自動車

スカイライン250GT Type-Vに試乗

試乗した内容を備忘録的に記録していくことにする。 外観 曲面を多様したスポーティなデザイン。上級車の雰囲気が漂う。ニッサンのマークでなくインフィニティならばもっとプレミアム感が出たかもしれない。ドアの開口面積は小さく、乗降性はあまりよくない…

アウトバック2.5iに試乗

試乗した内容を備忘録的に記録していくことにする。 外観 ワゴンより高い車高がSUVの雰囲気を漂わせている。サッシュレスドアはレガシィのアイデンティティだが、遮音性・衝突安全性の点で疑問。理詰めで車を作っているはずのスバルにしては、珍しく不合理な…

スバルレガシィに特別仕様車

レガシィに専用色内装の限定車が設定された。SUBARU オフィシャルWebサイトフルモデルチェンジを来年に控え、最後のバーゲンといったところだろう。それにしても、日本人が日常の場面で乗りこなすには、この内装は難易度高いような気がする。ユニクロ着てて…

TURANZA ER300インプレ(2)

昨夜、豪雨の中、高速道路を100kmオーバーの流れに乗って巡航。カーブやうねりのある路で車の流れにあわせて加減速してもまったく動じない。欧州車の高剛性のボディとの相性は良いと確信。このハンドリングの安心感で、7年半経ったゴルフワゴンを買い換える…

サンクスバル!

スバル50周年のお客様感謝デイということで、近所のスバルに行ってみた。運悪く抽選モノは全部外れたが、アウトバック2.5iに試乗。なかなか剛性感のある良い車だったが、パワー面ではちょっと物足りないか。SUBARU オフィシャルWebサイト帰り際に、エビちゃ…

TURANZA ER300インプレ

自分のための備忘録。MICHELIN PILOT PRIMACYとの比較で。・静粛性…◎(ロードノイズは明らかに小さい) ・高速安定性…○(互角) ・ハンドリング…○(互角) ・低速域の突き上げ…△(ややフニャフニャ) ・排水性能…未確認総じてTURANZAは「欧州テイストに近い…

タイヤをTURANZA ER300へ交換

新車購入時の純正 MICHELIN PILOT PRIMACYは、距離にしてまだ10,000kmちょっと。磨耗はほとんどないが、7年間の経年変化で表面のひび割れが目立ってきていた。換えるときはBRIDGESTONにしようと決めていたので、「欧州車用」と謳われているREGNO TURANZA ER3…

3度目の車検

ということは丸7年。そして、あと2年は乗るつもりということ。もともと「10年くらいは乗るかな」と思っていたけれども、本当にそうなりつつある。

フォルクスワーゲンでリコール

どう見てもビンゴです。本当にありがとうございました。 …しかし、24万台というのは意外に少ないなあという印象。(公式サイト:リコール|Volkswagen Interactive)写真は、リコール対象車種の一つ・ゴルフワゴンIV。 フォルクスワーゲン、29車種リコール…

ゴルフヴァリアント

ゴルフVのワゴンがついに発売される。名称は今回から「ゴルフヴァリアント」とするらしい。ゴルフVは、TouranやPlusといった派生モデルを世に出していたので、もはや従来型のワゴンはリリースされないのではないかと思っていた。だから今回の「ヴァリアント…

クルマの定期点検

6年目の定期点検。走行距離9,505km。年式の割りに走行距離の多い車を「過走行」というらしいが、この車の場合は「過少走行」と呼ぶべきかもしれない。今回も切れたバックランプの交換と、タイヤのパンク修理くらい。SONY製のオーディオが故障していたのだが…

5ヶ月振りにクルマに乗ろうとしたら

まず、リモコンでドアを開けようとしたら反応がない。しばらく試した後で、カギを差し込んで開く。この時点でちょっといやな予感。イグニションキーを差し込んで捻るが、見事なまでに無反応。セルモーターの微動音すらしない。どうやら2月の車検でバッテリー…

歩いて車で東京メトロで

新車時から2回目の車検。法定費用と整備点検費用を合わせて約13万5千円かかった。今回はほとんど部品の交換もなし。というのも、わずか累積で8,700kmしか走っていないからで、走行距離的だけで言えば「慣らし運転」を終えたところと言っても過言ではない。買…

一年点検

車の一年点検。今回丸4年だが、通常の点検に加えて、バッテリー交換、オイル交換、ワイパーブレード交換、エアコンのフィルター交換で、さしあたり56,000円。さしあたり、というのは、CDチェンジャーでマガジンが排出されないというトラブルがあり、その分…