読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「マイ・フレンドシップ・キルト」プチ映画祭@AKIBAカルチャーズ劇場

音楽 映画

頃安祐良監督の映画「マイ・フレンドシップ・キルト」に関するクラウドファンディングがあり、出資者のための「プチ映画祭」が今日開催された。

クラウドファンディング

クラウドファンディング公式):factory.pigoo.jp

開場16時30分、開演17時。平日にしては厳しい時間だったが、参加対象となる出資者合計30名のうち7割程度が集まった。

f:id:SHARP:20150831233714j:plain

僕の申込んだコースは、以下の特典付。

1.お礼のメッセージをお送りします
2.エンディングロールに「PigooFactoryサポーターズ」としてお名前をクレジット掲載
3.撮影オフショット等を含む写真5枚セットAB(合計10枚)
4.夏の最後の「プチ映画祭」にプレゼンターとして登壇し、メンバーに女優賞を渡して頂きます。
5.プレゼンターとして登壇後、メンバー、監督、各プレゼンターでの受賞記念の集合記念撮影
6.サイン入り完成台本
7.映画ポスターのメンバー(指名可)によるサインとお渡し

上映まで

写真セットとサイン入り台本が、劇場の受付で渡された。

f:id:SHARP:20150831233930j:plain

開演時間となり、まず司会のゆっふぃーが登場し、続いて、劇中のセーラー服姿で、アイドルネッサンス・石野理子、X21・井頭愛海、神宿・一ノ瀬みか、ハコイリ♡ムスメ・小松もか、さんみゅ~・野田真実が入場。野球部の先輩を演じた貝塚伊吹もゲスト出演(残念ながら、頃安監督の出演はなかった)。

各出演者の挨拶に続いて、出資者が女優への賞の授与式。5人の出資者が順番に檀上に上って、5人の女優にトロフィーを渡す。ちなみに、僕は野田真実ちゃんへ。「赤いジャージが印象的でした」とコメント。そして記念撮影。

続いてポスターお渡し。準備に時間がかかっていたが、司会のゆっふぃーが、進行役のAD(?)のカンペを見たり、アドリブで機転を利かせたりしながら、場を持たせる。抜群の安定感のゆっふぃー。

ポスターはお渡し会の人と、サインをもらう人とがあって、僕は今度は石野理子ちゃんにサインをもらった。

f:id:SHARP:20150831234944j:plain

次は、参加者からの質問コーナーへ。

Q.撮影時の裏話は?
A.監督がクランクアップのときに花束を用意してくれた。渡すときにアイドルの特典会みたいなノリで接してくれた。

Q.出番のないときは何をしていた?
A.だいたいみんな寝ていた。理子ちゃんはアメを舐めながら寝ていてかわいかったので、みんなで写真を撮った。

Q.憧れの俳優は?
A.
石野理子→橋本愛
井頭愛海→上戸彩江口洋介
一ノ瀬みか→能年玲奈堀北真希
小松もか→戸田恵梨香
野田真実堀北真希

Q.今後挑戦したい役は?
A.石野理子→「アイドルの登竜門と言われるホラー映画に出てみたい、怖いやつ、貞子とか(会場笑)」
井頭愛海→「ハリーポッターが好きなのでファンタジーとか、あとはアクション」
一ノ瀬みか→「アニメが好きなので声優、いい声してるでしょ?(笑)」
小松もか→「牢屋に閉じ込められる役を経験したので…」と言うとゆっふぃーが「じゃあ理子ちゃんに襲われる役で」とツッコミ
野田真実→「強い人かな」

Q.役作りで工夫したところ、苦労したところは?
A.女優陣がだいたい監督から「いつもの通りで」と言われていた一方、野球部の先輩を演じた貝塚伊吹は野球の経験は乏しく、素振りのシーンだけで何百回もやったと。また、アイドルとの共演も初めてということで、頃安監督からCDを借りて勉強したそう。

こんな感じだったかな。

上映・鑑賞会

司会者のゆっふぃーがいったん退場し、映画の出演者6人が壇上に置かれた椅子に座って一緒に映画鑑賞。


映画「マイ・フレンドシップ・キルト」予告編 - YouTube

「自由にコメントしてください」という進行指示に従ってマイクを持つ6人だったが、女優陣はみんなスクリーンを食い入るように観ていてコメントどころではない感じ。それを眺めているのも幸せではあるけれども。

終盤で貝塚伊吹が空気を読んで「せっかくなんでみなさんコメントしましょうか」と優しい口調でコメンタリーを促す。すると、石野理子が「このシーン、一番力を入れました」と坂道を走る場面で言ったり、高校一年生役3人が揃う終盤のシーンは「大雨になったので、監督がその場で30分くらいシナリオを変えた」という裏話が披露されたり。

クライマックスのシーンでは、理子ちゃんがスクリーンに映る自分の姿を直視できずに、両手で頭を抱えて首を振り続けている。隣りの席の井頭愛海がマイクを近付けると…「あ”あ”あ”あ”・・・・」。この唸り声なら理子ちゃんホラー映画いける!

まだまだいろいろなコメントが出て来たけど、ネタバレ回避のためこの辺で。「あっさり振られましたね」とクールに言った理子ちゃんがいつもの理子ちゃんぽくって良かったな。

終演後、再度ゆっふぃーが登場し、プチ映画祭を締めくくる。5人の女優と比べてしっかりとしたお姉さんの雰囲気満点だったし、セーラー服の生徒を率いる先生にも見えた。まあ、その気になればいつでも先生になれる人だしね。。。

ということで、僕の夏はこのプチ映画祭をもって今日終わった。いい締めくくりになった。