読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精一杯届けよう 二度とないストーリーを~AIS-Cake vol.4~徳久陽日 生誕企画~@東京カルチャーカルチャー

音楽

精一杯届けよう 二度とないストーリーを
声が枯れるまで……叫ぼう!
(「好きだ。」Little Glee Monster)


AISの生誕企画の4回目は、今月13日に14歳の誕生日を迎えた徳久陽日の生誕企画。

f:id:SHARP:20170218232028j:plain

場所は恒例の渋谷「東京カルチャーカルチャー」。

前半は、「おバカキャラ」として親しまれる徳久へのクイズ「はるはるQ」。

はるかの珍回答を他のメンバーも予想するという企画だが、かなり予想が当たっていて、メンバーに理解されているなと思わされた。

後半は、「AISの歌姫」徳久陽日のライブ。

ソロでの「好きだ。」(Little Glee Monster)に始まり、朝熊萌がラップで参加した「ツヨクツヨク」。

そして、持前の歌唱力で聴かせる「枯葉のステーション」(SKE48松井玲奈)、「I BELIEVE」(華原朋美)。

ハスキーボイスに、情感のこめられた表現力のボーカル。最高。

ライブの最後の曲は、磯前星来がハモりの応援に入り、「キャプテンは君だ!」を。

さすが「AISの歌姫」と唸らされた。

ライブが終るとプレゼントのケーキや花束やメッセージカード入りのアルバムが贈られる。

ファンからは徳久の顔写真入りの「じゃがりこ」もプレゼントされた(メンバー達は中身の入っていないものを受領)。

生い立ちのビデオが流れた後、ここまでの軌跡と14歳の抱負を語るはるか。

入院中お見舞いに来た娘の鼻歌を聞いたはるかの母親が「もっと多くの人に歌を聴かせたい」と本人に内緒で歌手のオーディションに応募。4次審査で落ちたものの、SMAに「アイドルにならないか」と勧められこの世界に入ったということ。14歳には「魅せるダンス、聴かせる歌」を目指すとの抱負を語った。


ということで、「おバカキャラ」と、ソロ曲中心に5曲を聴かせる「AISの歌姫」の顔とのギャップで魅せた1時間半。

SMAから「アイドルにならないか」と勧められたとき、最初は抵抗があったとか、レッスンで苦労したとか、今だから話せるエピソードも交えつつ、「アイドル・徳久陽日の魅力」をたっぷり見せた。

少女の尊い想いに触れることで磨かれる感受性もある、そう思った。

次回の生誕企画は、朝熊萌。日程は未定だそう。

(セットリスト)

1 好きだ。/Little Glee Monster*
2 ツヨクツヨク/mihimaru GT**
3 枯葉のステーション/SKE48松井玲奈*
4 I BELIEVE/華原朋美*
5 キャプテンは君だ!***

(*徳久)
(**徳久+朝熊)
(***徳久+磯前)