Fullfull Pocket「東京アイドル劇場アドバンス」@ TOKYO FMホール

東京アイドル劇場アドバンス、さて帰ろうかと支度を始めたところで友人のささやきが。

「フルポケも観ていきましょう」

「今日は2sチェキ券がついてくるから、実質500円で見れますよ〜」

f:id:SHARP:20191015204008j:plain


ちょろい。ちょろすぎるぞ俺。

今日は撮影可能曲もある、ということで、カメラもスタンバイ。

f:id:SHARP:20191014164227j:plain

一曲目が撮影可能曲ということで、何かと思えば「ロミジュリ」。

もうカメラ放り出してコールと振りコピで騒ぎたい衝動を、ギリッギリのところで抑える。

そんな感じの楽しさ。

次の曲からはカメラを置いて全力で楽しむ。

からっと☆時代の大好きな「I my me mine」も聴けたし、新曲の「シンデレラPOP!!!」も聴けた。

フルポケの魅力は色々あるけれども、多田慎也によるクオリティが高くて統一感のある楽曲群は、最大の魅力の一つ。

そこに、メンバーのボーカル・ダンススキルや、少人数グループならではのチームワークが加わる。

2019年の今、希少種とも言えるくらいの「正統派アイドルグループ」。

「前方座席指定、後方スタンディング」というこのホールで、客席の前から後ろまで一体感に包まれるようなライブを楽しめた。

f:id:SHARP:20191014164618j:plain

ライブの終わりには、「スペシャル」な10秒撮影タイムもあって、もう大満足。

f:id:SHARP:20191014172923j:plain

実質500円どころか、実質無銭じゃん・・・


ライブ終了後、入場特典で付いてきた2sチェキ券を使おうとロビーに出て、とりあえず長蛇の物販列へ並ぶ楽曲派()。

結果・・・

f:id:SHARP:20191015204840j:plain

「どうせならサインも欲しいし、一言メッセージも欲しい」と、2k分買い増し。


ちょろい、ちょろすぎるぞ俺(2回目)。

「2000円分なら、タオルかCDがおすすめですね」と案内してくれた物販のお姉さんありがとう。


そのチェキ券と特典券2枚を握りしめて、”ゆふてぃん”こと桜木ゆふちゃんの列へ。

f:id:SHARP:20191015205056j:plain

ゆふてぃんと初めてのチェキ。

「ソロで。ポートレートモデル風の表情で」

とお願い。

初めてのチェキにもかかわらず、目が合った瞬間・・・

「もしかして、名前、”S”で始まる?」

と、含み笑いでアキネーターみたいな質問を頂く。

「YES」と答えると、

チェキにマジックで書きながら、

「次はh?」
「その次はa?」
「r?」
「最後はp」

パーフェクト。

最初の「S」を大文字にするところまでパーフェクト。完全試合。PはパーフェクトのP。


ゆふてぃんは、写真のセンスが凄いのでそんな話をしていたら、一言メッセージに「こんど撮ってね」とのお言葉が。。。

撮るしかないですよね、このビッグウェーブ


ということで、ふらっと行く東京アイドル劇場アドバンス、ふらっと行くFullfull Pocket、3連休最終日を楽しく締めくくるにふさわしいイベントだった。

11月17日には、東京キネマ倶楽部でのワンマンも予定されているフルポケ。

ちょろいヲタクとしてすでに2階席のチケットをゲットしているので、今から楽しみにしている。

(セットリスト)

1 ロミジュリ
2 キミトシル
3 I my me mine
自己紹介
4 シンデレラPOP!!!
5 音nanoco
6 流星Flashback
7 東京少女
告知
8 自分革命
9 カンフー乙女

アクアノート「東京アイドル劇場アドバンス」@ TOKYO FMホール

大型台風19号の影響で、12日にアクアノートの出演するイベントがキャンセルになった。

でも、アクアノートのライブが観たい!

ということで、東京アイドル劇場アドバンスに行ってきた。

ここは前売り券と同じ値段(1500円)で当日券が買えて、しかもドリンク代がかからないという、便利でリーズナブルなシステム。

45分のライブでこの値段ははっきり言ってコスパ良すぎ。


さて、今日のアクアノートは、新衣装の初披露、そして全曲撮影可能。

f:id:SHARP:20191015202420j:plain

新衣装は、白と青の切り替えの生地に、大振りのボタンが印象的なワンピース。

背中にメンバーカラーをあしらったパーツもあり。

どことなくTask have Funの衣装のテイストに通じる気もする。

アクアノートのライブでは、撮影するよりも盛り上がりたい派なので、カメラはそこそこにMIXやコールを楽しむ。

終盤の「乙女心はアクアマリン」と「ドリームノート」の一体感でアクアノート最高!って思った。

来週のAKIBAカルチャーズ劇場での定期公演では、多田慎也による新曲披露も予定されているのですごく楽しみ。


(セットリスト)

1 いろみず
MC
2 水花火
3 閃光少女
4 なみだリプライ
MC
5 水のかたち
6 ウルトラミラクルハッピー
7 乙女心はアクアマリン
MC
8 ドリームノート

桜エビ〜ず「カルチャーズ劇場文化祭 supported by Top Yell」@ AKIBAカルチャーズ劇場

桜エビ〜ず、大きくなったな。。。


2年前、桜エビ〜ずは、ここAKIBAカルチャーズ劇場で定期公演を始めた。

sharp.hatenablog.com

当時は、CD-RでないCDを出してようやくオリジナル曲のレパートリーが揃い始めた時期。

あの頃もメンバーはひたむきで好感が持てるという感じだったけれども、あれから2年を経た桜エビ〜ずは、眩しいくらいに”スター”の輝きを放つようになった。

先月には新宿BLAZEのワンマンをソールドアウトで成功させ、来月は初めてのホールコンサートを行う予定。

そんな彼女たちが、今日はキャパ300弱のAKIBAカルチャーズ劇場での公演。

f:id:SHARP:20191015201548j:plain

「前方着席・後方スタンディング」の劇場は、オルスタの新宿BLAZEと違って、「熱い」ライブになりにくかもしれないと心配していた。

だが、それは杞憂。

最初に、しっとりとした「ねぇ、ローファー。」でライブが始まると、歌い上げるようなソロパートで、もう熱量が高まる。

アップテンポの曲だけがライブを盛り上げるわけではない、と気付かされる。

連続で「214」「キラキラ」とアクセルを上げていくように盛り上がる。

自己紹介を挟んだ後の、「グラジェネ」「Magik Melody」。

着席でも、振りコピやコールを全力で行っている自分に気づく。

楽しい。

とにかく楽しい。

客席の5列目くらい、劇場の真ん中あたりにいるのに、とにかくメンバーと目が合う。

全員と目が合った。

気のせい、とかじゃなく、それくらいしっかりと、会場の隅々に視線を配っているんだと思う。

目が合うと、ドキッとする。

あれ、みんなこんなに美人だったっけ?とか。


レスのテクニックとか、メイクのスキルとか、そんな次元じゃない。

「内面の充実が自信に繋がり、その自信が表情の良さを増す」

そんな感じ。

ほんとキラキラ。

最年長の水春から、最年少の芹澤もあちゃんまで、全員が全員キラキラ。

6曲めは「それは月曜日の9時のように」。

勢いのあった時代の「月9」ドラマをオマージュしたようなスタイリッシュなナンバー。

目の前に、お台場のレインボーブリッジの夜景や、東京タワーのイルミネーションが召喚されるような、そんなパワフルで魅力的なパフォーマンス。


桜エビ〜ず、最高に輝いているな。。。

ライブは30分、全6曲という構成だったが、全体の流れがスムーズで最後まで加速を続けていて、あっという間に終わった。

でも、完全燃焼したって感じ。

座りのライブでもこんなに汗かくんだね。


終演後は、物販・特典会の列が、AKIBAカルチャーズ劇場の中に渦巻いていて、まるでカオス。

どこが最後尾かも分からない状況で、残念ながらここで離脱。

もう、桜エビ〜ずには、AKIBAカルチャーズ劇場は狭いんだな。

早く、大きなホールで”ファーストコンサート”を観たいね。


(セットリスト)

1 ねぇ、ローファー。
2 214
3 キラキラ
自己紹介
4 グラジェネ
5 Magik Melody
6 それは月曜日の9時のように