読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHKドラマ『海底の君へ』

中学生のいじめを題材にしたドラマは多いが、後遺症に苦しむ大人を描いているのは珍しい。

www4.nhk.or.jp

主演は藤原竜也。押さえた芝居も、キレた独白も、そして内面に潜り込んで苦悩を感じさせるところも、この人の右に出る人はいないのでは、と思わせる存在感。

ヒロインには、成海璃子。飾らない言動にリアリティがあった。海に飛び込むシーンもこなすなど女優魂は健在。

元いじめっこで弁護士になった同級生役に忍成修吾。まあこういう役はハマるよね。

重苦しいテーマで、カタルシスの得られにくい題材だけれども、俳優陣の好演もあって、心に残る作品になっていた。たとえいじめがなくなっても、後遺症はなくならない、というのは真実だと思う。