ハコイリ♡ムスメ「Respect for チェキッ娘」公演

ハコムスの「Respect for」公演最終回の今日はチェキッ娘

f:id:SHARP:20170621231038p:plain

今日のカバーCDに収録されているコミカルな「ドタバタギャグの日曜日」でライブスタート。

自己紹介のMCを挟んで、ラブソングの「抱きしめて」「大好きな恋」。

当時はほぼ完全にスルーしていたチェキッ娘だけど、いい曲ばかりだね。

我妻桃実によるプレイバックコーナー。今日は1999年。

2000年問題」「ヤマンバ」に続いて、最後は人気ドラマ「魔女の条件」。

ここで星里奈ちゃんが松嶋菜々子が演じた教師役を、ぽにょを相手に熱演。

空気が変わるくらいの演技力だった。

この先も「劇団ハコムス」的なコーナーをやってほしいな。

「さいしょのキモチ」の次は、まさかの「あたしの靴あなたの靴」。

「あたしの靴あなたの靴」と言えば、鉄戸美桜・神岡実希によるパフォーマンスが定番だったが、今日は星里奈・吉田万葉の新コンビが新境地を開いた。

ボーカルもダンスも息のあったところを見せてくれた。

星里奈の切ない歌声、吉田万葉の美しい軌跡を描くターン。絶品だった。

再び全員が揃うと、「はじまり」、そして終盤は「海へ行こう」「なかよし」。

今日は、最前列で鑑賞していて、周りにいたファンの方たちと一緒にフリコピして盛り上がった。楽しかったな。

特に3期生の成長が光る公演だった。

f:id:SHARP:20170621225107j:plain

星里奈ちゃんは、すっかりボーカルの柱。「芝居」という武器も身に着けつつある。

f:id:SHARP:20170621225207j:plain

吉田万葉は、アイドル性が開花。今のハコムスのエースと言っても過言ではない。

f:id:SHARP:20170621225247j:plain

井上姫月は、MCでのトーク力に安定感を見せるけど、無邪気な子供っぽさが覗くところも魅力。

特典会は、全員握手からの吉田万葉15秒撮影。

f:id:SHARP:20170621225449j:plain

最近流行りの客席をバックにした撮影に挑戦してみた。これいいね!

そして、吉田万葉サイン会。

f:id:SHARP:20170621225537j:plain

f:id:SHARP:20170621225555j:plain


次の7~9月は、曜日を金曜日に移して平日定期公演を継続することが決まったハコムス。

この夏、一番見逃しなくないグループ。自分にとって。


(セトリ)

1 ドタバタギャグの日曜日
MC
2 抱きしめて
3 大好きな恋
プレイバック1999年
4 さいしょのキモチ
5 あたしの靴あなたの靴(星・吉田)
6 はじまり
MC
7 海へ行こう
8 なかよし

俺たちはいつまでもあの花の願いをかなえ続けていく~AIS Cake vol.6〜橋本麗愛 生誕企画〜

俺たちは大人になっていく
どんどん通り過ぎる季節に道端に咲く花も移り変わっていく
あの季節に咲いた花は何て名前だったんだろう?
小さく揺れて触れればちくりと痛くて鼻を近づければわずかに青い日なたの香りがした
次第に あの香りは薄れていく
俺たちは 大人になっていく
だけどあの花はきっと どこかに咲き続けてる
そうだ
俺たちは いつまでもあの花の願いをかなえ続けてく

(『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』最終話)

AISの生誕祭6人目は、"れにゃあ"こと橋本麗愛ちゃん。

都内某所での開催はAISでは初めて。

フェスに出演していたアイドルネッサンスからも宮本茉凜ちゃんが駆けつける。

冒頭は、酒井瞳さんの司会で、事前にメンバーに聴いた橋本麗愛ちゃんを語るコーナー。

宮本茉凜ちゃんの言っていた「凄いかわいいけど、絶対性格悪そう」というのは、平均的な第一印象に近いかもしれない。でも、実際そうではないからこそネタにできるということで。

続いては、「橋本麗愛コスプレcollection」をスクリーンで上映。

初音ミク魔女の宅急便ラブライブ!アイドルマスター魔法少女まどか☆マギカ犬夜叉など、これまで見せてきたコスプレの画像を紹介。

さかっちさんもけっこう詳しいと思ったけど、橋本麗愛の世界がなかなかディープで上手くかみ合っていない感じが、いかにも一般人とオタクっていう雰囲気だった。

ここからは、いよいよライブ。

まずは、初音ミクの「歌に形はないけれど」をソロで熱唱。

客席には、赤のサイリウムと白のサイリウムが、まるで競演するようかのように輝いている。

これは「赤い彗星」と「白い彗星」。

サイリウムを見た瞬間から、口に手を当てる仕草を見せてくれたけど、歌唱パートで泣き崩れることもなく、しっかりと歌い上げた。


続いて、栗原舞優と磯前星来がサポートに加わり、「ムーンライト伝説」。

これはれにゃあのお母さんが好きだそうで、それを聞いたさかっちが盛大にずっこけていた。

スクリーンにVTRが流れ「ガンプラ組み立て動画~ヤクトドーガ編」。

れにゃあが舞台袖にはけてしまったので、誰も解説できる人がいないというなかなか面白い雰囲気に。

動画が終わるとれにゃあは、純白のワンピース衣装に着替えている。

ここからは「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の最終話をAISで再現するという企画。

キャスティング、台本、スクリーンのイラスト、全部橋本麗愛のセルフプロデュース。

そんなれにゃあはコスプレまでしてめんまになりきる。

じんたん=舞優はまあ当然だけど、ぽっぽ=陽日とか、ナレーション=友莉亜とかハマってた。スクリーンに映る麗愛イラストも上手い。

こういう「劇団AIS」みたいなの初めて見たけど、みんな才能あるなと思わせた。

めんまが消えていくシーンからは、EDで使われていた「secret base」をAIS全員で。


リードを取るれにゃあ、寄り添うよういにハモりを聞かせる星来。絶品だった。

なんでも、れにゃあがSMAのオーディションを受けたときの場所がここで、そのときに着ていた衣装がめんまのコスチュームで、披露したのが「あの花」の最終話の一人芝居だったそう。

そんな彼女のルーツの核心に触れるような場面を見ることができて本当に良かったと思う。

ここで、プレゼント。

純白のガンダムが中心に据えられた花束、雑誌「NewType」をオマージュして、"れにゃあ・あずなぶる"が表紙になったメッセージカードアルバム、そしてケーキ。

続いて、幼少期からの写真のスライドショー。

小さいころから自分の世界をしっかりと持っていた彼女の個性が、いまこうしてアイドルとして花開いているんだなと思わせた。

最後に16才の抱負を語るれにゃあ。

「入ったころは歌もダンスも上手くできなくてよく怒られた。最近は「歌が上手くなったね」と言ってくれる方も増えてうれしい。この1年はもっと頑張っていきたい」と。


既にブログでは圧倒的な個性を確立している彼女だけれど、さらにその個性を多くの人が魅力的だと思うようになるといいなと思う。


ステージの締めは、れにゃあの特典会の案内。

「べ、別に待ってるわけじゃないんだからねっ!! …でも、待っている(小声で)」

得意のツンデレ芸が炸裂。


ということで、終演後の特典会は、デレなれにゃあにサインをもらいにいった。

f:id:SHARP:20170618225221j:plain

僕はニュータイプだから、純白のワンピースで来るのが「見えた」ので、候補生時代のこの写真を持っていった。

今日の髪型で編んでいるのは、アニメ版のめんまじゃなくて、実写版のめんまオマージュだと語っていた。

浜辺美波ちゃんのやつね。

まあ、それはともかく、「オタク」「コミュ障」だと自虐気味に語る橋本麗愛ちゃんの強いこだわりが、高い完成度のステージを生み出した素晴らしい企画だった。

ひいき目に見て最高の生誕だったよ。


(参考=これまでの「あの花」関連エントリー

sharp.hatenablog.com

sharp.hatenablog.com

(セトリ)

1 歌に形はないけれど(ソロ)
2 ムーンライト伝説(w/栗原舞優、磯前星来)
ガンプラ動画(ヤクトドーガ)
「あの話」最終話再現、めんま白ワンピへ
3 secret base 〜君がくれたもの〜

Fullfull☆Pocket平日定期公演~星に願いをかけたなら~

今日のFullfull☆Pocketの定期公演は、転校少女歌撃団がゲスト。

f:id:SHARP:20170618065952j:plain

ライブは、フルポケ→転校少女→フルポケ→コラボということで、全9曲。

これだけでも充実していたけど、途中の企画コーナーが面白かった。

ゲストの転校少女へのおもてなしということで、ありすちゃんからはイヤリングをプレゼント。

f:id:SHARP:20170618065606j:plain

みいあちゃんからは、スマホを使った遊園地のVR。

f:id:SHARP:20170618065657j:plain

f:id:SHARP:20170618065713j:plain

そしてフルポケとの全員チェキ。

f:id:SHARP:20170618065741j:plain

f:id:SHARP:20170618065808j:plain

しおりちゃんからは、その場で似顔絵イラストを描くというプレゼント。上手い!

f:id:SHARP:20170618065850j:plain

f:id:SHARP:20170618065906j:plain

「イラストが得意なんですよ、ドラえもんとか」とナチュラルに言ったしぃちゃんに、「ん?誰がドラえもん?!(怒)」とツッコミをいれたういたんが面白かった。

その山口出身のういたんに「山口県クイズ」を出したひなちゃん。

f:id:SHARP:20170618065952j:plain

和気藹々とした雰囲気だったね。


ライブは、転校少女は最高の盛り上がりだったし、フルフルも「カンフー乙女」「キミトシル」などハードなレパートリーになってきていて、今年の@JAM EXPOの大舞台で映えそうなグループに育成されてきている感じ。

個人的には橋元P色がちょっと強いかなと思わなくもないけれど、この夏は両グループとも一段上に行きそうだね。


終演後は、初めて転校少女の特典会へ。

f:id:SHARP:20170618070404j:plain

いままでも見聞きしていたけれど、聞きしに勝る破壊力。動悸が止まらなくなったよ。。。

(セットリスト)

Fullfull☆Pocket
1 流星Flashback
2 わがままフェアリー

(転校少女歌撃団)
3 ナチュラルハイ
4 ときめけアフタースクール
5 じゃじゃ馬と呼ばないで

Fullfull☆Pocket
6 カンフー乙女
7 きみがだいすき
8 キミトシル

(コラボ)
9 おひさまスプラッシュ!