読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AIS - All Idol Song- @AKIBAカルチャーズ劇場新人公演vol.2

夏休みが明けた二学期。気になっていた女の子が成長していて、いったい何があったのだろうと思ったことがある。
その過程を目撃することができるのが、このAKIBAカルチャーズ劇場の新人公演。

第一週のポイント合計は、1位AIS、2位すとゅらみっChuという結果。

  • すとゅらみっChu:573
  • パンダみっく:212
  • @ Suncafe:288
  • OnePixcel:318
  • AIS:599

(動員数は劇場HP、物販は劇場ロビーよりSharp調べ)

そして、各グループの真価が問われる2週目に突入。

関澤朋花ちゃんによるふわふわした影ナレで「一曲目は撮影可能」と発表され、ライブスタート。

f:id:SHARP:20160730071758j:plain

一曲目は、8月7日にファーストシングルとしてリリースされる予定の「ドキッ!こういうのが恋なの?」。

「かーもね!」「いーいな!」「ハイハイハイハイ!」っていうレスが楽しい曲。


f:id:SHARP:20160730071925j:plain

「毎週髪型を変える」のがAISの公約の一つだが、今日の髪型はお団子ヘア。
島崎友莉亜ちゃんのお団子はまっすぐ上に伸びていて、お見送り会のときにネタフリしたら「スイッチです!」と答えが返ってきた。最高。


「学年、年齢、名前」だけのシンプルな自己紹介に続いて、AISのコンセプト説明。

AISの新人公演は、毎回MC担当を「日直方式」で変えるということで、今日の日直は最年少の磯前星来ちゃん。

二曲目。徳久陽日ちゃんがイントロと間奏でセリフパートを受け持つ「マジ グッドチャンス サマー」で客席はさらに盛り上がる。

続いて、メンバーによる「恋するアピールタイム」。

橋本麗愛ちゃんは、スケッチブックに貼った自分のコスプレ写真を紹介。初音ミク、「ラブライブ!」の矢澤にこ、「魔女の宅急便」のキキ。「もっと見たい人はブログをチェックしてくださいね」とまとめ。

朝熊萌ちゃんは得意のダンスを披露。

続いては「100問100答比べてみた」のコーナー。

メンバーの人となりをQAで紹介していくもので、血液型、兄弟姉妹、無人島に何を持っていく?、宇宙人に会ったら何て言う?の4問。

無人島に「お母さん」と答えていた栗原舞優ちゃんがかわいかったな。

「毎週新曲を発表する」という公約を掲げているが、三曲目は、おはガール ちゅ!ちゅ!ちゅ!の「こいしょ!!!」。
イントロの時点で客席のあちこちから歓声が上がっていて、待望していたファンが少なくないことを感じさせた。

次の企画コーナーは「AISに恋するワンフレーズ」。
Twitterで募集したセリフを読み上げるもので、短い時間ながら、メンバーの演技力を楽しむことができる。
今週は「部活の後にスポーツドリンクのペットボトルを渡して一言」というものだったけど、宮本茉凜ちゃんが「ハイ、税込み147円」というセリフを言わされていて、ややネタ要員的扱いだったかな。個人的にはこのコーナーで本気のまりんを見てみたい。

ここでシンデレラ曲。

グッズを買ったファンの投票が多かった上位3人のメンバーが歌うということで、先週1位のまりん、2位のれな、そして同数3位のまゆ、もえ、せらの全5名が「ガラスのくつ」を披露。歌詞を名前に変えるところは1位のまりんで。

曲が終わったところで「キャプテンは君だ!」のイントロが始まり、残りのメンバーが舞台袖から順番に現れてくる。自然な曲のつながり。

2曲が終わったところで、曲紹介をするはずが、緊張してしまったのか、MCのせらちゃんからなかなか曲が出てこない。
そこで近くにいるまゆちゃん、ともかちゃんが助けに入る。
観客も温かく見守っているが、口惜しさを隠し切れずに涙ぐむせらちゃん。

最後の曲は「Over The Future」。

イントロのフォーメーションで、せらちゃんの近くになったれなちゃんが、せらちゃんを見つめながら励ますように顔に触れる。そこでまだ涙を隠せないせらちゃん。

兼任リーダーとして、一連の様子をじっと見守っていたまりんちゃんだったが、最後の曲をビシッとしめるために、観客に向かって満面の笑顔で「泣いてるメンバーもいますけど、最後の曲はみんなで笑顔を届けたいと思います」とMC。

6回の公演のうち2回は宮本茉凜ちゃん不在になるわけで、オリジナルメンバー同士での問題対処を促しつつ、最後に助け舟を出したまりんちゃんのステージ対応力にうならされる一幕だった。

今日はライブ55分間。第一週は72分だったけれども、今日のように一時間に収まった方がいいかなと思った。

ということで、完成度の高さよりも、毎回の成長を見たいという向きにはやはりこの新人公演は最高のステージ。

自己紹介で「歌もダンスもヘッタクソ」と自己紹介している女の子は、どんどん歌もダンスも上手くなっていて、いまやステージで最高の輝きを見せるようになっているのだから。

来週、再来週と、もっと成長した姿を見せてくれるはず。

この夏、AISから目が離せない。

f:id:SHARP:20160730072114j:plain

(セットリスト)

1 ドキッ!こういうのが恋なの?
2 マジ グッドチャンス サマー
3 こいしょ!!!/おはガール ちゅ!ちゅ!ちゅ!(初披露)
4 ガラスのくつ(まりん、れな、まゆ、もえ、せら)
5 キャプテンは君だ!
6 Over The Future