読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『Let's party! Vol.0』 @渋谷Klab LIVE CAMELOT

『Let's party! Vol.0』 supported by @JAMなるイベントが渋谷Klab LIVE CAMELOTで開かれた。 

f:id:SHARP:20160828215936j:plain

8月8日にリニューアルオープンしたばかりの新しいハコ。もちろん僕が行くのも初めて。

f:id:SHARP:20160828220113j:plain

天井にミラーボール。ライブハウスというよりも、クラブという感じで、アダルト・オリエンテッドな雰囲気。

開場が遅れ、開演が丸々30分押したんだけど、そのことを含め、ハコの評価は最後にまとめて書く。

sora tob sakana

アルバムの純白衣装。

「海に纏わる物語」で入場、れいちゃんの「sora tob sakana始めます」でスタート。
「夜空を全部」「帰り道のワンダー」「広告の街」と3曲連続。

大きなハコ、凝った内装にメンバーのテンションも上がってる感じ。

自己紹介を挟んで「クラウチングスタート」。

トップバッターだが、いつものオサカナの世界をしっかりと見せるステージ。

同時に、いまのメンバーの輝きはやはり尋常じゃない、と思った。

(セットリスト)

0 海に纏わる物語
sora tob sakana始めます」(レイ)
1 夜空を全部
2 帰り道のワンダー
3 広告の街
MC自己紹介
4 クラウチングスタート

フィロソフィーのダン

今日の会場のアダルトな雰囲気はフィロのスにぴったり。

ミラーボールが回るフロアに向けて、ディスコファンク系の楽曲を連発。4曲にアダルトな魅力を詰め込んだ最強のセトリ。

そして、会場の雰囲気をも味方につけるパフォーマンスだった。

(セットリスト)

1 VIVA 運命
2 アイム・アフター・タイム
3 すききらいアンチノミー
4 オール・ウィー・ニード・イズ・ラブストーリー

Party Rockets GT

ダンスのダイナミックなのと、楽曲のハードなところは突出。

メンバーの一人ひとりの個性はよく分かっているつもりだけれど、やっぱり吉木さんのキレッキレのターンばかりじっくりと見てしまう。

La PomPon

ここも定期的に見ているグループの一つ。

ほかのグループと一緒に見ると、ダンスの切れとか、フォーメーションの美しさ、メンバーの表情のパワーが際立っている。

実年齢以上に「六本木が似合うきれいなお姉さん」のイメージがあるグループだけど、新曲はMi-Keの「想い出の九十九里浜」のカバーだったりして、まだイメージがつかみきれないところがある。

MC担当のKARENちゃんの流暢な語り口が、まるでイベントの司会者のようで心地よかった。

フラップガールズスクール

今日の出演者の中では、「沸き系」方向に振ったグループでやや異色。

「明日ワンマンだけど、全然チケット売れていません。よろしくお願いします!」と自虐的に語っていた。

「沸き」だから売れるってわけじゃないと改めて思わされる。

楽曲は、そっち方向で十分機能的で、いろんな小技のフレーバーは効いていたけど、やっぱり単調さは否めないかな。

東京CLEAR'S

「お掃除」をコンセプトにしているだけあって、楽曲もテーマ性があった。
メンバーはややお姉さんがあるんだけど、研修生の朝比奈凛ちゃんはフレッシュな感じがした。

つりビット

トリはつりビット。

この手のフェスでトリを務めるだけの実力は既に十分。

冒頭いきなりの「Go! Go!! Fishing」。

クラップ、ウリャオイ、MIX、メンバー名コール、ガチ恋口上、イェッタイガー全部乗せ。

次は振付レクチャー付で「ギョギョギョムーチョ」。

今度はラテンなので「オレーオーレー!」「ギョッギョッギョ、ムーチョ!」のコール。

後半は、アンセム「真夏の天体観測」からのオリコンウィークリー5位の「Chuしたい」。

「言いたいことがあるんだよ でもやっぱり言わないジャージャー」のガチ恋リセット。

つりビットにはじっくり聞かせる曲もたくさんあるけど、フェスで盛り上がる曲ばかりを選んだセトリで、トリにふさわしい熱狂的なステージになった。

(セットリスト)

1 Go! Go!! Fishing
MC
2 ギョギョギョムーチョ
3 真夏の天体観測
4 Chuしたい

渋谷Klab LIVE CAMELOTのハコとしての評価

いいところから挙げると、アクセスの良さ(タワレコ渋谷から近い)、場内の雰囲気。

では気になったところを。

まず会場が20分遅れ、開演が30分遅れ。それに関するアナウンス一切なし。

アイドルフェスの経験は初めてだろうから、不慣れなのはあるだろうけれども、説明はしてほしいところ。

次に、入場時に整理番号をちゃんと確認していないのもどうかと思った(多くのヲタが相互に番号を確認して自主的に整列したけど)。

あとはステージの高さは60~70cmとやや低め。後方からは見にくいと思う。ステージで言えば、後方と横にいくつか障害物があり、ハードなダンスをするグループ(Party Rockets GTとかLa PomPon)には、ちょっと危険なのでは?と思われる場面もあった。

ドリンクは600円。まあ最近そういうハコも増えてきたけれども、やっぱり高いと思ってしまったし、値段が事前に分からなかったのもストレスになった。

そんなところかな。

リニューアルしたばかりのハコということでちょっと期待していったけれども、キャパ400人詰め込むと後方は明らかに見えないだろうなという感じ。200人くらいならまあ楽しめる許容範囲かも。