読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUJI TIARA壊れた

写真 機器

久しぶりにフィルム撮りをしようと持ち歩いていたFUJI TIARA。だが、カバン越しにちょっとした衝撃が加わったせいか、アルミ外装に歪みが発生。背面上部のパーツが外れてしまった。パーツをよく見ると、光線漏れを防ぐフィルム等も内張りとして貼られていた。

このような外装パーツがネジを使わずに組み上げられていることに驚いたが、エントリークラスのコンパクトカメラということを思えば、この程度の剛性でもやむを得ないのかもしれない。

もはやメーカーで修理は受け付けておらず、特に修理してまで使うようなカメラでもないだろうと思われる。ということで、フィルム撮影は一旦中止すべきか、それとも別のフィルムカメラを用意するべきか。悩む。