スーパースターの光と影〜『ロケットマン』(デクスター・フレッチャー監督、2019年、英・米合作)

そんな大それたものじゃないけれど、これが僕にできる精一杯
僕に与えられたこの歌を、君に贈るよ
エルトン・ジョン『Your Song(僕の歌は君の歌)』)


Elton John - Your Song (Top Of The Pops 1971)

好きな人への想いをエネルギーに作品を作りたい。

そして、その作品を好きな人に捧げたい・・・


どんな分野のクリエーターでも、こういう想いを抱いたことのない人はいないのではないだろうか。

ということで、エルトン・ジョンの半生を伝記的に描いた『ロケットマン』を観に行ってきた。

f:id:SHARP:20190919115218j:plain

監督が『ボヘミアン・ラプソディ』のデクスター・フレッチャーということで、どうしても両作品を比べてしまうが、これはライブの再現をクライマックスに持ってきた『ボヘミアン・ラプソディ』とは全く別のカテゴリの作品。

あるアーティストの成功と不安と孤独を描いた非常に内省的なトーンに覆われたミュージカル映画、と位置づけるのが一番座り心地が良いように思う。

家族に愛されない少年期は見るからに痛々しく、才能を見出されてからも周囲との軋轢に苦しむ描写はどこを切っても胸が苦しくなるばかり。

作詞家バーニー・トーピンと創作面で意気投合して代表作『Your Song(僕の歌は君の歌)』を生み出すシーンにのみ、決定的なカタルシスを与えられるものの、それ以外は辛いシーンの方が多い。

ショウビジネスに関わるスターには、常に光と影があるわけだけれども、エルトン・ジョンの場合には、その光と影のコントラストが一層強い、闇がひときわ深い、そんな作品に仕上がっている。

歌唱シーンのストーリーの構成などは、王道ミュージカルの”文法”を踏襲したものになっていて、ソロ、デュエット、アンサンブルなど、どの曲もドラマチックな効果を生み出している。

そういう観点では、作品の手触りとしてはむしろ『グレイテスト・ショーマン』の方にやや近いという印象を持った。


キャスティングとしては、年齢を重ねていくエルトン・ジョンを演じきったタロン・エジャトンを賞賛せざるを得ない。

歌唱力にも驚かされたが、複雑な内面を演じきった役者としての深み。

キングスマン』(2015年)では、やんちゃな盛りの青年を演じていたのが、『キングスマン・ゴールデンサークル』(2017年)では、コリン・ファースから主役の座を奪うまでのジェントルマンな「風格」を身にまとった成長に驚かされた。

そして、今回の『ロケットマン』。

スーパースターであるエルトン・ジョンのステージでの輝きを見せる「風格」は圧倒的。

さらに、「イケメン俳優」というレッテルの殻をも破ランばかりの特殊メイクで「疲れを感じたおっさん」を演じることも厭わず、というか、そんなエルトン・ジョンの影の面も演じきるという円熟の演技。

これでまだ20代とか驚きでしかない。

個人的にそこまでエルトン・ジョンの曲を知らなかったので、有名曲が波状攻撃のように繰り出される『ボヘミアン・ラプソディ』のようには盛り上がれなかったが、オリジナルのエルトンのボーカルに寄り添いつつ、映画のシーンに相応しい「曲想」を、俳優ならではの表現力をもってしっかりと織り込むタロンの歌声に痺れた。

サントラ盤が出たら入手してリピートしたい。

そんな気持ちにさせられる「佳作ミュージカル映画」だった。

Lily of the Valley「幸せのチャイム #4」@ LOFT HEAVEN

僕から見たリリバリの魅力は、全員かわいいメンバー、エモーショナルで熱いライブ、デビューから1年で急成長する<物語>っていうあたり。

でも、忘れてはいけないのは、ボケとツッコミがテンポよく飛び交うトーク

そんなリリバリのトークを堪能できるイベント「幸せのチャイム」を見にLOFT HEAVENへ行ってきた。

f:id:SHARP:20190915080214j:plain

「バシフェス」で知られる石橋哲也がMCとなり、「授業」「授業参観」という仕立てで構成される。

出演者も観客も全員椅子があって「起立!礼!」で始まり、「授業」を3時間やって「起立!礼!」で終わるという。

今日は、この夏最後となるであろう、浴衣でもメンバー出演。

授業は、この夏を振り返ったり、昭和の名曲の歌詞を自分で補完したり・・・

MCのリードも大きいのだけれど、とことん華のある尾野寺みさ、芸人顔負けの反射神経の宮丸くるみ、ド天然のスベリ担当沢村りさ、イマドキ感の凄い夏目咲莉愛、そして最年少ならではの「飛び道具」を使いまくる天衣無縫の西村津希乃・・・

「こんなに笑ったのいつ以来だろう」というくらい爆笑した1時間30分だった。


「幸せのチャイム」は、来年からは月一のイベントになるということなので、これはもうバラエティを楽しむ感覚で通いたいなと思う。


「放課後」は、「チェキ部」による特典会。


今日は浴衣ということと、トークがあまりに面白かったので、ついカッとなって全員のところにチェキに行ってしまった。

尾野寺みさちゃん(JK2)。初チェキ。

f:id:SHARP:20190915081318j:plain

情熱的な赤が似合う。

宮丸くるみちゃん(JK2)。初チェキ。

f:id:SHARP:20190915081451j:plain

「若おかみ」と言われたりしながらも、しっとりした雰囲気の着こなし。

沢村りさちゃん(JK1)。

f:id:SHARP:20190915081546j:plain

チェキでりさちゃんと話すと本当に心が浄化される。心のオアシス。

夏目咲莉愛(JC3)。初チェキ。

f:id:SHARP:20190915081654j:plain

個性的な着こなし。アイドルDDということもあって、ちょっとドルヲタっぽいトークが面白い。

西村津希乃ちゃん(JC1)。

f:id:SHARP:20190915081816j:plain

反抗期っぽい「わかってる!(怒)」のポーズと表情で。


チェキ券についてくる写ルンです写真も一気に増えた。

f:id:SHARP:20190915081941j:plain

そして、アクリルスタンドは、西村津希乃ちゃん。

f:id:SHARP:20190915081954j:plain

これでつっきーはコンプできた。


リリバリは、今月から東名阪ツアーが始まる。

ファイナルの東京は10月20日、TOKYOFMホールの予定。

楽しみすぎる。

黒のツアーTとか、カメラ要素もあって、早く欲しいな。

アクアノート定期公演「AQUA THEATER」vol.6〜高梨有咲プロデュース「アクアノートの大運動会」

アクアノートの定期公演「AQUA THEATER」の6回目は高梨有咲プロデュース。

ありちゃんと言えば、バキバキダンス。

ということで、今日のテーマは「アクアノートの大運動会」。

バキバキダンサー系の衣装で、黒チームと白チームに分かれたアクアノート。

f:id:SHARP:20190915073831j:plain

いつものアクアノートはかわいい系の衣装。

でも、今日のモノトーンのシンプルな衣装は、クールなダンス&ボーカルユニットのような新しい魅力を引き出していた。

企画コーナーでは、「運動会」ということで、黒チームと白チーム対抗で風船を使ったスポーツと借り物競争。

白チームが強さを見せつけ、負けた黒チームは腹筋10回という罰ゲーム。

なかなかハードモードな企画だった。

今日は事前に予告があった通り「重大発表」も。

11月24日に3rdワンマンを池袋のharevutaiで開催すると。

新しい会場で、けっこう大きめなキャパ。

2ndワンマンの動員202人ということで今回の動員目標は350人。

アルバムのリリイベを通じて、アクアノートを知る人も増えてきたので、ここでファンが増えるといいなと思う。


終演後は特典会。

今日の名プロデューサー高梨有咲ちゃんの30秒撮影。

f:id:SHARP:20190912203123j:plain

「久しぶりじゃないかー」

だよね。ごめんごめん。

そして佐山すずかちゃん。

f:id:SHARP:20190912203934j:plain

さやすずにはやっぱり黒が似合う。

f:id:SHARP:20190912203927j:plain

純粋で純水な多灯ライティングの陰影で立体感を演出。

佐山すずかちゃんは、次回9月29日の定期公演最終回のプロデューサー。

テーマは「チャイナ」ということで、衣装にも期待が持てるね。

(セットリスト)

1 「これから」
2 夕立とアンチノミー
MC
3 挑発Selfish
4 なみだリプライ
企画コーナー
5 Don‘t you?
6 いろみず
7 ドリームノート
11/24 3rdワンマン決定
8 乙女心はアクアマリン