読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@Suncafe @AKIBAカルチャーズ劇場新人公演vol.1

去年のAKIBAカルチャーズ劇場新人公演で、一番感動をもらったのは、サンミュージックの*Sunshine*だった。

初々しさを持ちながらも、回を重ねるごとにぐんぐんと成長していったユニット。

sharp.hatenablog.com

だが、*Sunshine*は、優勝争いに絡むには至らなかった。

考えられるのは、楽曲が渋谷系カバー中心だった、衣装がデニムのボトムスというところか。

いわゆる「アイドルらしさ」とは少し違ったところにいたのだが、そこがわかりにくかったのかもしれない。

ならば、というわけではないかもしれないが、今年のサンミュージックは、去年の*Sunshine*の石上まひなをプロデューサー兼任にして、「王道アイドル」として@Suncafeを送り出してきた。

f:id:SHARP:20160720223840j:plain

コンセプトは、「放課後の女の子たちの戯れを覗いているようなほんわかした王道可愛い公演」。

衣装は学校の制服風。そして楽曲は…

その楽曲が今日の公演で明らかになった。

ゲネプロで披露した「学園天国」(フィンガー5)に続いて、懐かしい「デリケートに好きして」(太田貴子)。

次にシンデレラ曲は「週末シンデレラ」(竹達彩奈)。

「アイドルのすゝめ」(日笠陽子)では、なんと、ステージから降りて、中央通路を花道として使ってファンにレスを送るパフォーマンス。

f:id:SHARP:20160720223858j:plain

「メンバーのことをもっと知ってほしい」ということで、他己紹介クイズから、特技の披露へ。

特技は、ひなのちゃんがバトン、愛咲ちゃんが暗算、凜華ちゃんがギター、まひなちゃんが新体操(リボン)。ということで、それぞれ舞台で披露。

凜華ちゃんが「ギターを弾くことです。いま弾いてもいいですか?」「みなさんも知ってる曲だと思います。良かったら一緒に歌ってください」と期待を上げて披露した曲は、『神田川』。渋いな。渋い。

ライブ終盤は「夕暮れ 恋の時間」(スマイレージ)、そしてラストは「大好きだ 何度でも〜夢のしっぽ〜」(さんみゅ〜)。

ラストの曲では、場内に大きなコールが起きた。初回としては大成功じゃないのかな。

@Suncafeのライブの雰囲気は、去年の*Sunshine*に通じるような幸せな気分を味わえた。


特に1年ぶりにステージで見るまひなちゃんの成長が著しくて眩しかった。まひなのまひな…ってそこだけじゃなく、エンターテイナーとしてのアイドルが持つべき要素をしっかりと身につけてチームを作っている感じ。

アイドルに「心洗われる」ことを求めるなら、@Suncafe最有力かもしれない。

このお花とか、家族の絆、家族に愛情を感じさせてくれた。

f:id:SHARP:20160720224919j:plain

この温かさこそまさに@Suncafeならでは。


(セットリスト)

1 学園天国/フィンガー5
2 デリケートに好きして/太田貴子
3 週末シンデレラ/竹達彩奈
4 アイドルのすゝめ/日笠陽子
5 夕暮れ 恋の時間/スマイレージ
6 大好きだ 何度でも〜夢のしっぽ〜/さんみゅ〜