読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第1回 如月来夏 個展「憧憬」@CROSSROAD GALLERY

写真 アート

ただの女子には興味ありません。

ヲタク、腐女子、レイヤー、JKはオレのところに来なさい。

涼宮ハルヒの高校入学時の自己紹介ではない。如月来夏さんのブログの自己紹介だ。

公式ブログ:日々是好日★O*MO*TE*NA*SHI*


来夏さんとは以前あるグループ展でご一緒させて頂いた。「カメラ好きではなくて写真好き」のフォトグラファーの一人で、一方的に親近感を抱いていた。

今回、初めての個展を開催され、最終日の昨日、ようやくギャラリーを訪問することができた。

JK。それがテーマ。それも「憧憬」がテーマ。こんな直球はなかなか投げられない。どうしても恥じらったり、斜に構えたりしがち。しかし、来夏さんは、完全に現在の男子高校生になるという設定でモデルさんの写真を撮っている。

春の桜から始まり、夏の海、秋の夕暮と季節は一巡する。それでも「彼女と僕」の距離は節度をもって保たれている。この品格こそが来夏さんの持ち味だろう。クローズアップで生々しく迫ることがなく、本当に少し離れたところから、憧憬をもって見つめる視線。

本当に統一感のある写真展。色の出し方も奇をてらうことなく、モデルとロケーションの魅力をリアリティをもって見せている。小細工なし。ということで、ブックを含めて約一時間、じっくりと堪能。フォトグラファー本人の解説をほぼ一人占めするという僥倖を得た。

写真というものは、まず撮らなくては始まらない。そして、それを仕上げて、人に見せるところまで行ってようやく作品として完結する。ネットの時代になっても、プリントを並べて見せるという展示の有効性は変わることがない。このような素晴らしい写真展を実現した来夏さんの行動力にはもう尊敬しかない。

これからも彼の世界観を体現した作品が生み出されていくのが楽しみだ。