読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川上徹也&Negiccoトークショー&サイン会@芳林堂高田馬場店

Negiccoの物語を知るものは幸せである。心豊かであろうから―

ということで、芳林堂高田馬場店で開催された川上徹也&Negiccoトークショー&サイン会に行ってきた。

新刊「Negiccoの成長ストーリーこそ、マーケティングの教科書だ」の発売記念というとで、60名定員の会場には、Negiccoのファン、川上徹也さんの読者など、いろいろな人が集まっていた。Negiccoに初めて会ったという人も来ていて、偶然、エレベータに一緒に乗り合わせたとのこと。

思うにNegiccoの良さは、楽曲を聴いたり、ライヴに行ったりすれば、すぐに分かる類のもの。握手会で話をすればなおさら。

だが、その壁は意外に高い。

「アイドルのCD」「アイドルのライブ」というカテゴリーのもたらす偏見は、世の中では想像以上に大きい。また、たとえ偏見が少なくても、「アイドルって今たくさんいるしね」という中で、Negiccoのキャラ立ちをさせるのは、それほど簡単ではない。

そんな中で「Youtubeでヌキ天見てよ」とか「BUBKAのバックナンバー読んでよ」とか言うわけにもいかず、「とにかくNegiccoは10年間波乱万丈の中で頑張ってきたんだよ、それなのに全然すれてないんだよ」としか言えなくて、歯がゆい想いをしてきた。

だから、そんなNegiccoの物語は、誰かによってきちんと書かれなくてはいけなかった。それを書いたのが川上徹也さんだったということだと思っている。

今夜のトークショーは、主として川上徹也さんがこの本を書いた想いを語り、Negiccoのメンバーのコメントを引き出し、ときに、会場から意見や質問を募るという内容だった。

川上さんは、最初は「Negiccoの支持のされ方や広がり方は、マーケティング3.0じゃないか?」という着眼からこのビジネス書を書こうとしたと。だが、Negiccoのことを調べれば調べるほどどんどんNegiccoを好きになっていって、最後にはビジネス書の体裁を保つのがギリギリになったと。

僕はまさにそこがいいと思う。川上さんの言葉で言えば「ミイラ取りがミイラになった」ということで、良質なミイラの標本がここにある!(笑)

意外にも著者がNegiccoに会ったのは去年の年末が初めてだったそうで、最初に会ったときの印象をNao☆ちゃんが語っていたが、「いままでもいろいろと騙されたりしたので、今回も最初は疑っていた」と率直な感想。それはそうだよね。

メンバーの感想は、以下のような感じ。

かえぽ「Negiccoがビジネス本って?儲かっていないNegiccoがビジネスってどういうこと?と思った。これからは儲かるように頑張らないと」

ぽんちゃ「Negiccoは新潟の観光資源だって言ってもらえてうれしかった。新潟の人にもどんどんNegiccoを使ってもらいたい」

Nao☆「自分たちの言葉がたくさん載っていてうれしかった。お母さんも読んで、他のメンバーの言葉に感心していた」

だそう。

ちなみに、書店でのイベントということで、メンバーのお勧めの本を紹介するコーナーもあった。

かえぽ「ミッケ!」。なんと絵本。活字が多いのが苦手で…という意外な前振り付きでの紹介。

ぽんちゃ「アイドルソング・クロニクル」。ライター厳選の名曲集、という紹介。さすがドルヲタ。僕もこの本好き。

Nao☆「アイ・ディ」(坂本真綾)。アニメ大好き、声優大好きの枕詞を忘れないNao☆ちゃん。


終盤、「これからのNegiccoの話をしよう」と会場からの意見を募るコーナーでは、「もっと大きなステージにはばたいてほしいけど、この距離の近さも捨てがたい」「もっと大阪に来てほしい」「新潟と東京はもう大丈夫なので、他の地域、とくにロコドル空白地帯に勢力を伸ばしたらいい」「Negiccoは同性の支持を得られるはず」「グッズをさらに充実したらいい」など建設的な意見が飛び出す。これこそマーケティング3.0!

サクラとして紛れ込んでいた熊倉マネージャーの質問は途中でうやむやになってしまい、このいい意味でのグダグダさ、アットホームさはNegiccoだと思ったが、最後にNao☆ちゃんから「Negiccoの歌が多くの人に届くようにしたい。さっき、距離の近さということを言ってくれた人もいたけど、どんなに大きなステージでやるようになっても、応援してくれるファンの方には、いつまでも近くで見ていてもらえるようにという気持ちを持っていきたいし、そういうステージにしたい」と力強い言葉を聞けてうれしかった。さすがリーダー。

最後はサイン会と握手会。川上さんのサイン会と、Negiccoの握手会、ということだったが、なぜか川上さんにサインもらうところで名前を名乗ったら握手することに…うれしかった!そして熱い手だった。この本がたくさんの人に届いて、たくさんの人にNegiccoの歴史が届くようにと願わずにはいられない。

Negiccoとの握手会では、かえぽに卒業のお祝いと、Nao☆ちゃんに誕生日のお祝いを伝える。そして、ぽんちゃを含むメンバー全員にドロシーの「STARTING OVER」アルバムをプレゼント。ぽんちゃとかえぽには、ライブDVD付のTYPE-Aを。写真のセンス抜群のNao☆ちゃんには、フォトアルバム付のTYPE-Bを。

Nao☆ちゃんが「私ドロシーでは佳奈ちゃん推しなんですよ。そのことを佳奈ちゃんに言ったら、うれしいですぅって言ってもらえて」と話しかけてくる。「佳奈ちゃんいいですよねー」と軽く答えたけど、たぶん、いろいろとバレてるよ…

終了後、ヲタの方々と高田馬場で打ち上げ。楽しい夜だった。