読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「バルテュス最後の写真—密室の対話」展@三菱一号館美術館

アート

バルテュス最後の写真―密室の対話」展を見てきた。

(公式サイト):「バルテュス最後の写真—密室の対話」展|三菱一号館美術館

f:id:SHARP:20140613144050j:plain

晩年のバルテュスは、絵筆も鉛筆も満足に扱うことができなかったが、それでも、少女の中に「永遠の美」を求めるというアーティストとしてのライフワークは続けていた。

かれは、筆をポラロイドカメラに持ち替えて、近所に住むアンナを撮影していた。1992年から2000年までの間。最初の撮影はアンナが8歳のときだった。この展覧会では、節子夫人が保管しているポラロイド160点余りを展示している。

同じようなアングルのカットが並んでいる。手ブレやピンボケも多い。中には、ポラロイド特有の色被りや退色も見られる。

似たようなアングルで執拗に連写しているのを眺めていると、微妙な角度や光線の違いによって、少女の存在がわずかに息づいているかのように感じられる。

バルテュスが狙ったのは、疑似動画的な効果なのか、それとも「奇跡の一枚」なのか、いまとなっては分からない。

だが、連続したカットから見えてくるのは、自らの命のある限り、絶対的な美を追求しようとする彼の執念だ。

節子夫人は本当にこの貴重な作品をよく保管していたと思うし、これを観ることができるというのは僥倖だと思う。

展覧会は三菱一号館美術館で9月7日まで。