三菱東京がUFJ銀行に7000億円の出資

いよいよ正式に三菱東京FGUFJ銀行に7,000億円の出資を行うことを発表。一つ目のポイントは、持株会社のUFJホールディングスへの出資ではなく、子銀行のUFJ銀行であるという点。二つ目のポイントは、当初は優先株式だが、条件付で普通株式への転換が可能になるスキーム。普通株に転換可能という優先株はいまや珍しくないが、三井住友がTOBを示唆している状況下では「ポイズン・ピル(毒薬=敵対的M&Aへの対抗策)」という面を持つ。

ところで、今回の出資発表を受けて三井住友は「この内容ではUFJの株主の利益を損なう」とのコメントを発表していて、またしてもセンスのなさを露呈。これでは三井住友の経営陣は、自分の会社の株主の利益よりも、UFJの株主の利益の方に関心があるようにしか見えず、失笑を買うのみ。やっかみ半分のコメントを発表する暇があったらさっさとTOBを仕掛けるべきだろう。UFJの外国人株主にアピールしようというのであれば、トークン(口先)ではなくマネー(TOB実施)を見せないと意味がないということも分からないのだろうか。