読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もお星さまになる―生ハムと焼うどん 3rdワンマン「破天荒な摩天楼」@東京ドームシティホール

キラキラキラキラキラキラ光る
そこから私だけを見守っていて
キラキラキラキラキラキラ光る
瞳 こぼした 一粒 今日も
お星様になる
(生ハムと焼うどん「キラキラ星座物語」)


生ハムと焼うどんは、高校の同級生の東と西井が結成したユニット。事務所に所属しないセルフプロデュース。

2015年2月にライブデビューし、同10月に新宿MARZで初ワンマン。チケット300枚ソールドアウト。
2016年3月、赤坂BLITZでセカンドワンマンを開催し1000人以上を集客。
そして今日、東京ドームシティホールでサードワンマンを開催。集客目標は3000人。

数字だけ見ると「無謀」とも思われるハイペース。だが、東京ドームシティに来てみると、女性・若者が多く、しかも生うどん衣装のコスプレをした女子多数で、明らかに「ブレイク前夜」の熱気。

f:id:SHARP:20161023072107j:plain

お花は、食いしん坊と各TV局・メディア、そして大森靖子ベイビーレイズJAPANから。

f:id:SHARP:20161023071927j:plain

f:id:SHARP:20161023072015j:plain

f:id:SHARP:20161023072041j:plain

f:id:SHARP:20161023072138j:plain

1階から3階は指定席。ソールドアウト。
アリーナは自由席。「埋まってる」という感じ。

僕は1階の中央2列目から鑑賞。1階の上手に西井、下手に東の横断幕。エモい。

f:id:SHARP:20161023072411j:plain

f:id:SHARP:20161023072429j:plain

開演前は、音声、そして動画による導入。
ステージにはセットが組まれ、中央の頂点には便座。

開演時間から20分を経過した19時20分にメンバーがステージに登場。
ライブは「にゅんにゅん」でスタート。

下ネタ、時事ネタをぶっこみまくった寸劇を挟みながらライブ進行。でんぱ組inc.をいじるネタもあって場内爆笑。

「フェス」を舞台にしたネタで、「三代目Jソウルブラジャーズ」が登場。

そして「あなたの心臓釣っちゃいます!」がキャッチフレーズの地下アイドル「らぶりぃ~ず」に扮した生うどんの二人がピンクと水色の衣装で登場。

恒例の「ヲタクをステージに上げる」パートでは、「本音を暴露する」というお題で三段オチのようなコントを見せてくれた。

終盤の「脱法ドラッグはやっていません」から、「キラキラ星座物語」では、二人が夢に向かって絆を確認する展開。ほぼミュージカルような空気感。

「キラキラ星座物語」はそもそもイイキョクなので、泣ける泣ける。

手が届きそうな距離に月が降りてくる演出もあって、破天荒な摩天楼の向こうにあるキラキラした星座を二人がつかむ光景が見えるようだった。




そして、「おかわり!おかわり!」のアンコールに呼ばれるように出てきた二人は、大森靖子とのコラボ曲「YABATAN伝説」を初披露。

次回の大バコでのライブが発表されるかと期待していたが、アナウンスは…

4月にスペシャルゲストを予定したライブ決定!
内容未定
会場未定
価格未定

とのこと。武道館ワンマンに向けてやりたいハコがあったが、既に「大手に押さえられていた」そう。

ダブルアンコールは「たまごかけごはん」。千人規模のアリーナの食いしん坊たちがぐるぐる回る光景を見ることができて感激。

「3000人動員」を目指して最後まで悪あがきした動員数の結果については、「まだ集計ができていないので後日発表」ということで、「ちゃんとした数字を出す」と。

ダブルアンコール後のMCがすごく長くて、終演は21時50分。

集まったファンに感謝を示しながらも、「終わるのやだー」と3000人を前にする光景から去りがたい思いを示す西井と、「絶対に20歳のうちに武道館に立つ」と強い決意を口にする東。ある意味で対照的にも見えた。

MCで明かされたので書くけど、ベイビーレイズJAPANのまなっちゃんとでんちゃんが僕のすぐ前の最前列に座っていて楽しそうに鑑賞していた。他にもでんぱ組のねむきゅんとかエビ中のぁぃぁぃとかアイドル多数鑑賞。これはもう社会現象という感じ。


今夜、生うどんは平日夜のワンマンに3000人動員できることを示した。その事実は多くのアイドルにとって希望になるだろう

事務所の力とか資金とかハンデがあっても諦めちゃいけない、その分、努力とか創意工夫は並大抵じゃないだろうけど。ファンが一体になって協力しているのも大きい。

アイドルファンの「推す」って気持ちの中には、アイドルを輝かせるために自分が犠牲になってでも相手の力になりたいっていうものもあると思うけど、そういう点では「推しがい」を感じさせる生うどんのサードワンマン。

「大人たちに支配されるな」というアイドルソングがヒットした2016年だけど、真の意味で自らの道を切り開いていく生うどんの二人の姿は実に頼もしく、まぶしく僕の目に写った。

物販ではパンフレットとCDを購入。

f:id:SHARP:20161023075013j:plain

出口では、フライヤーとうまい棒と最速予約特典の限定音源をゲット。

f:id:SHARP:20161023075032j:plain

(セットリスト)

1 にゅんにゅん
2 ナルシスト症候群
3 ツイテール
4 Cucumber
5 JK〜ジェームズってかっこいい〜
6 うんちの歌
7 永遠に愛してる♡〜あなたと私のフォーリン裸豚(らぶりぃ〜ず)
8 ひゃくぱーせんと
9 OTONA
10 脱法ドラッグはやっていません
11 キラキラ星座物語
12 新宿は信用できない!
(アンコール)
en1 YABATAN伝説(初披露、大森靖子コラボ曲)
(ダブルアンコール)
en2 たまごかけごはん