Nikon Z6の瞳AF対応ファームアップ(ver2.00)

Nikonが、かねて予告していたZシリーズの「瞳AF」対応のファームアップをリリースした。

f:id:SHARP:20190520155709j:plain

ソニーのαシリーズが瞳AFを武器にする中で、ニコンも時間をかけて開発してきたな、と思わせるだけの精度と速度。

(作例、Z6 + Nikkor Z 50mm f/1.8S)

(モデル:アクアノート 佐山すずか)

ただ、ユーザーインターフェースとしては、こちらにも慣れていないところもあって、「いつでも思い通りに」とまではいかない。

最新の機能であっても、決して「完全自動」ではないので、原理とか発動条件とか制約を理解した上で使わないといけない。

まあ、それはソニーでもニコンでも同じだけれども。

僕の場合、フジのX-Tというミラーレスを三世代使い続けてきていて、こと瞳AFについて言えば、三代目のX-T3になってようやく実用的なものが搭載されたという経験をしている。

ニコンに関して言えば、瞳AFの最初のファームとしてはとても良いと思うけれども、できれば、ユーザーからのフィードバックに丁寧に耳を傾けて、ブラッシュアップというか、さらに良いものにしていってほしいと思う。

できれば、ファームウェアで(笑)

なお、同時にアナウンスされた、「一部個体で手振れ防止が効いていない不具合」について、シリアル番号で調べたところ僕の個体には該当なし。

f:id:SHARP:20190520160422j:plain

今まで使ってきて「手振れ防止効いてないかも?」と疑われるようなことはなかったから、とりあえずよかった。

でも、オリンパスのOM-Dシリーズの強力なボディ内手ぶれ補正を知っているだけに、自分のZ6がこれ以上手ぶれ補正でパワーアップしないというのは、それはそれで残念、という贅沢な感想。

今のソニーニコンキヤノンパナソニックによるフルサイズミラーレスの競争激化が、このような形で新機能のファームアップ合戦も進めてくれるとうれしいなと思う。

ハコムス野外音楽会@飯田橋ラムラみやこ橋

5期メンバーが入って初めての飯田橋ラムラでのハコムス野外音楽会。

f:id:SHARP:20190520154241j:plain

梅雨入り前の初夏の雰囲気の下で、第一部は「春の終わり」、第二部は「夏の始まり」を感じさせる構成。

第一部(12:00-)

2015年春の「微笑みと春のワンピース」衣装、そしてオーソドックスで爽やかな「ハコムスの春セトリ」。

f:id:SHARP:20190520154227j:plain

僕の大好きな「春のハコムス」という感じだった。

5期生が加わった4月からの新体制では、こういう曲は実は聴けていなかったから、うれしい。


(セットリスト)

1 抱きしめて/チェキッ娘
MC
2 乙女のリハーサル/CoCo
3 恋はくえすちょん/おニャン子クラブ
MC
4 baby blue/アイドリング!!!
5 微笑みと春のワンピース/ハコイリ♡ムスメ

第二部(14:30-)

第二部は「ハコーディネート」ということで、ストライプをモチーフにした私服コーディーネート。

セトリは、「夏が近づいたね」(Qlair「眩しくて」)という感じの爽やかな初夏の雰囲気。

f:id:SHARP:20190520154507j:plain

季節感を大事にするハコムスだが、「春の終わり」と「夏の始まり」という微妙なグラデーションをセトリで表現できるあたり、さすがという感じだった。

(セットリスト)

1 最初のキモチ/チェキッ娘
MC
2 眩しくて/Qlair
3 アンブレラ・エンジェル/おニャン子クラブ
MC
4 レモネード・キッス/ハコイリ♡ムスメ
5 あのコによろしく/ribbon

特典会

第一部では全員握手へ。

山本花奈ちゃんに「お鍋使ってる?」と、美浜ニューポートリゾートのハコムス抽選会で当選したグッズについて聞かれる。

ハコムスの握手会でこういうコミュニケーションをしてくれるのってあまりなかったので、うれしくなった。

第二部では、コーディネートのオシャレだった吉田万葉ちゃんの15秒撮影。

f:id:SHARP:20190519152757j:plain

自分のカメラにトラブルがあって、急遽、友人のソニーα9 + Distagonを借りて撮影。

各方面の皆さん、本当にありがとうございました!

「アニストFES夏の陣」@ OTODAMA SEA STUDIO2019 & アクアノートプチオフ会

夏だ!海だ!音楽だ!・・・みたいな感じで盛り上がるにはうってつけとも言えるOTODAMA SEA STUDIO。

お天気もいい、ということで、三浦海岸まで片道二時間のプチ旅行。

f:id:SHARP:20190520142838j:plain

今回は、アクアノートとハコムスが出演するというのに加えて、アクアノートがプチオフ会を開催するということもあって、ほぼ一日、三浦海岸で過ごしてきた。

アクアノートプチオフ会・第一部〜宝探し〜(11:30-12:30)

チケット購入者を対象にアクアノート運営が「参加費無料」で企画。

全部で30人くらいが集まった。

メンバー1人とファン5、6人でチームを作って、海岸のどこかに埋められた「宝」を探すというもの。

f:id:SHARP:20190520143219j:plain

僕は、「蛇口軍」こと佐山すずかチームに所属。

「団結力!」を合言葉に広い海岸を歩き回ってお宝を2個ゲット。

と健闘はしたが、残念ながら優勝はできず。

でも、メンバーやヲタクと一緒に苦労と喜びを分かち合えて楽しかった(疲れた)。

アクアノート ライブ(13:50-14:15)

今のアイドルで海と空が似合うのは、アクアノートが一番かも?と思う。

f:id:SHARP:20190520143613j:plain

今日は逢嶋ひな欠席の5人体制だったけれども、タオル回しの「ラブ☆サマー」で始まるライブ楽しすぎた。

(セットリスト)

1 ラブ☆サマー
2 Don‘t you?
MC
3 ドリームノート
4 いろみず
MC
5 乙女心はアクアマリン

アクアノート 物販・特典会(14:20-15:40)

今日は参加者特典の「全員写メ」もあったけれども、やっぱりこのロケーションで1ショット撮影は撮り逃せない。


f:id:SHARP:20190518151349j:plain

f:id:SHARP:20190518151359j:plain

f:id:SHARP:20190518151408j:plain

さやすずを60秒撮影。

今日の物販・特典会はループする人も多くて、一時間の時間をオーバーして「打切り」が出るくらいの大盛況(それはそう)。

ここで撮れて本当に良かった。

アクアノート プチオフ会・第二部〜ドッジボール大会(15:00-16:00)

プチオフ会の第二部はドッジボール大会。

これも、OTODAMAチケット保有者であれば無料!太っ腹!

チームを2チームに分けて、「美波ももか・高梨有咲・双葉樹里」チームと、「夢咲摩萌・佐山すずか」チームを編成。

僕は、さやすずチームへ。

ヲタクは左投げ(利腕と反対)という縛りだったけれども、運動神経のいいヲタクの活躍が凄かった。

結果は「夢咲摩萌・佐山すずか」チームの勝利!

f:id:SHARP:20190520144837j:plain

賞品はメンバーとの3ショットチェキだったけれども、賞品よりもメンバーと一緒に球技をすること自体がプライスレス!

楽しかった。

アクアノート 特典会(17:00-18:00)

メンバーが私服に着替えて、特典会の続き。

さやすずが小物のサングラスを持ってきたので、それを使いながら。

f:id:SHARP:20190518172131j:plain

f:id:SHARP:20190518172119j:plain

f:id:SHARP:20190518172122j:plain

アクアマリンのままでいて

私服がかわいかった高梨有咲ちゃんも。

f:id:SHARP:20190518173430j:plain

f:id:SHARP:20190520145506j:plain

三浦海岸は東向きなので「夕陽をバック」という撮影はできないけれども、これはこれであり。

ハコイリ♡ムスメ(17:50-18:15)

ハコムスは、盛夏のような純白夏衣装。

5期生がこの衣装を着るのを見るのは初めて。
また、去年とは違う衣装を着ている既存メンバーも。

セトリは完全に夏だ!海だ!ハコムスだ!セトリだったし、OTODAMAも実質トリ(アイドルでトリ)ということで、メンバーもヲタクのテンションも高かった。

個人的にはとても印象深いステージになった。

(セットリスト)

1 あのコによろしく/ribbon
MC
2 夏に急かされて
3 アンバランスなサマー
4 水平線でつかまえて/三浦理恵子
MC
5 海へ行こう/チェキッ娘