ハコイリ♡ムスメの定期便8月号~ニライカナイを目指して~@ AKIBAカルチャーズ劇場

夏は箱娘。

枕草子」にそう書いてあってもおかしくないくらい、ハコムスには夏が似合う。

ということで、月一定期公演を観にAKIBAカルチャーズ劇場へ。

この日は、沖縄で撮影されたオープニング動画でライブスタート。

f:id:SHARP:20190818130459j:plain

冒頭の「渚でロ・マ・ン・ス」は8名のフルメンバーでのパフォーマンス。

寺島和花・戸羽望実がステージから一部ステージから退出しつつ多くの曲は6名での披露。

ハコムスのオリジナルの夏曲、カバーでの夏曲を連発。

5期の依田彩花、山本花奈の歌割りや見せ場も増え、4月の初披露の時から比べて成長著しいと思わされる。

企画コーナー「ハコムス夏ソング紹介」では、一人ずつ「絵」を描いてハコムス楽曲を紹介。

ここでも、5期の二人が絵を描く才能があることが明らかになる。

こういう才能は、「表現する」という点において歌にもダンスにも演技にもMCにもつながるので、これからのハコムスを観る楽しみがまた増えた。

後半は、2019年の夏のオリジナル曲「ニライカナイを目指して」を8人で初披露。

亜熱帯の熱さを盛り込んだようなドラマティックな楽曲。

シンガロンや、腕をあげる振りコピもあって、まさに夏フェスの会場で映えそうな感じ。

DA PUMPのKENさんによる振り付けもキレッキレで、今までのハコムスの殻を破るような曲。

@JAM EXPO2019でも歌うそうなので、盛り上がるといいなと思う。

終盤の「夏休みは終わらない」「水平線でつかまえて」「海へ行こう」の流れは、今のハコムスの鉄板。

去年・今年の2回の合宿を経て、ハコムスは本当に「強く」なったと思う。

新リーダーの吉田万葉は、ダンス・歌唱の「柱」としてエースに育ったし、新サブリーダーの井上姫月も、MCでなくてはならない存在感を示すようになった。

4期では、寺島和花と戸羽望実はこの夏は熱中症発症したこともあって「大事を取っている」が、ステージに立った時の華やかさが引き立つようになった。

そして4期の塩野虹

以前からトリックスター的な「目が離せない」ところが魅力だったのだが、「あざとさ」を逆にアピールし、「スマイル戦士」を名乗る今年の夏からは、アイドルど真ん中のオーラを出しているように感じられる。「次世代のエース感」というか。

5期の二人の成長も著しく、「これなら安心して我妻桃実も卒業できる」と思わされる公演だった。

終演後は、全員握手と15秒撮影へ。

戸羽望実ちゃん。

f:id:SHARP:20190818143942j:plain

この夏はほとんど撮る機会がなかったので、今日の新衣装をようやく撮れた。

「南の島でみた真夏の夜の夢」のように。



ハコムスの5年間の歴史は常に「波乱万丈」という感じだったと思うけれど、2019年の夏の大きな波も乗り越えて、ますますたくましさを増しているなと感じずにはいられなかった。

これがハコムスなんだよね。


(セットリスト)

1 渚でロ・マ・ン・ス
MC
2 夏色キッス☆
3 レモネード・キッス
MC
4 夏に急かされて
5 アンバランスなサマー
6 VIVA! トロピカル・サマーウォーズ
企画「ハコムス夏ソング紹介」
7 あの夏のリグレット
8 真夏の恋のファンファーレ
9 ニライカナイを目指して(初披露)
MC
10 夏休みは終わらない
11 水平線でつかまえて
12 海へ行こう
MC
13 Let‘s Party Time!

『AKB48全国ツアー2019〜楽しいばかりがAKB!〜』(チームK)@ウェスタ川越

AKB48の4年ぶりの全国ツアー「楽しいばかりがAKB!」が始まった。

今回は、新曲「サステイナブル」に大抜擢された矢作萌夏の所属するチームKの公演を観に行ってきた。

f:id:SHARP:20190819185921j:plain

「チーム込山」とも言えるチームKのライブは、ダンスを前面に出したクールな楽曲多めで始まる。

運動量の多さ、フォーメーションが美しいダンス、緑のキンブレを振ってコールを送る客席との一体感。

「ああ、これがチームKか」と思う。

ユニット曲に入ると、表現の幅がぐっと広がる。

矢作萌夏の入った「波乗りかき氷」は、フリフリのアイドル衣装で、カワイイ系のオーラが出まくり。

「涙の表面張力」ではクールな中に大人の魅力を感じさせ、峯岸みなみ小田えりなのデュオ「またあなたのこと考えていた」では、圧倒的なまで歌唱力に心を動かされた。

観客が参加する「ジェスチャーゲーム」や、2名の研修生のQAコーナーなど、MCや企画ではまさに「楽しいばかりがAKB!」という感じの雰囲気が流れる。

衣装を替えての終盤。

「偉い人になりたくない」ではメンバーが客席に出てくる演出があり、2階席の通路まで一体感に包まれる。

言い訳Maybe」「希望的リフレイン」「大声ダイヤモンド」「前しか向かねえ」と、アンセムを4連発でもう盛り上がりしかない。

観客席のファンの掲げる緑色のキンブレが会場を美しく演出する。


僕は、ライブの最初の方は、矢作萌夏の弾ける青春感に目が釘付けになっていた。

だが、次第に「チーム込山」の醸し出す熱さと一体感に引き込まれていった。

メンバーとファンのシンクロも凄く、体育会的なストイックさはある意味で「清潔感」をも感じさせた。

アンコールは、Tシャツとショートパンツに着替えたメンバーが登場し、「転がる石になれ」「僕にできること」「To be continued.」の3曲を連続で披露。

時代の流れが48Gに対して順風とは言えない中、この3曲を並べてアンコールで披露したことの<意味>は、僕にも十分すぎるくらい感じられた。

過去の名声に甘んじることなく、チームKの持ち味であるパフォーマンスをひたすら追求する姿を見せることで、ファンに喜んでもらう、AKB48はまだ終わらない、とでも言わんばかりに・・・

アンコールの最後の挨拶では、矢作萌夏も、キャプテンの込山榛香も、涙をたたえながら想いを伝えていた。


メンバーのプライドと意地を感じさせる良い公演、いや、凄まじい公演だった。

Task have Fun 1stアルバム リリイベ@ららぽーと立川立飛

Task have Funは1stアルバム3種を同時にリリースした。

RED ALBUM

RED ALBUM

BLUE ALBUM

BLUE ALBUM

GREEN ALBUM

GREEN ALBUM

今日は、ららぽーと立川立飛でのリリイベ。

「自分のカメラで撮影できる」ということで、足を運んできた。

f:id:SHARP:20190819183844j:plain

会場は2階にある広場のある会場。

ステージには屋根があり、会場の前方は優先エリア、そしてさらに前方に椅子が置かれている。

そして、最前センターは「女性・お子様エリア」。こういうのいいよね。

僕はこの機会に3種を同時購入。

f:id:SHARP:20190819184008j:plain

ライブはいきなり「3WD」から始まるアゲアゲセトリ。

ここは立川のスマイルガーデン!っていう感じで、着席からコールを送った。

初期曲「ギュッと、チュッと」で盛り上がり、最新曲「逆光」をしっとりと聴かせ、最後は「TASK」で沸かせる。

MCでは「ジャケット撮影裏話」も聞けて、さすがのライブ構成だった。

終演後は、3階の屋内の特設会場で特典会。

最初に全員握手。

僕「自分のカメラで撮れると聞いて・・・」
熊澤さん「あー来ると思った!」

これでもうテンションアップ!

続いて、メンバー撮影へ。

熊澤風花ちゃん。

f:id:SHARP:20190817141953j:plain

表情もポージングも完璧。

白岡今日花ちゃん。

f:id:SHARP:20190817142913j:plain

ずっと撮りたかった特徴的な茶色の瞳。

里仲菜月ちゃん。

f:id:SHARP:20190817142700j:plain

バキバキな感じに撮れて良かった。

シャッターを切るのはスタッフさんなので、裏面液晶でタッチAF・タッチシャッターに設定してお願いした。

熊澤さんを撮るときに、スタッフさんに渡したカメラマンのレンズフードにストラップが引っかったんだよね。

それに気付いた彼女が、何も言わずに微笑んですっと指でつまんで直してくれたのが今日の俺的ハイライト。

仕草というか指の先の動きまで美少女だった。。。



最後に熊澤さんのサイン入りチェキへ。

f:id:SHARP:20190819185143j:plain

宝だね。



第二部は、浴衣衣装ということだったが、別の用事があって今日はここで離脱。

もし、メンバー浴衣姿が屋外で撮れたら、ここに残ったかもしれない。

Taskの「カメラ撮影」はレアなので、次に機会があればまた来たいな!


(セットリスト)

0 Overture
1 3WD
2 ギュッと、チュッと
MC
3 逆光
4 TASK