読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TPD DASH!!ワンマンライブ@AKIBAカルチャーズ劇場

TPD DASH!!の久しぶりのワンマンライブ。

f:id:SHARP:20161124112451j:plain

現在中学3年生の黒須遥、キッド咲麗花、横山歩夢、谷川陽菜の高校進学と、今春高校生になった杉山凛の学業優先のため、ライブ活動をしばらく休むということで、力の入ったワンマン。

黒×赤のDASH!!カラーの衣装で「ショウほど素敵な商売はない」「Whoopee Days」「ブギー・ワンダーランド」「FAME」をノンストップ。

衣装替えに続いて、メンバーソロ・ユニット。

ファッションモデルのようなスタイルでキッド咲麗花が登場し、ソロで「ラッキー・ラブ」を。

先月の演劇公演で共演したさとうえりか (JK1)、かまたともか(JK1)、いのうえここな(JS6)の3人も演技とダンスでサポートに入る。

続くユニットでは、目まぐるしく衣装を替えながら、「愛がすべて」(榎並梨紗・杉山凜)、「レモンのKISS」(横山歩夢・杉山優菜)、「I'm so exited」(黒須遥・キッド咲麗花・谷川陽菜)を披露していく。

再び全員がステージに揃い、「DANCE FOR THE FUTURE」、「放課後はいつもパーティー(初披露)」、そしてTPDの定番曲「ダイヤモンドは傷つかない」「 東京ハッカーズ・ナイトグルーヴ」を息をつく暇もないくらいにノンストップでパフォーマンス。

「BE BORN」あたりで激しく踊っていた榎並利紗の足の様子がおかしくなり、「空に太陽がある限り」「BAD DESIRE」を踊ったところで彼女がそっと退場。

クライマックスの「どんがらがっちゃん!大行進」「Can't Stop The Music」は6人でのステージになったが、突然のトラブルに動揺することもなく、メンバーは笑顔でパフォーマンスを貫いた。

アンコールでは、色とりどりのパステルカラーのワンピースに着替えた「WE ARE TPD DASH!!」に乗って登場。ステージに現れない榎並利紗のパートのところでも、客席のファンが声援を送った。

少し遅れて、ピンク色のワンピースで榎並が登場。「足がつってしまった」と悔し泣き。

アンコール最後の曲「ロコモーション」を、さとうえりか 、かまたともか、いのうえここなも一緒に歌ってフィナーレ。

メンバーからは、集まってくれたファンに感謝の気持ちを伝えるとともに、進学・学業優先のためにライブ活動はお休みするがまた皆さんの前に現れるので待っていてほしいと挨拶。

DASH!!の挨拶は、キッド咲麗花ちゃん以外は大体号泣するんだけど、それでも妙に明るいのが良さでもある。

ダブルアンコールは、DASH!!には珍しいしっとりしたナンバー「星に願いを」。

初披露だが、目に焼き付くような印象深い一曲になった。

次にこの7人のライブを見るのがいつになるのかは分からないけれど、心に残るワンマンになった。

(セットリスト)

1 ショウほど素敵な商売はない
2 Whoopee Days
3 ブギー・ワンダーランド
4 FAME
5 ラッキー・ラブ(キッド咲麗花)
6 愛がすべて(初披露)(榎並梨紗・杉山凜)
7 レモンのKISS(横山歩夢・杉山優菜)
8 I'm so exited(初披露)(黒須遥・キッド咲麗花・谷川陽菜)
9 DANCE FOR THE FUTURE
10 放課後はいつもパーティー(初披露)
11 ダイヤモンドは傷つかない
12 東京ハッカーズ・ナイトグルーヴ
13 BE BORN
14 空に太陽がある限り
15 BAD DESIRE
16 どんがらがっちゃん!大行進
17 Can't Stop The Music
(アンコール)
en1 WE ARE TPD DASH!!
en2 ロコモーション
(ダブルアンコール)
en3 星に願いを(初披露)