読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年秋アニメ

まずは2013年夏アニメの総括から。

いちばん夢中になったのは『神のみぞ知るセカイ 女神篇』。「ヒロイン攻略→成功→記憶消失」という設定に基づく繰り返しというこれまでの物語構造を、メタな次元から見透して新しい物語を生み出している。歩美とちひろとの三角関係に胸が痛んだりするけど、個人的にはエルシィの真似をするハクアがツボ。はやみんのCV補正のこうかはばつぐんだ!

とある科学の超電磁砲S』も前半は抜群に良かったが、2クールにありがちな中だるみがあったり、終盤にかけて敵がスケールダウンしたりと、まるで一期と同じような失速の仕方を見せていてちょっと残念。ラストバトルでは、また佐天さん大活躍となるのかどうか。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』は、「Fate」、舞太、魔法少女という属性にとっては夢のような作品だったが、予定調和的な展開の連続に今一つのめりこむことができなかった。まあ、これは日常系のノリで観るべき作品なのかもしれないけど。

ということで、秋アニメ。

梅津泰臣監督!オリジナル作品ということで未知数だが、梅津信者としては観るしかない。

メインが、戸松遥花澤香菜明坂聡美ということで、俺得キャスト。 原発の災害を描いているということで地上波での放送は見送りだが、BSで視聴しよう。

京アニ制作だが、それよりも眼鏡女子がヒロインというところがポイント。

無事に2期まで辿り着いた模様。ラブコメ要素はアレだが、ISはキャラデザが良いんだよな。一番好きなのは山田先生だったりするのだけど。

いまのところはこんな感じかなあ。