読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つりビット「月曜フィッシング劇場2016〜歌って踊って釣らNIGHT!!〜」vol.4@AKIBAカルチャーズ劇場

AKIBAカルチャーズ劇場で始まったつりビットの定期公演もいよいよ4回目。

今日は、滅多に拝めない「マーメイド衣装」での登場。スクリーンの海をバックにシルエットで5人の姿が浮かび上がり、鳥肌が立つ。

最初の曲は「裸足のマーメイド」。


【公式】つりビット『裸足のマーメイド』MV Full ver.

MVでも健康的な色気が光っているが、ステージに現れたメンバーの輝きと言ったら!

AKIBAカルチャーズ劇場の照明やスモークの演出は、ウロコに見立てたメンバーカラーのスパンコールをキラキラと瞬かせるよう。見慣れたはずのつりビットメンバーだが、今日は特別に輝いているように見える。

特に、さくちんはやばい。さくちん、はぁ。。。としか言えない。衣装から覗く肩の美しさに目が釘付けになる。

MC。自己紹介に続いて、今日のテーマが「マーメイドになりたくて」だと発表される。

この衣装と言えばの「踊ろよ、フィッシュ」、そして「ニガシタサカナハオオキイゾ」でテンションを上げたところで「真夏の天体観測」。

一気にトップギアまで入るようなセトリは、もしかしたら観客の予期しているペースを上回っているかもしれない。そんなリードっぷり。zzzzzzzzzzzzzzzzzz


ここでテーマMC。「もしマーメイドになったら、声を失うかわりに足を得るという選択をするか」

あゆたん:声がないと思いを伝えられない。
ちゃんあや:しゃべらないとか無理!だから。
みーちゃん:声だよね。

一方で…

なっちゃん:足がなくて人魚のままだったら、好きな人にも写真撮られて拡散されるだけ。
さくちん:声を失っても別の方法で想いは伝えられる。

という感じだったかな。声を得るという3人が揃って「泳ぎが苦手」なのも笑いを誘った。

続いては、初めて披露する松田聖子カバーの「小麦色のマーメイド」。テンポがゆったりとしていて、その分ごまかしのききにくい難しい曲だと思うが、メンバーソロパートでよく頑張っている。

そして、松田聖子の雰囲気につなげて違和感のないミディアムテンポの「ムーンライトキッス」。

ここからしっとりと聞かせるかと思いきや、「FISH ISLAND8」「おさかなソング」「Go! Go!! Fishing」。

さくちんが醸し出す色香がもう半端ない領域になっていて、「つりビットメンバーも大人っぽくなったなあ」と感慨に浸りながらも目のやり場に困ってふとすぐ横を見たら、なっちゃんがクソガキ感全開で踊っていて、これならまだ推せると安心させられた。

最後に、来月発売となる「Chuしたい」、そして「WATED DRIVE」でライブは幕を閉じた。

今日は、「諸般の事情のため」特典会はなし。

CD予約特典は、来月以降使用可能な特典券か全員サイン入りポストカード。ということで、今日の日付の入った全員サイン入りのポストカードをゲット。

f:id:SHARP:20160524235133j:plain

ちなみに「餃子さんとの2ショットチェキは?」と本人に聞いたら「これで3人目。100人行ったら考える!」とのこと。

署名集めをしたいと思うので、現場でお会いしたらご協力をお願いします。

(セットリスト)

1 裸足のマーメイド
2 踊ろよ、フィッシュ
3 ニガシタサカナハオオキイゾ
4 真夏の天体観測
5 小麦色のマーメイド/松田聖子
6 ムーンライトキッス
7 FISH ISLAND
8 おさかなソング
9 Go! Go!! Fishing
10 Chuしたい
11 WATER DRIVE