツアー名古屋もあり、兼任の宮本茉凜が不在で、7人の千秋楽。

f:id:SHARP:20160826230903j:plain

フェスの会場や秋葉原の街頭でメンバー自らがチラシを配った成果もあって、動員はお盆の時と同じくらいの170~180といったところ。大健闘ではないだろうか。

レパートリー全曲を披露

開演前、朝熊萌と島崎友莉亜のコンビの「ゆりもえ」が影ナレでアナウンス。

登場したメンバーは、今日の髪型は「ストレート」!

f:id:SHARP:20160826233504j:plain

「小細工なし、素で勝負」という意図を感じる。深読みかもだけど。

1曲目は「無条件☆幸福」。

6月11日のアイドルネッサンスの新体制ライブでAISとして初めて披露した曲。

となれば、披露順のセトリになるだろうとの予想通り、「ドキッ!こういうのが恋なの?」そして「Over The Future」。

あの日はこの3曲しかレパートリーがなかったし、メンバーもどこか手探りするようなパフォーマンスだったが、今日は違う。
「観客を楽しませよう」という自信に満ちたステージ。とても楽しい。

自己紹介と曲紹介。

今日のMC当番は、栗原舞優。柔らかい雰囲気だが、締めるところをしっかりと絞めて進めていく。

続いて7月2日・3日のアイドル横丁で初披露した「キャプテンは君だ!」と「マジ グットチャンス サマー」を。
あの暑かった横浜みなとみらいを思い出させるようなそんな熱いパフォーマンス。
「キャプテンは君だ!」での磯前星来のハモりの美しさ、「マジ グットチャンス サマー」での徳久陽日のリードボーカルの力強さ。

今日はあの日と違って7人のメンバーだけれども、7人だからこその結束力みたいなものをひしひしと感じる。

そして、ここからは新人公演で毎週初披露された新曲を歌っていく。
まずは、第一週で歌ったシンデレラ曲の「ガラスのくつ」。

新人公演のグッズを買ったファンがもらえる「ガラスのくつシール」。
そのシールでの投票が多かった上位3人のメンバーが歌えるというもの。
今日は、第5週目にしてトップに登り詰めた橋本麗愛、2位の島崎友莉亜、3位の朝熊萌というフォーメーション。
サビでは「私はれな」とトップになった橋本が自分の名前に替えて歌う。

再びメンバー全員が揃って「こいしょ!!!」、「Faraway」、「スイミング」、「愛のナースカーニバル」を披露。

「Faraway」の歌詞は、今のAISが置かれた状況にすごくシンクロしている。

行こう もっと Faraway Faraway
ヒカリ掴むために
僕らいま走り出すんだ
もっと Faraway Faraway
虹のアーチを抜け
輝く青の彼方
(PARADICE GO! GO!「Farway」)

この新人公演を勝ち抜いて、定期公演でさらに羽ばたいて欲しいと願う。

最後の曲は、今日初披露となる渡り廊下走り隊の「完璧ぐ~のね」。
島崎友莉亜フィーチャリングという感じだったかな。
楽しい曲なのでライブでどんどん育つと思う。

ここでメンバーが退場するが、アンコールが発動され、メンバーが再びステージに現れる。
手持ち曲を全部歌い尽くしているので、ここは「こいしょ!!!」をもう一度。
客席では、AISのテーマカラーであるピンク色のサイリウムが一斉に点灯する。
冒頭の関澤朋花のラップパートもさっきよりも力が入っているように聞こえる。
そして、観客の反応もさらに熱い。

歌い終えると、メンバーが横一列に並んで、手をつなぎ、マイクを通さない声で「ありがとうございました!」と叫ぶ。
拍手喝采に送られて7人のAISのメンバーが退場。

こうしてAISの新人公演は幕を閉じた。

わざわざ振り返りのMCなどなくてもレパートリーの全曲披露のパフォーマンスだけで、この夏のメンバーの成長がはっきりと分かる公演だった。


物販と特典会

物販では、まずはTシャツ購入者へのサイン会。

f:id:SHARP:20160827001212j:plain

3枚Tシャツを買って、「れにゃあ→ゆりあ→れにゃあ」の順にサインをもらいに行く。
2回目のれにゃあのサインのときに「さっきゆりあのところに行ってたから、びっくりしちゃったよ?」と言われて動揺する俺氏。。。

続いて、チェキ。

今日は基本ソロで行こうと決める。

橋本麗愛。おまかせでもフォトジェニック!

栗原舞優。「セクシーに」とお願いしたら、悩んだ末にこの表情。いい!

朝熊萌。「グミグミー!」のポーズ。

島崎友莉亜。「ガッテン!」っていう感じで。

関澤朋花。いつもに三つ編みを解いた髪が美しい。

徳久陽日。はにかんだような笑顔がいい!

磯前星来。顔小さい!

そして、最後に橋本麗愛ちゃんのところに2ショットへ。

喜んでくれるかと思ったら、「他の子と撮ってたよね?どういうこと?!」とか、幼馴染キャラみたいにガンガン詰めてきて、昇天するかと思った。

ポーズは「スイミング」の水に潜る振り付けで。もし僕が嫌われているように見えるとしたら、それは気のせい。たぶん(笑)

生写真セットかなり集まったけど自引きでコンプはできなかったので、できれば交換してコンプしたい。

ということで、大盛況の千秋楽。

メンバーや運営には「やり切った」感じがあり、あとは9/10の結果発表を見るばかり。ファンとしてもできるだけのことはしたつもり。信じて朗報を待つ!


(セットリスト)

1 無条件☆幸福
2 ドキッ!こういうのが恋なの?
3 Over The Future
MC
4 キャプテンは君だ!
5 マジ グッドチャンス サマー
6 ガラスのくつ(れな、ゆり、もえ)
MC
7 こいしょ!!!
8 Faraway
9 スイミング
10 愛のナースカーニバル
MC
11 完璧ぐ〜のね/渡り廊下走り隊(初披露)
(アンコール)
en1 こいしょ!!!