読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコイリムスメの定期便8月号~この眩しさは、きっと君のせい。~(菅沼もにか生誕)

ハコイリ♡ムスメの8月の定期公演夏の集大成。

最初「アンバランスなサマー」でスタート。

メンバーの自己紹介が一通り終わると、サプライズで「ハッピーバースデー!」が始まる。
今月12日に16才の誕生日を迎えた菅沼もにかの生誕企画。
プレゼントにはケーキではなく、サーモンのお寿司が贈られ、もにーちゃんテンションアップしてた。

f:id:SHARP:20160828081348j:plain


ここから新基軸。

「ミュージカル風メドレー」と銘打たれていて、共通のテーマの下に曲をつなぎながらイントロや間奏にメンバーの一人芝居を入れるというもの。

「レモンドロップ」(一人芝居:我妻桃実)→「告白」(同:阿部かれん)→「最初のキモチ」(同:菅沼もにか)→「海へ行こう」(同:神岡実希)→「泣かないでエンジェル」(同:鉄戸美桜)

ということで、「ひと夏の恋」を描いたストーリーのメドレーになっていた。

欅坂46の「世界には愛しかない」のポエトリーリーディングをライブで聞いたときもいいなと思ったけれども、ハコムスの一人芝居はメンバーが女優志望だけあって、相当高いクオリティ。

中でも、神岡実希が聞かせた「海へ行こう」の一人芝居は、最後に「ねえ、キスしてもいいんだよ?」っていう大胆なセリフがあって、これにはドキドキ。

メドレーが終わってから、メンバーと会場からアンコールがあり、みっきーが照れながらもう一度。
湧き上がる場内。そこで、なぜかもにーちゃんにも言ってもらうという流れになり、もにーちゃん「ねえ、Chuしよ?」
ハコムスのメンバーは舞台をやっているだけあって、こういうセリフ一言だけでも、劇場の空気を変える力がある。

続いては企画コーナー。

「ムスメたちの夏休み」と題されたもので、この夏の思い出をメンバー一人ひとりが絵日記にして振り返るというもの。

吉田万葉:TIFの「Let's Party Time!」
菅沼もにか:ダンス強化レッスン
星里奈:星の王子さまミュージアム(箱根)
鉄戸美桜:両親と行った江の島
阿部かれん:上京してきた弟と行った「謎解きカフェ」
井上姫月:TIF最高
我妻桃実:Buono!の武道館コンサート(3人からレス来た)
神岡実希:家族で行った地元の花火大会

「万葉とかぶったー」と悔しがる姫月ちゃんも面白かったけど、Buono!の武道館ワンマンにいったぽにょが「いやー、レスをもらえるってこんなにうれしいんですね。みなさんの気持ちが分かりました。私もこれからもっとレスしようと思います!」と宣言。これはレス厨歓喜

そして、後半は夏曲を一曲ずつじっくりと聞かせる。

「レモネード・キッス」で始まり、鉄戸美桜ワールド全開の「ストローハットの夏想い」、最後は菅沼もにかが舞台の中心で「Love Peace World」を囁く「夏に急かされて」。

「レモネード・キッス」は撮影可能だったので、念願だった吉田万葉ちゃんを撮った。

f:id:SHARP:20160828081801p:plain
(Camera:OLYMPUS OM-D EM-1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO)

これで僕としても「ハコムスの夏の集大成」という感じ。

続く新曲では、荻野目洋子の「NONSTOP DANCER」を初披露。ハコムス初の荻野目洋子カバーで、レッスンでダンスを強化した「踊れるハコムス」を見せた。

最後の曲は、南波一海主宰のレーベル”PENGUIN DISC”から11月22日にリリースされるCDの中から「Let's Party Time!」を披露。AKIBAカルチャーズ劇場ダンスフロアになったようだった。

”PENGUIN DISC”からの初シングルCDはカップリング違いで全3種。
タイトル曲は未定で、次回の定期公演(9/18、東京FMホール)で初披露される予定の秋冬曲になるとのこと。詳細は以下の通り。

タイトル曲:未定(秋冬曲)
Type-A c/w 乙女はびっくり箱
Type-B c/w アンバランスなサマー
Type-C c/w Let's Party Time!

9月3日には、"PENGUIN DISC"のレーベルメイトであるRYUTistとの2マンライブが新潟古町で予定されている。コラボ曲も一曲あるということで楽しみ。

ハコムス現場、ストレスフリーで本当に居心地よくて、時間が経つのを忘れてしまう。竜宮城に来ている感が凄い。

特典会では、16才の誕生日を迎えた菅沼もにかちゃんと2ショット。指で「1」と「6」を作って「16才」。もにーちゃん、どんどん綺麗になるね。

f:id:SHARP:20160828081516j:plain

そして、「ねえ、キスしてもいいんだよ?」というキメ台詞が最高だった神岡実希ちゃん。握手会で「ドキドキした」っていう感想を伝えたら、「もっと私にドキドキして!」って言われて、思わずチェキ撮った。

f:id:SHARP:20160828081652j:plain

(セットリスト)

1 アンバランスなサマー
2* レモンドロップ
3* 告白
4* 最初のキモチ
5* 海へ行こう
6* 泣かないでエンジェル
(*ミュージカル風メドレー「ひと夏の恋心」)
7 レモネード・キッス
8 ストローハットの夏想い
9 夏に急かされて
10 NONSTOP DANCER/荻野目洋子(初披露)
11 Let's Party Time!