ハコイリ♡ムスメの定期便10月号~秋の夕陽に頬を染めて~@ AKIBAカルチャーズ劇場

10月6日に阿部かれんが卒業し7人体制になったハコイリ♡ムスメ。

今日の月一定期公演は、「新衣装・新セトリ・秋冬の新オリジナル曲」と、新しい7人体制のお披露目。

開演前には、中学校で放送委員長になったばかりの塩野虹による影ナレが入って盛り上がる。

ピアノソロをBGMにした「懐かしかわいい」新OP動画に続いて、一曲目は、乙女塾メンバーながら初カバーとなる中島美智代。

デビュー曲のカップリングで「こ・ん・な女の子」。

自己紹介に続いて、CoCo「気まぐれSWING」、河合その子「恋のカレッジリング」。

ハコムスのカバーアーティストとしては定番だが、これらのカバーは予想できなかった。

「気まぐれSWING」は撮影可能曲ということで、5列目からのショット。

f:id:SHARP:20181020121837j:plain
我妻桃実。秋色のコーディネートが似合っていた。

f:id:SHARP:20181020121708j:plain
吉田万葉。葉っぱの妖精は新衣装も緑色。

f:id:SHARP:20181020121804j:plain
井上姫月。ベレー帽、トップス、スカート全てエンジ色で揃えたコーディネート。

f:id:SHARP:20181020122023j:plain
寺島和花。寒色系のクールなコーディネートが、温かみのあるキャラクターを引き立てていた。

f:id:SHARP:20181020121655j:plain
塩野虹。中学校では放送委員長になったということで、早速定期公演の影ナレを務めた。

f:id:SHARP:20181020122111j:plain
戸羽望実。ベレー帽、トップス、スカートが全て別の色で構成されたコーディネート。

星里奈が体調不良のため急遽欠席となったが、6人で堂々としたパフォーマンスを見せた。

企画コーナー「青春の1ページ」では、メンバーが写真をもとに学校生活やプライベートを紹介するというもので、「アイドルのステージ」では見ることのできない「顔」を垣間見ることができた。

続いてはユニット曲3曲。

「女学生の決意」(うしろゆびさされ組)を吉田・戸羽、「笑顔でNo-Side」(宮前真樹 with CoCo)を我妻・寺島、「ベタな失恋~渋谷に降る雪」(キュンキュンアイドリング!!!)を井上・塩野・戸羽で。

星の代わりに戸羽が代役で入った「女学生の決意」は1980年代の楽曲ではあるが、「青い山脈」あたりの古き良き昭和歌謡をオマージュしたもの。吉田が「軍歌みたい」と言っていたのが面白かった。

「笑顔でNo-Side」は、ラグビーボールを振り付けに取り入れた明るくてコミカルな雰囲気が、我妻・寺島のキャラクターに似合っていた。

「ベタな失恋~渋谷に降る雪~」は、井上・塩野・戸羽という「イマドキ感」のある3人による渋谷ソング。低めの音域などちょっと背伸びした感じもあったが、これから磨かれていきそうな気がする。井上は「ついに私たちの曲が来た」と興奮するが、「下町っ子」の井上を筆頭に実際にはあまり渋谷には縁がなさそうなメンバーというのも斬新だった。

そして、いよいよハコムス16曲目のオリジナル曲となる「私たちの宝バコ」の初披露。

歌詞は、大人になった少女たちが青春時代を振り返るというもので、ハコイリ♡ムスメの現在と未来が重なるもの。

楽曲はエバーグリーンなポップスという感じで、決して古くならない、歴史に残る名曲という雰囲気。

12月25日のオリジナル曲のアルバムリリースに向けて歌いこまれ、新しいハコムスの<物語>を生み出していくだろうと感じられた。

制服向上委員会の「清く正しく美しく」のカバーの後、14歳になった塩野虹の生誕祝い。

f:id:SHARP:20181020131803j:plain

14歳の抱負は、「ハコムスに加入してもうすぐ2年になるので、今まで以上に頑張る。勉強も超頑張る」だそう。

「いつまでも”新メンバー”ではない」という思いをにじませた。

最後に「私たちの宝バコ」をもう一度歌ってライブは終了。

終演後は、握手会と15秒撮影へ。

f:id:SHARP:20181020142321j:plain

戸羽望実ちゃん。今日はステージで自信に満ちた表情を見せることが多くて、”確変期”に入った気がする。

f:id:SHARP:20181020142307j:plain

彼女の持つ独特の雰囲気をこれからも写真として残していきたい。

(セットリスト)

1 こ・ん・な女の子/中島美智代
MC
2 気まぐれSWING/CoCo
3 恋のカレッジリング/河合その子
企画「青春の1ページ」
<ユニットコーナー>
4 女学生の決意/うしろゆびさされ組(吉田・戸羽)
5 笑顔でNo-Side/宮前真樹 with CoCo(我妻・寺島)
6 ベタな失恋~渋谷に降る雪~/キュンキュンアイドリング!!!(井上・塩野・戸羽)
MC
7 私たちの宝バコ(16曲目のオリジナル曲、初披露)
MC
8 清く正しく美しく/制服向上委員会
塩野虹 14歳生誕祝
9 私たちの宝バコ(Reprise)

”2”のジンクスを免れず〜『パシフィック・リム: アップライジング』(2018年、アメリカ)

ギレルモ・デル・トロ監督のオタク心、特に、日本のアニメや特撮が大好きな彼が、リスペクトする作品群へのオマージュをふんだんに取り込んだ『パシフィック・リム』が大好きだった。

sharp.hatenablog.com


あの戦いから10年。

世代を変えつつも、怪獣が人類を襲い、イェーガーを操るパイロットが怪獣と死闘を繰り広げるという世界観は変わらずに、続編が作られた。

f:id:SHARP:20181017125233j:plain

しかしながら、メガホンをとったらのは、スティーヴン・S・デナイト

トランスフォーマー』などで脚本参画の経験はあるが、この手の大型の映画は事実上初めて。

怪獣はスケールを増し、パイロットには少女も加わって「群像劇」の様相を強め、おまけに日本へのオマージュとして最終バトルを富士山にするというサービス精神を発揮。

だが、デル・トロの持っていたアクというか、オタクならではのこだわりみたいなものは大幅に薄れ、ありがちな戦闘ロボットものになってしまった。

これはテレビでの仕事も多いデナイトの個性なのかもしれない。

ストーリーはわかりやすく、バトルは基本的にパワープレイ。

人物は、いい奴と悪い奴がはっきりと分かる。

主にアメリカの視聴者を意識して、単純すぎるくらいに単純化されてる。


しかし、東京の光景がまるで香港だったりとか、富士山までが近すぎるとか(アメリカ人のスケール感からするとそうなんだろうけど)、宇宙空間に簡単に飛び出して、同じように簡単に大気圏突入しちゃうとか。


まあ、端的に言って、大味にも程がある。


傑作の続編が「2」として作られることが多く、その結果、クオリティも、興行収入も下降してしまうというジンクスがあるが、この作品もその例外ではなかったという感じ。


まあ世界観を壊さなかっただけマシ、とういことかもしれない。

前作は日本の特撮オタクから見ても「最高!」と言えるくらいの作品だったが、今回はアメリカの特撮作品の中の一つとして埋没しそうな量産系ロボットバトルになってしまったという感じ。

前作を生み出したギレルモ・デル・トロ監督の才能を改めて思い知る皮肉な作品となった。

密輸王に俺はなる!〜『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018年、アメリカ)

エピソード7から始まる新三部作もゴールが見えて来た『スター・ウォーズ』シリーズ。

スピンオフの『ローグ・ワン』のヒットを受けて、人気キャラのスピンオフものとして世に出されたのがこの『ハン・ソロ』。

f:id:SHARP:20180601185945j:plain

「帝国対反乱軍」あるは「フォース対暗黒面」みたいな分かりやすい勧善懲悪的な二項対立の世界観の中で、高速船ミレニアムファルコン号を操縦して、相棒のチューバッカとともに、銀河を縦横無尽に渡り歩く密輸業者のハン・ソロ

元来がどこにも所属しない無頼派アウトローの格好良さがあるが、オリジナルシリーズで演じたハリソン・フォードの野性味あるセクシーな演技も合まって、主人公のルークに勝るとも劣らない人気キャラとなった。

フォースを持つキャラクターが超能力(違)バトルを行うスター・ウォーズの中で普通の人がそこまでの人気を博すのは異例でもあるが、レイア姫への一途な思いや、最初はいやいや巻き込まれながらも「帝国に反旗を翻す」という大義に身を捧げる姿に、共感を抱くファンも少なくないと思われる。

そんな人気キャラであるハン・ソロの若き日の姿を描いたスピンオフストーリー。

ヤング・ハン・ソロを演じたオールデン・エアエンライクは、ワイルドな雰囲気の中に優しさを滲ませる演技で、ハリソン・フォードのイメージのついたこの役を魅力的に演じていた。

ハン・ソロ」という名前の由来にも納得感があった。

また、生涯の伴侶というか、銀河を一緒に旅する相棒のチューバッカとの出会いは、想像だにできない突飛なものだったが、そういう出会いから数々の障害を乗り越えてこそ、絆が深まっていったのだと思わせる説得力。

基本的には、ハン・ソロとチューバッカの相棒物という面の強い作品ではあるが、若き日のハン・ソロが思いを寄せる女性キーラも登場。

エンディングでは明らかに続編が用意されている感じたっぷりで終わり、ハン・ソロが高速船の密輸業者になったところから先の、帝国との因縁みたいなものが描かれていくのに期待したいところ。


しかしながら、本作は、途中で監督の交代劇があったりとか、興行的に芳しい結果を残していないとかで、続編の製作は宙に浮いているとの情報が流れている。本当なら残念である。


スター・ウォーズ本編の方は、キャラクター的にも、女性の主人公化や、非白人の活用など、いわゆるハリウッドポリコレによる表現の規制が進んでいる(念のためだが、別にそのこと自体を嘆いているわけではない)。

そんな中、まるで20世紀の古き良き時代のような「男臭い」価値観を全面に出しているこの『ハン・ソロ』シリーズが日の目を見ないようなことがあれば、それはある意味で損失ではないかと思う。

スター・ウォーズのファンが何を求めているのかという点について、今一度、ウォルト・ディズニーの中で議論がなされることを望んでやまない。