三井住友がTOB(公開買付け)の可能性を示唆

三井住友銀行が、UFJグループとの統合について、最終的にはTOB(公開買付け)の利用も視野に入れていると報じられる。

ほとんど冗談としか思えない。もちろん、一般論としてTOBは上場企業の買収に用いられる手段の一つであり、三井住友がそれを検討するのは理解できる。しかし、いまのUFJにプレミアムを上乗せするほどの価値があるのか、もしあったとしても、TOBに応じる株主がどれだけいるのか、応じる株主があったとしても、その買収資金をどうやって調達するのか、という難問が控えている。あまりに非現実的過ぎて話にならないというのが、通常のマーケットの反応だろう。

「婚約破棄」された住友信託が必死になるのは分かるが、三井住友FGがここまで見苦しいまでに執着するのはやはりよく分からない。こうしている間にも、三菱東京FGUFJとの統合はどんどん既成事実化する。