読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

callme Live Museum 2016 Sounds Of Summer@仙台MACANA

今日、callmeの全国ツアー「Live Museum 2016 Sounds Of Summer」が仙台を皮切りにスタートした。

会場は仙台MACANA。

昼の部を見に仙台に遠征してきた。

オープニングアクト:パクスプエラ

オープニングアクトはパクスプエラ。

白のトップス×モノトーンのチェックのスカートという新衣装で登場。

ステージに登場した5人は「お願い!シンデレラ」でスタート。

2014年のAKIBAカルチャーズ劇場の新人公演でNANAMIちゃんが毎週歌っていたナンバー。

自己紹介に続いて、callmeさんが事務所を離れて自分たちを道を進んでいく姿を見て心強く感じて同じように決断したこと、そのcallmeさんのオープニングアクトを務められて光栄だということを、リーダーのYURIKAが語る。

そこから、自らの選択と決意を歌うデビュー曲の「1!2!3!」、続いて新曲の「リングを駆けろ」を初披露。ややアップテンポなロックナンバー。

8月14日に銀座ヤマハでライブを行うことと、メンバーブログをスタートすることが告知された。

最後は「STAR」でオープニングアクトとしてのステージは終了。

callmeとは音楽性は全く違うが、ダンスのキレ
チームワークの良さ、音楽に向かい合う意思という点で、通じるものがあった。

(セットリスト)

1 お願い!シンデレラ
2 1!2!3!
3 リングを駆けろ(新曲、初披露)
4 STAR

新しいcallme

次に、真打のcallmeが登場。
RUUNAが髪をばっさり切ってショートボブになっている。よく見るとMIMORIの髪も整えよう。
衣装は、チェスボードのような、白と黒の大柄なチェック。

最新シングルの「Confession」で幕を開け、ノンストップで「Can not change nothing」「Real love」を披露。

楽曲はEDMをベースとしてジャズやフュージョンの領域に入ってきているし、メンバーのフォーメーションダンスの美しさに磨きがかかっている。

短めの挨拶を挟み、緊張感を保ったまま「change my life」「I'm alone」「Precious」「Missing you」と、チルアウト気味の楽興群を歌い上げる。

メンバーは今年20歳だが、大人っぽい歌詞も背伸びなく歌える年齢になってきた。

MCでは、新衣装や髪型の話を。仙台を出て東京で寮生活を送る3人だが、月に一度はここ仙台に戻ってくるということでエピソードを披露。RUUNAが寿司屋の大将に「広瀬すずに似ている」という話で盛り上がる。

ここから2曲は「夏らしいナンバー」という曲紹介。

「Summer of love」とタイトル未定の新曲を初披露。後者はKOUMIが作詞したナンバーで、9月のセカンドアルバムに向けて作った曲で、ギリギリ今日のライブに間に合ったそう。

ちなみに、この2曲は撮影可能曲。メンバーはTwitterやブログでの拡散をファンに託した。

「Life」「You're my true friend」という深みのあるナンバーを披露すると、ライブはラストスパートへ。

会場が一体となるようなクラップとシンガロンの「step by step」から「fly up」「My affection」とアクセルを踏み込むようなステージ。

最後の「Oh yeah!」は、EDMサウンドが強調されていることもあり、観客全員がパリピになったような熱い盛り上がり。

わかりやすいEDM曲が連発されても、無理に弾けようとしていないところに、オーディエンスの成熟を感じた。一人一人違うんだろうけど、今のcallme現場の総体として。まあ今年まだ10回くらいしか見てないけども。

音のうねりに身を委ねながら、DJ+key(p)的な編成だったら、どんなグルーヴが生まれるんだろうと夢想していた。

いずれにしても、callmeの全国ツアーの初日は幸先のいいスタートとなった。

(セットリスト)

1 Confession
2 Can not change nothing
3 Real love
MC
4 change my life
5 I'm alone
6 Precious
7 Missing you
MC
8 Summer of love
9 タイトル未定(新曲、初披露)
10 Life
11 You're my true friend
12 step by step
13 fly up
14 My affection
15 Oh yeah!

特典会

パクスプエラとcallmeの全員にライブの感動を伝える。

callmeの現場には月に一度くらいにのペースでしか行っていないけれども、メンバーが名前を呼んでくれるのは感慨深い。

パクスプエラとは2ショットチェキを。リーダーのYURIKAと最年少のMIUとそれぞれ撮影。

callmeのツアーはやはり仙台が皮切りになるし、仙台ではやはりMACANAという象徴的な場所が選ばれた。

この場所で、callmeとパクスプエラという2組が共演する姿を見られたのはとても貴重な体験だったと思う。

callmeのツアーが成功裏に進んでいくこと、そしてパクスプエラがセカンドシングルのリリースに向けてさらに飛躍していくことを願わずにはいられない。

いい仙台遠征だった。

おまけ

宮城みやげと言えば、やっぱり新井サマーだよね。ありがとうございます!

そして、仙台名物としてばずんだシェイクでしょう。おいしい!