読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィロソフィーのダンス「キャット集会」@渋谷Star Lounge

寺嶋由芙に関わっていた加茂啓太郎とか、ふぇのたすの中核メンバーだったヤマモトショウがいま手掛けているのが、フィロソフィーのダンス。

最近評判がよくて友人にも勧められていたが、こんなMVを見たら現場に行きたくなるのが僕の性分。



フィロソフィーのダンス「オール・ウィー・ニード・イズ・ラブストーリー」

ということで、Kit Cat主催のフェス「キャット集会」に出演するフィロソフィーのダンスを見に、渋谷Star Loungeに行ってきた。

f:id:SHARP:20160521061611j:plain

f:id:SHARP:20160521061627j:plain

ステージに登場する前のオープニングSEというかOvetureが流れる。

クラブリミックス風のクールな音作りにワクワク。ワンマンはもちろんだが、短時間のフェスのときこそ、カッコいいOvetureを流して、ステージを始める前から雰囲気を作ることは大事。

そして、4人のメンバーが登場。

新曲の「All We Need is Love Story」でライブスタート。

身体が動くファンキーな楽曲。

だが、音源の良さだけではない。

メンバーは歌が上手いし、ダンスも見ていて楽しい。そして、これは個人の好みだろうけど、メンバーみんなかわいい。

メンバー自身が手応えを確かめるようにライブを楽しんでいるのが伝わってくる。慣れとか迷いとか全然ないんだろうと思わせる。

「告白はサマー」「すききらいアンチノミー」「好感度あげたい」と、クオリティの高い楽曲を積み重ねて行く。

無理矢理カテゴリーに入れる必要はないけれど、ポップ寄りのディスコファンクという感じで、トマパイ、Negicco、Especia、(黒い)女子流、GALETTe*あたりに連なる系譜、と言えば、お分かりいただけるだろうか。

最後は「パラドックスがたりない」。作詞を手掛けるヤマモトショウの個性が、楽曲のタイトルにも現れている。

この曲だけは、MIXとかコールを入れやすいアイドルソングになっている。フィロソフィーのダンスの幅の広さを感じた。

終演後の物販と特典会。

まずは新曲「All We Need is Love Story」のCDを購入。一枚1000円。1000円買うごとに特典券1枚。

f:id:SHARP:20160521062549j:plain

そして、特典会。

レギュレーションはシンプルで、特典券1枚で全員と握手。2枚で2ショット。3枚で4人との囲み全員ショット。撮影は運営のチェキでも、手持ちのカメラ・スマフォでもOK。

僕は特典券3枚で全員チェキ撮った。

f:id:SHARP:20160521062813j:plain

撮影後にハイタッチもしてくれて、特典会も楽しかった。



楽曲のクオリティの高さ、ライブの楽しさ、特典会の親しみやすさの三拍子が揃ったフィロソフィーのダンス。

これは間違いなく今見ておくべきユニット。ということで、6月12日の開催されるsora tob sakanaとの2マンのチケットも取った。

(セットリスト)

1 All We Need is Love Story
2 告白はサマー
3 すききらいアンチノミー
4 好感度あげたい
5 パラドックスがたりない