読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコイリ♡ムスメ神岡実希presentsみんなで歌って踊っチャイナ!~中華ムスメたちの宴~

今月ハコムスを卒業する神岡実希ちゃんの企画による「みんなで歌って踊っチャイナ!~中華ムスメたちの宴~」が、横浜中華街で開かれた。

f:id:SHARP:20170516232139j:plain

最初に書いておくと参加費は14000円。

縦長の個室の正面奥にステージ。11人掛けの円卓が10個。

申し込みの時に「好きなメンバー」を選んでいたのに応じて、受付でテーブルを割り当てられる。

僕が座ったのは、8番。

メンバーが登場し、各テーブルに分かれる。

1~4番:神岡実希、我妻桃実、戸羽望実
5,6番:阿部かれん、星里奈
7,8番:吉田万葉、塩野虹
9,10番:井上姫月、寺島和花


7,8番はファンも楽曲派()揃いで、この二人が来たときの歓声が凄かった。

点心作り(12:00-13:10)

フカヒレ蒸し餃子を吉田万葉先生から教わり、小籠包を塩野虹先生の指導で作る。

まんよー先生の教え方はおおらかで、皮に対して豪快に具を入れていくもんだから、皮がだいぶ余っていた。

一方、なー先生は丁寧な指導で、できの悪い生徒のところに行って、一緒に包んでくれたりしていた。

家庭科の調理実習を思い出して、楽しかった。

f:id:SHARP:20170516225044j:plain

メンバー全員とのワイドチェキ撮影(13:10-13:40)

点心を蒸している間に参加者が順番にメンバー全員とワイドチェキ撮影。

f:id:SHARP:20170516225500j:plain

今日の主役・神岡実希ちゃんが向かって左側。右側はまんよー先生にお願いした。

ちなみに、このワイドチェキは参加費に含まれている。

メンバーと食事(中華のコース料理)(13:40-14:40)

前菜的なものからスープからエビチリからフカヒレからなにからどんどん出てくる。

f:id:SHARP:20170516225826j:plain

最初に吉田万葉ちゃんが来て、途中で塩野虹ちゃんに交替。

質問タイムとかもあって、いろいろと親睦が深まったな。

メンバーが一人ずつ盛り付けをしてくれるのを受け取ったりして、全員分が揃うのをまってから「いただきます!」と唱和。

ホントに給食の時間みたいだったよ。はあ、尊い

f:id:SHARP:20170516230240j:plain

メンバーが包んでくれたから、実質手料理←

誤解のないよいうに書いておくけど、飲み物は水とお茶だけ。当然だよね。

ミニライブ(14:40-15:10)

デザートの杏仁プリンが出るころには、メンバーはライブということで招集がかかった。

ゆっくり食事できなそうでちょっと申し訳ない気分。

ライブは全5曲で前方のステージで行われたんだけど、テーブルの間を歩いてきてくれるから、後方からでもメンバーに近づくことができた。

f:id:SHARP:20170516230616j:plain

吉田万葉ちゃん。葉っぱの妖精だから緑色のチャイナ。お団子ヘアが似合う。

f:id:SHARP:20170516230656j:plain

塩野虹ちゃん。「功夫」と書かれたチャイナ服(ショートパンツ)に帽子がかわいい。

全員がチャイナ服を着るというスタイルのライブは、ハコムス初なんじゃないかな。

(セットリスト)

1 Winterスプリング、Summerフォール
2 SE・KI・LA・LA
3 春色の空
4 星座占いに瞳を閉じて
5 なかよし

物販・特典会(15:15-16:10)

最後は、物販と特典会。

2kの物販で希望するメンバーとの2ショットチェキ1枚。


まずは、まんよー先生と。イエーイ!

f:id:SHARP:20170516231249j:plain



続いて、なー先生と。


f:id:SHARP:20170516231325j:plain

なー先生じゃなかったら、小籠包は完成していなかったと思う。感謝!


そして、今日話す機会のなかった戸羽望実ちゃんと。

f:id:SHARP:20170516231440j:plain


小学生とは思えない堂々としたチャイナドレスの着こなし。

最後は、今日のチャイナドレス着こなしナンバーワンの阿部かれんちゃん。

f:id:SHARP:20170516231542j:plain

もっと撮りたかったけど、今回は時間の関係で上限が4枚となったからここまで。

逆に制限がなかったら全員と撮っていたかもしれない。




ということで、ハコムス中華街イベント、楽しかったし、お得感もあった。

神岡実希ちゃんの卒業前の「思い出作り」的な意義があったと思うけれども、参加者みんながハッピーになれて、満足できる神イベだったと思う。

特に同じテーブルで食事をした吉田万葉ちゃんと塩野虹ちゃんとは、距離が一気に縮まった気がしたね。


また、こういうイベントを企画してほしいな、と思った。