青山裕企1day全力授業〜写真家になるための最短距離〜

青山裕企さんの「1day全力授業〜写真家になるための最短距離〜」に行ってきた。

f:id:SHARP:20191110085012j:plain

青山さんの講義はこれまでにも何度か聞いていて、実演も見ているのだけれども、この「授業」は文字通り朝から晩までの濃厚なプログラム。

9:00 ガイダンス・講義
10:00-12:00 モデル撮影(2名)
12:00-13:00 昼食(雑談)
13:00-13:30 講義
13:30-14:00 撮影実演
14:00-16:00 モデル撮影(2名)
16:00-17:00 おやつ休憩(質疑応答)
17:00-17:30 講義
17:30-18:30 撮影した写真の講評
18:30-19:00 講義

参加者4名という少数ならではの「距離感」で、ポートレート写真に対する取り組みについて多くの気付きを得ることができるもの。

まさにプライスレス。

講義の構成はこんな感じ。

#1 ポートレート写真がうまくなるために
#2 撮影前のプランの立て方
#3 撮りたいイメージ

午前中の講義で印象に残ったポイント。

  • カメラマンには「撮りたいイメージ」があり、モデルには「撮られたいイメージ・撮られたくないイメージ」がある。
  • ポートレート写真のポイントは、肌の色味・瞳の表現・コンプレックス。
  • 肌の色味を綺麗に見せるにはミックス光を避ける。
  • カラコンでは瞳の表現ができない。
  • コンプレックスは誰にでもある。「ない」と言っていてもある。
  • 撮影前にイメージを固める。そこからモデルを選び、場所、衣装、髪型・メイク、小道具を決める。
  • 撮りたいイメージをモデルと共有。「かわいい」「クール」「セクシー」「素で」。この順で難しくなる。


ここから2名のモデルさんを撮影。一人はスタジオ、もう一人は野外。

f:id:SHARP:20191110113637j:plain
みきさん

f:id:SHARP:20191110103635j:plain
まいさん

一対一で撮影する時間がそれぞれ20分。

別の参加者の撮影を見学する時間が20分(脇撮り可)。

20分の中でバリエーションを作ること、コミュニケーションを取ること(会話と指示の使い分けを含む)、そして何よりも撮影全体の流れを作り出すことの難しさを改めて感じさせられる。



あっという間に午前の部が終わると、青山さんを囲んでのランチタイム。

とりとめのない雑談を重ねて、青山さんとの距離が一気に縮まるように感じられる貴重なひと時。

そして午後の部へ。

講義の続きから。

#4 撮影中のテクニック

一言も聞きもらせないくらいの情報量だけれども、自分の中でポイントと思ったところを抜粋。

  • 何よりも「光」を意識。
  • ロケの「背景」の情報は大事。衣装と合わせた季節感。
  • 「会話」と「指示」の使い分け。指示でイメージ・ポーズを固め、会話で表情を引き出す。
  • 関係性を設定する。「友達みたいな感じ」など。しないと「カメラマンがモデルを撮った」写真になる。
  • モデルの興味を想像。モデルは写真には興味があっても機材には興味がない。プライバシーを聞きださない。語りすぎない。
  • 紳士的であることでモデルの信頼を獲得。信頼があることで、撮りたいイメージの写真が撮れるようになる。
  • 撮影中に休憩することはWin-Win

こんな感じ。

午後は別のモデルさんを午前と同じように個撮。

f:id:SHARP:20191110154112j:plain
かもいさん

f:id:SHARP:20191110144238j:plain
碧衣ひなさん

今日撮った4名は皆初対面だったけれども、撮影のリズムとかイメージの共有というところでは、皆さんスキルが高くて、短時間でもスムーズに撮影ができた。

中でも、碧衣ひなさんを野外で撮った時は、ちょうど陽が傾きかけた時間帯で、逆光でのハレーションを活かしたショットをうまく残せた。

f:id:SHARP:20191110144900j:plain
碧衣ひなさん

感謝。

モデル撮影後は、青山さんを囲んでのおやつタイム。


おやつタイム、と言っても、まずは、今日4人のモデルを撮った写真の中からそれぞれ1枚をセレクトして提出するというタスクをやりながら。

タスクの終わった人を見計らって、青山さんへの質問タイム。


僕が聞いたのは「リリバリの沢村りさちゃんの撮影企画と、「髪は短し、恋せよ乙女」の掲載とはどういう関係ですか?」という我ながらなかなかアレな質問。

青山さんの答えは「こちらから髪を切りましょうと言うことはない」というもの(それはそう)。

提出が終わると、4人の参加者の4枚の写真を青山さんが順に一枚一枚丁寧に講評していくという時間へ。

「自分の撮った写真を講評してもらう」というのは、真剣に写真を撮っている人にはとてもありがたいもので、ここが自分の個性とか、ここを直せばさらに良くなるとか、ここは評価が分かれるかもとか、色々な角度からの評価を聞くことができた。

(講評の内容を踏まえて、このブログ記事では4枚中2枚の写真を選び直した)

「これは坂道の写真ではNG。48ならOKかもしれないけれど」というようなコメントをしてくれるのも、アイドル写真を数多く手がける青山さんならでは。

そして最後の講義パートへ。

#5 写真家になるための最短距離(作風の作り方)
#6 撮影後の写真の調整の仕方
#7 写真家で食べていく方法

今日一番聞きたかったのが「作風の作り方」であり「撮影後の調整」。

  • 作風とは「統一感」。誰でも綺麗な写真が撮れる時代、自分しか撮れないクセがあるか。
  • クセが流行りに乗っていればバズる。が、流行りはみんな模倣して行くので、「第一人者」にならないといけない。
  • 「被写体」と「仕上がり」の組み合わせで個性を出す。
  • 「自意識」か「美意識」か。美意識だけではただ綺麗なだけの写真。写真から自意識が見えるかどうか。
  • イメージ作りなど撮影前・撮影中にしかできないことも多い。が、撮影後の「調整」によって作風が生まれる。
  • パッと見て「XXさんっぽいよね」と言われるような作風。色作り。
  • 全て一枚一枚手で現像している。ムラが出来るのもまた「人間」。
  • フィルターは使わない方が良い(流行りに乗れるが誰でも使えるものは個性を失う)。
  • 最低限求められている写真が撮れれば仕事としては成り立つ。
  • 器用貧乏になることを避け、自分にしか撮れない個性を提案。
  • 写真コンテストに意味がなくなり、SNSでバズる時代も終わりつつある。
  • バズらない時代、バズってもフォロワーが増えない時代。地道に「営業」することが大事。
  • 写真は「奇跡」が起きそうなジャンルに思われる。が、「何かあれば一発で売れる」みたいなことは、ありそうでない。

こんな感じ。


青山さんの講義にも熱が入り、気付いたら優に19時を回っていた。

最後に、今日の講義を網羅したような素敵な冊子「写真家になるための最短距離」を頂いた。

f:id:SHARP:20191112063536j:plain

このブログで紹介したのは、あくまで講義の一部に過ぎない。

時間とお金をかけて得られたものはまさにプライスレスな経験。

機材の買い替えとか、撮影会のリピート以上に、写真が変わると思う。

自分としても、多くの気付きを得たので、これからの撮影に活かせれば、と思う。

f:id:SHARP:20191110143940j:plain

「自分の作風」を確立していこう、との決意を新たにした1日だった。

青山さん、モデルの皆さん、ありがとうございました。

アクアノート × BUBKA ミニライブ@白夜書房BSホール

アイドルと出版社の相性の良さは、テレビアイドルもライブアイドルも変わることはない。

今日は、高田馬場にある白夜書房BSホールで、雑誌「BUBKA」とアクアノートのミニライブイベントが開催された。

f:id:SHARP:20191111113615j:plain

観覧無料という神イベ。

物販で本・写真セット・ポスターを買うと、チェキや撮影に行けるというレギュレーション。

CDのリリイベと本質的には変わりはないという感じ。

渋谷のアイドルブックフェスから回すとちょうどライブが終わったところ。

そんな今日の僕は完全な「特典会おじさん」だけど、会場を見ると新規の人もけっこう来ているみたい。

やっぱり無料イベントは新規獲得に効くね。

終演後は、私服での特典会。

アクアノートを1年半くらい見て来たけれど、私服撮影会は外せない。

全員サイン入りポスターを購入して、全員チェキ。

f:id:SHARP:20191111115047j:plain


その後、双葉樹里ちゃんと佐山すずかちゃんを60秒撮影。

双葉樹里ちゃん(JC1)

f:id:SHARP:20191111113908j:plain

最近、こういうモノトーンの着こなしが板についている。実際似合うと思う。

佐山すずかちゃん(JC2)

f:id:SHARP:20191109145135j:plain

脚ながっ!

f:id:SHARP:20191111114455j:plain

さやすずの「甘くない」私服センスいいなと思う。

f:id:SHARP:20191111114536j:plain

「アイドル佐山すずか」も好きだけど、「モデル佐山すずか」がほんと好き。

f:id:SHARP:20191111114620j:plain

「それじゃ僕にとって君は何?」って口ずさみたくなるね。

Lily of the valley「アイドルブックフェス」@ 渋谷 BOOK LAB TOKYO

CDショップがリリースイベントで延命しているように、リアル店舗の書店もイベント開催で集客するのが増えている。

今日は、渋谷BOOK LAB TOKYOで開催される「アイドルブックフェス」でリリバリの宮丸くるみと沢村りさのフォトブックが出るということで、足を運んできた。

f:id:SHARP:20191111111330j:plain

12時開場前から書店前は大行列になっていて、書籍マーケットにおいてもアイドルファンの熱気は凄いなと思わされた。

イベントは冒頭にトークショーがあり、出演アイドルから写真集の見所が語られる。

宮丸くるみ「6ヶ月前に撮影したので、いまとはまた違う私が見てもらえると思います。表参道の早朝ロケもあったけど、お気に入りは部屋着のカット」

沢村りさ「お化粧もほとんどしていない、ポーズも決めていない、自然な高校一年生の感じす。見た人は高校の同級生になれる、そんな写真集」

2冊買うとサイン・握手に行けるということで、これはもう2冊×2の4冊購入。ヲタクちょろい。

f:id:SHARP:20191111112705j:plain


まずは、宮丸くるみちゃん「KURUMIN」。

f:id:SHARP:20191111112028j:plain

女性フォトグラファーならではのおしゃれなセンスの中にドキッとするカットも。

f:id:SHARP:20191111112055j:plain

背が高くてウェストのくびれが綺麗だな、と写真集を見て改めて思う。

くるみんが一番のお気に入りだというカットのページにサインをもらった。


そして、”まりも”こと沢村りさちゃん「Merry More!」。

f:id:SHARP:20191111112319j:plain

タイトルの「Merry More!」を10回唱えると・・・マリーモー!笑

フォトグラファーは僕の好きな青山裕企さん。

スクールテイスト、学園テイストの中に儚さがにじむ。

f:id:SHARP:20191111112455j:plain

握手会での会話。

りさ「写真集どうですか?」
僕「高校生の気分になれた!僕の高校時代にはりさちゃんみたいな子はいなかったけど」
りさ「うそ、そんなことないよ。探せばいたよ?」

…その瞬間、隣のクラスにりさちゃんがいた記憶が生まれた。

沢村りさちゃんの握手がとても力強くて、思いがけず元気をもらってしまった。


ライブアイドルには色々な楽しみ方、応援の仕方があるっていう話をあちこちでしているけれども、こういう「写真集」の刊行っていうのもファンからすればうれしいことのひとつなので、これから増えていくといいなと思う。