読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@ JAM THE WORLD 春のジャムまつり!2017(2部)@新宿ReNY

@ JAM THE WORLD 春のジャムまつり!の2部に行ってきた。

出演者7組(20分ずつ)で前売り4500円、SHOWROOMでは生中継実施ということもあってか、新宿ReNYは混み過ぎず「快適」な人口密度。

f:id:SHARP:20170402070346j:plain

橋元P、スベリー・マーキュリー、溝呂木世蘭の軽妙な司会に続いて、各組のライブスタート。

AIS-All Idol Songs-

トップバッターはAIS。

正直言って、AISの「おまいつ」は少な目の環境だったけれど、冒頭の「ドキッ!こういうのが恋なの?」「こいしょ!!!」で一気に場内の観客を巻き込んだ。

最後は、去年の照井Pの対談で橋元Pが要望した乙女新党カバーの「お受験ロッケンロール」。

メンバーのステージでのパフォーマンスもエモかったけど、フロアも熱かった。

AISヲタのほとんどはあえて最前に行かず、人によっては最前を放棄して、後方中央のスペースに集まっていて、フロアの一体感を生み出していた。

いいライブは、メンバーの力量だけでも、ファンの頑張りだけでもダメで、「みんなで作る」ものだと実感。これが"バイブス"ってやつなのかもね…

(セットリスト)

1 ドキッ!こういうのが恋なの?
2 こいしょ!!!
3 桜並木道
4 Faraway
5 お受験ロッケンロール

Fullfull☆Pocket

先月、花谷麻妃が卒業し、明日、宇敷陽南が新メンバーとして加わるFullfull☆Pocket

今日は3人でのライブだったが、田附未衣愛・中原ありす・石井栞の3人で不足を感じさせることはなかった。

一番聴きたかった「おひさまスプラッシュ!」で僕の盛り上がりは最高潮に達したが、そのあとの「I my me mine」「光」は完全にからっとを思い出させるセトリ。

最後の「流星Flashback」もしっとりとした雰囲気で会場を包み、いまやFullfull☆Pocketもお姉さんグループになったなと思った(明日からのカラーはまた分からないけれども)。

みいあちゃんも、ありすちゃんも良かったが、個人的には久しぶりに見たしぃちゃんの成長に目が釘付けになった。

(セットリスト)

1 おひさまスプラッシュ!
MC(自己紹介)
2 I my me mine
3 光
4 流星Flashback
MC(告知)

AISとFullfull☆Pocketトークショー

ざっとこんな感じだったかな。

橋元P「AISは何か質問があるんですよね」
橋本麗愛「"アイドルに必要なもの"ってなんですか」
溝呂木世蘭「うーん、やっぱり笑顔ですかね」
橋元P「今日はAISは乙女新党の曲やってくれたね」
スベリー「もし曲交換するならどの曲ですか」
磯前星来「「わがままフェアリー」かわいいです!」
田附未衣愛「AISさんにかわいいって言われるなんてうれしい」
橋元P「昔はFullfull☆Pocketもこんな感じだったよね」
中原ありす「もう若くないです(笑)」
溝呂木世蘭「ちょっと、私今月二十歳だよ?!」

神宿

いまや完全に@ JAMファミリーと呼ぶべき存在になった神宿。

みかちんはかわいいし、ライブは熱い。曲だけは相変わらず自分の好みとあまり合わない。

転校少女歌劇団

このグループも、古森結衣の加入を経て、さらに橋元P色が濃くなった。

以前の「ミリタリー」のコンセプトはじわじわと後退し、いまは抒情的な楽曲を情感をもって歌い上げるグループへ。

誤解を恐れずに言えば、ステージ上では坂道シリーズに通じるような硬派でストイックな雰囲気をまとい、特典会ではぐっと親しみを感じさせるギャップにやられそうな感じがあった。

そして、今日はGALETTeのキラーチューンというか、アイドル界のアンセム「じゃじゃ馬と呼ばないで」を初披露。

一言で言えば「鬼に金棒」で、元GALETTerのオタクたちの盛上げもエモかった。

GALETTeのファイナルライブの最後の曲が「じゃじゃ馬」だったわけだし、しかもその会場はここReNYだったわけで。僕もあの夜を思い出して目頭が熱くなった。

GALETTeの原曲と比べると、BPMは多分同じだが、ドラムスが前ノリからジャストに変わって、気持ち遅めに感じるかも。間奏のフレーズはエレギからキーボードに変更。振りは同じ。原曲を愛した人でも、コールや振りコピですぐ盛り上がれる。

古森結衣、渚まおを加えた7人の新体制は転校少女が次のステージに入ったと感じさせ、そこにこのキラーチューン。転校少女オリジナルの曲も良かった。この夏のフェスで大活躍する予感しかしない。

Party Rockets GT

橋元Pによる「再生」が成功しつつあるパティロケ。

今日は、ほりお不在だったが、新衣装の披露もあって、かなりの盛り上がりだった。

Cheeky Parade

今のアイドルシーンでチキパがトリっていうのはどうなのかとも思ったけれど、蓋を開けてみればトリに相応しい盛り上がりを演出していた。

グランドフィナーレの写真はこんな感じ。

f:id:SHARP:20170402073457j:plain

橋元Pが「アイドルにとって厳しい時代だが、シーンを盛り上げていきたい」と語る。

僕自身も、「メジャー回帰」「二極化」の時代の中で、中堅のライブアイドルがいかに活躍できるかというのがシーンの鍵を握ると思っているので、@ JAMにはその辺頑張ってほしいなと思う。期待を込めて。

特典会

AISのお見送り会へ。

最後の締め恒例のダジャレは、今日は小芝居仕立て。

橋本麗愛「このジャムのラベル、どうにかしてー!」
磯前星来「じゃあ、剥くね!」

せらちゃん、だいぶ眠そうで目がくっつきそうだった。




続いて、Fullfull☆Pocket、"しぃ"ちゃんこと石井栞ちゃんと2ショット。

f:id:SHARP:20170402074150j:plain

久しぶりに会話したけど、いい感じに幼さが抜けて、美少女そのもの。

いつまでも会話を続けたいと思うような落ち着きがあった。定期行ったら始まってしまいそう…