読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この想いは純愛なのか―『姉の結婚(5)』

書籍 おたく

前巻では、真木との関係も解消し、川原との結婚話も白紙になったヨリ。さて、その次の展開は―

いまや、ヨリも年下の女子から憧れられるくらいの、押しも押されぬ自立した女性である。一方、真木は、相変わらずヨリのことを忘れることができるはずもなく、その想いはあたかも純愛であるかのように描写されている。いや、そんなことはないと思うのだが。

それにしても、終盤のBL的展開はどうしたものか。そして、おまけの4コママンガがそれをセルフパロディしているのはどうしたものか。

真木が変態なのは最初から分かっているが、そっちの方も…であったとは衝撃的(嘘)

表紙がどことなくミュシャを思わせるのが、いまの空気に合っている、かな。

姉の結婚 5 (フラワーコミックス)

姉の結婚 5 (フラワーコミックス)